少しおかしな聖女さまのVRMMO日常記

ガブガブ

12話 現実の話-1

12話 現実の話-1






 《Aya》–––鈴泉すずいずみ 絢香あやかを、一言で言い表すなら、人形のような女性。それが、彼女だった。






 現実に戻った絢香は、VR機器を頭から外して、VR専用快適ベッドの上で軽くぼーっとしていた。


「……楽し、かった、のかな」


 絢香は顔にはなんの感情も浮かべず、声にもなんの感情も込めずに、そう呟いた。


 現実の絢香の容姿は、誰もが見惚れてしまうであろう美貌、黒い髪に黒い瞳。黒い髪は艶があり、腰の辺りまで伸びている。
 しかし、目はまるで死んだ魚のような目をしていて、さらに表情筋が機能していないのか、常に無表情である。


 –––絢香はベッドから立ち上がり、ぐいーっと伸びをしてから、ベットから降りた。


「夕食の準備、しないと」


 そしてトコトコと、部屋の外に出た。




 絢香の家は一軒家だ。二階建てで、一階にはリビング、キッチン、お手洗い、洗面台、寝室があり、二階にはお風呂、人が一人住める部屋が三つある。


 人が一人住むには、十分というより、広すぎる家だった。


 絢香は階段を降りて、キッチンへと向かう。


 キッチンには、冷蔵庫などの生活必需品に、四人ほどが一緒にご飯を食べられそうな机と、三つの椅子が置かれていた。


 キッチンに着いた彼女は、作り置きしてあったカレーのルーを冷蔵庫から取り出して、コンロで火にかけた。
 そして冷凍庫からご飯を取り出して、こちらは電子レンジで加熱をした。
 両方ともタイマーをセットして、絢香はそれらが温まるのを椅子に座って待つことにした。


 数分後、電子レンジからチーンという音が聞こえた。
 絢香はトコトコと電子レンジに近づき、扉を開けた。そして中から熱々のご飯を取り出して、キッチンにある机に置いた。


 それからまた数分後、今度はカレーの方に設置してあるタイマーが、ピピピピピ、と音を鳴らした。


 絢香はトコトコとコンロに近づき、ピピピピピと音を鳴らすタイマーのリセットボタンを押してから、火を止め、鍋の蓋を開けた。


「……多分、大丈夫かな」


 絢香はそう呟いてから、鍋の蓋を閉めて、取っ手に手をかけて、鍋を机に置いた。
 そして食器棚からおたまをとしゃもじと小さめのカレー用のお皿、それにスプーンを取り出した。


