話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

スピリッツウィッチ~ダンジョン攻略がんばります~ 

夢見叶

第五十四話 Sランク

 一撃で……。

 かなり魔力を押さえて放った一撃。脅しのつもりだったのにまさか一撃で場外になんて。

 一瞬驚きのあまり固まってしまっていた。

 周りを見てみると、観客の皆も反応に困っている様子。

「勝敗はどうなりましたか?」

 どうしたらいいのかわからなったので司会者に聞いてみると、

「っあ! はい、勝者ミレイ!」

「おー!」

 司会者さんの勝利者宣言で周りの観客からも歓声が上がる。

 その中で私は、

「後ろにある屋台もよろしくね!」

 メリッシュさん達に頼まれていた宣伝も忘れずにと。

 だが誰も聞いていない。

 この物凄い歓声の中、未だに意識を失っているヒロキさん。

 私は、静かに舞台を降りて皆の元へと戻っていった。

「やっぱり凄いわね~!」

「ミレイってあんなに強かったの!?」

 かなり驚いているエレナさん。

 そう言えば、エレンさんには話したことなかったっけ!

 エレナさんに比べて、メリッシュさんとアキさんは冷静に感想を述べている。

 それから大会の一回戦は順調に進んでいき最後の試合になった。

 その組み合わせは、

「では、第八試合町でもトップテンに入る冒険者レイさんと、世界一の冒険者メリさんの試合を始めます」

 二人の冒険者が舞台へと上がっていく。

 舞台へと上がった二人は何かを話していたようだが周りの歓声が大きくこちらまで聞こえてこなかった。

 試合は一歩的な展開だった。メリさんが相手の攻撃を全てかわしていたが息一つ切らしていない。その後、何が起きたかわからないまま試合は終わってしまっていた。

 圧倒的!

 私以外の三人から出た言葉だった。観客もそれに司会者も何も言葉を発しない。

 それから少しして、

「勝者、メリ!」

 その言葉と同時に歓声が上がるのかと思っていると、誰も何も言わずに沈黙が続く。




 試合開始前。

「あんたがSランク冒険者なのか!?」

 舞台の上に上がってすぐレイがメリに向かってそんなセリフ発した。

「それがどうかしまして」

「こんな女でもSランクになれるなら俺でもなれかなと思ってな」

 思わずに笑ってしまうメリ。

「なにがおかしいんだ!」

「ごめんなさい、あなたが冗談を言うからつい笑ってしまったわ!」

「冗談だと! なめ腐りあがって」

「なめてませんわ。あなたでは私に傷一つつけられないと言っているのです」

「なめるなよクソが!」

 レイは頭に血が上り司会者の合図を待たずに襲い掛かっていく。

 右手に持った斧で右、左と連続で攻撃を仕掛けていくがそれを優雅にかわすメリ。

 斧を振り下ろす速度が少しずつ上がっていくが、そんなこと苦にもせずにかわしている。

 いつの間にか攻撃を仕掛けていたレイは息が上がってしまい攻撃の手を止めてしまった。

 その瞬間、

「やっぱり私に傷一つ付けられなかったでしょ」

 レイの耳元でそんなことをささやいた次の瞬間、場外に飛ばされていた。

 周りで見ていた全ての人が今何が起こったのか理解できずにいる。

「つまらないわ。やっぱりに人間って今も昔も何も変わらないわね」

 それだけ言い残して舞台を降りていく。





 二回戦も難なく勝ち、明日の準決勝まで進んだ。

「今日は儲かったわね~」

「そうだね。これで少しは店に方にもお客さんが来てくれると嬉しんだがな」

 後片付けをしながら今日のことについて話していた。

「大丈夫ですよ! だから明日も頑張りましょう!」

「オー!」

 などと言いながら生誕祭の一日目が過ぎていった。

「スピリッツウィッチ~ダンジョン攻略がんばります~ 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く