 適当に、自分が食べられるであろう分量を、絢香はお皿に盛り付けていく。


「……これくらい、かな」


 チラリと、カレーの入っている鍋とご飯の入っている容器に目を向ける。


「一人分、余ってる……」


 それらには、まるで狙ったかのようにちょうど、人一人が食べるには適量のご飯とカレーのルーが残っていた。


「……寂しい、のかな。私、は」


 絢香がそう呟いて、この余ったカレーをどうするか思案していると、ピルルルルル、と携帯スマホのなる音が聞こえた。


 絢香は一旦考えるのをやめて、スマホの置いてある寝室に向かった。


「誰から、かな」


 絢香はそう呟いて、スマホの画面を覗き込んだ。
 そこには、〈天野あまの 時雨しぐれ〉という名前と、応答、応答拒否という文字が表示されている。


「………社長さんから、か」


 私はポチッと応答の文字をタップして、スマホを耳に当てた。


「なにかよう–––『はあぃ!絢香ちゃん、こんばんは!元気ぃ?』はい、元気です…」


 相変わらずうるさい人だな。絢香はそう思いつつも、時雨の声に耳を傾けた。


『本当に?それにしてはいつもより少しだけ声のトーンが低い気がするけど』


「……気のせいでは、ないでしょうか」


 心配する声色でそう言ってくる時雨に、絢香はそう告げる。


『そう?ならいいけど…。あ、そうそう。今からあなたのお家、お邪魔してもいい?』


「……え。なぜでしょうか」


『いやー、ちょっとね。夫と喧嘩しちゃってね…。泊まるところがないのよね〜』


「……そういうことなら。社長のことは一応信用してますし、部屋もたくさん余っていますので、どうぞお好きに」


『一応って…。まあいいわ、ありがとね!』


 彼女は私にそう告げて、電話を切った。


 するとピンポーンと、玄関からチャイムのなる音が聞こえた。


「…来るの早すぎ」


 絢香はぽいっとスマホをベッドに投げ捨ててトテトテトテと、玄関に向かった。


 鍵を開ける前に、扉のガラスの穴から外を覗いて誰なのかを確認する。


 肩元まで伸びている黒い髪、青みのかかった黒い瞳。目のもとにある泣きぼくろが特徴的で、結構な美人さん、それが、天野 時雨だ。


 絢香は本人であることをみて確認したあと、鍵を開けてドアを開いた。


「…来るの、早すぎませんか?」


「ふふっ、電話をかけた時点で既にあなたの家の前にいたもの。当たり前じゃない」


 その時雨の言葉に絢香はボソッと「確信犯…」と呟いてから、そっと手招きをして時雨を家に招き入れた。




「あらー、これが絢香ちゃんのお家なのね」


 時雨はキョロキョロと家のいたるところを見回しながらそう呟いた。


 すると突然、時雨はすんすんと鼻を鳴らしてから、キッチンの方へと駆け出した。


 突然駆け出したことに軽く目を見開いた絢香だったが、時雨を追いかけるようにして絢香もキッチンへと駆け出した。


「……お、おお。カレーじゃない!カレー!」


 時雨は嬉しそうにそう言って、絢香を見つめた。


「これ、ちょうど一人分くらい余ってるけど、もらってもいいかしら?」


「……どうぞ。もともとどうしようかと考えていたものなので」


 絢香はが時雨にそう告げると、時雨は食器棚の引き出しからスプーンとお皿をを取り出して、机に置いてあったしゃもじとおたまでカレーを盛り付けた。
 そしてニコニコ顔で椅子に座り、絢香を見つめた。


「……?」


「ほら、絢香も座りなさいよ。一緒に食べましょ?あなたのはすでに盛り付けてあるみたいだし」


「……は、はい」


 言われるがままに、絢香は椅子に座った。それに満足したのか、時雨は手を合わせて「いただきます」と言った。
 それを聞いて、絢香も急いで「いただきます」と言った。


 そして二人はカレーを食べ始めた。


 カレーは盛り付けてから時間が経っていたため冷めていたが、なぜだか、いつもより美味しい気がした。
 絢香は冷え切った心の中で、そう思った。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




 絢香が寝室のベッドに座り、本を読んでいるとコンコンと、寝室の扉をノックする音が聞こえた。
 絢香は本をベッドに置いたあと、絢香は扉に目を向け、「どうぞ」と言った。
 ガチャ、という音を立てて扉が開き、時雨が中に入ってきた。


「ふいー。ごめんね、先にお風呂入らせてもらっちゃって」


「……いえ、大丈夫です」


 絢香はそう時雨に告げて、ベッドから降りた。
 そしてあらかじめ用意してあったパジャマや下着を手に持って、お風呂へと向かった。




 自分のすぐ横を、何事もなかったかのように通り過ぎていく絢香の様子を、時雨はただただ悲しそうな瞳をして、見つめていた。


「……いつになったらあの子は、私に心を開いてくれるのかしら……」


 時雨はチェストの上に置かれている、写真立てに目を向けた。


「なんで、なんでこの子を置いて死んだのよ……!奏美かなみ……!」


 写真立てには、満面の笑みを浮かべている男性と、女性、そしてその二人に挟まれて笑っている少女が写った、少しだけ古びた写真が入っていた。
















 かぽーん……。


 私は風呂イスに座り、鏡を前にして頭を洗っていました。
 頭の皮膚を傷つけないように丁寧に優しく洗っていく。


 頭が洗い終わったため、私は次に体を洗う。こちらも当然ながら皮膚を傷つけないように、優しく丁寧に洗う。
 じっくりと時間をかけて体を洗い終わったあと、私は鏡を見つめた。


 そこに映るのは、当然ながらいつも通りの私。無表情で、目が死んでいる私。
 笑い顔を作ろうとしても、泣き顔を作ろうとしても微動だにしない表情筋。
 明るく振舞おうとしても、一瞬にしても冷めきる心。


 幾度かカウンセラーに相談した–––させられたが、当然ながら効果は全くなかった。


 だって、カウンセラーの人はこちら側の事情を知っていても気持ちは知らない。ただ同情心を向けてくるだけの人なのだから。


 閑話休題。


 私はお風呂のお湯に浸かることにしました。
 お風呂は、一番はじめにくる全身がじんわりと温まっていくような感覚が好きです。
 とても気持ちいい。


「……はあ、高校、か」


 私は今年で高校三年生になります。今は、進級に備えるための期間、春休みだから学校がない。


 本当は、高校なんて憂鬱なだけだった。


 知っていることしか習わないし、ただ知って覚えていることを紙に書くだけのテストとやらで満点を取っただけで、周りの人から向けられてくるのは吐き気がするような嫉妬の視線。


 しかし、高校の進学金は他人である社長さん–––時雨さんに出してもらったのだ。中退なんてしたら顔向けができなくなってしまう。


 ぶくぶくぶくと、お風呂のお湯に鼻のあたりまで沈んで息を吐く。




 –––15分ほど経っただろうか。


 私はざばぁと音を立ててお風呂から立ち上がった。


「……そろそろ、でよ」


 私はお風呂の扉を開けて、脱衣所にでた。


 そしてパジャマに着替えて、寝るために寝室へと向かった。



















「少しおかしな聖女さまのVRMMO日常記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く