少しおかしな聖女さまのVRMMO日常記

ガブガブ

9話 チュートリアル-6

9話 チュートリアル-6






「……凄い。治りました、治りましたよ!ソニアさ……」


 ぐらりと、私の身体が横に傾く。しかし、ギリギリのところで足に力を入れることができたので、倒れずに済んだ。


「は、ははは…。うん、凄いね、いや、素晴らしいよ。Aya、君は」


 まるで懐かしいものを見るような視線を、ソニアさんは私に送ってきた。




「–––さて、本筋を離れたことはこれくらいにして、【魔力】を大気中に出す–––その練習に戻ろうか」


「はい!」


 【自己修復リペア】を使ったあとの余韻に浸っている暇もなく、【魔力】を大気中に出す練習は、再開された。


「とりあえず、Aya。きみ、【魔力】ほとんど残ってないでしょ。ほれ、【魔力譲渡トランスファー】」


 ソニアさんが私に触れると、残り120しかなかったMPが、一瞬にして全回復した。


「あ、ちなみにですが私にもその、【魔力譲渡トランスファー】ってやつ、使えますか?」


「んー、これは【回復魔法】の亜種みたいなものでね。【回復魔法】が使えるようになったら…、というか【魔力】を大気中に出せるようになったら使えるようになるよ」


「……!頑張ります!」


 私はそう意気込んで、練習に取り組むことにした。


 そんな私を、ソニアさんは優しげな表情で見つめていた。そしてソニアさんはどこからかノートを取り出して、なにかを書いていた。


 –––さて、【魔力】を大気中に出すには、固め留める力を意識するんでしたよね…。


 私は手慣れたように、MP100を手のあたりにまで移動させた。


 そうですね…。なら、魔力を氷みたいにして、空気中に出してみますか…。


 私は氷の塊を頭の中でイメージしながら、そっと空気中に【魔力】を出した。


《スキル【氷魔法】を獲得しました》




 【氷魔法】…【魔力】が氷属性を帯びて、攻撃魔法として顕現したもの。
 〈Lv1〉…【氷の球アイスボール】〈消費MP100〉氷の球で対象を攻撃。ただし真っ直ぐにしか飛ばない。(【追尾ホーミング】は【魔力操作】にて可能。)※この()は【魔力操作】を取得しているものにのみ表れます。




 …なんか違うの覚えてしまいましたね。失敗ですか。
 よし、気を取り直してもう一度…。


 今度は、土の塊に……。いや、ダメですね。【魔力】が土の属性を帯びて出てくるとしか考えられません。


 うーん…、そうだ。球体を思い浮かべるのはどうでしょう?その中に【魔力】を閉じ込める感じで。


 私はそのイメージで、魔力を空気中に出してみた。


《スキル【空間魔法】を獲得しました》


《スキル【空間魔法】【魔力操作】からマジック・アーツ【魔力抽出】が派生しました》


《【魔力操作】のレベルが上昇しました》




 【空間魔法】…汎用性の広い魔法。補助にも攻撃にも優れている。
 〈Lv1〉…【魔力固定(特殊)】〈消費MP100〉純粋な魔力を閉じ込める空間を作り出す。形は薄い膜で作られる球体。外側からの魔素などの進入を拒む。使用者の任意で【魔力】を外に出せる。
 〈Lv1〉…【空間固定】〈消費MP100〉空間を固定する。




 これは……、成功で、いいのでしょうか?


 私は【魔力視】を使って、この球体を確認した。
 外側の薄い膜だけは、空色–––おそらく空間属性の色–––を帯びていたが、その中にある【魔力】は桜色を帯びていた。


 そういえば私、自分の【魔力】の色を確認するのを忘れてますね…。


 そう思い、私は【魔力視】で自分の【魔力】の色を確認した。


 それはまるであの、《世界樹:春の姿》から舞い降りていた、サクラの花びらのような色をしていた。


 つまり、この球体の中にある【魔力】の色と一致する。


「ソニアさん、みて下さい!できましたっ!」


 私はそう言いながら、ソニアさんの方を向いた。


 私がソニアさんの方を向いた時、ソニアさんは何故か–––泣いていた。


「………え?」


 私は思わずそう呟いてしまう。


「ど、どうしたんですかっ?!そ、ソニアさん」


 私がそう言って心配する素振りを見せると、ソニアさんは、「大丈夫。」と涙をぬぐい、


「ふふ、君の【魔力】が綺麗だったから、少し感動してしまっただけさ」


 妖しい笑みでもない、慈しむような笑みでもない、ただ、自然と浮かべられる・・・・・・・・・ような・・・笑みを彼女は浮かべてみせた。




「–––おめでとう。見事に正解に辿り着いたね。【空間魔法】は、イメージが難しいと思ったけど、まあ、大丈夫だったみたいだね」


「ということは、【回復魔法】が使えるようになる、というわけですね?」


「うん、そういうこと。【回復魔法】は…すでに獲得しているみたいだね。使えるようになっているはずだ」


《【魔力抽出】【魔力操作】【回復魔法】の獲得が確認されました。これにより、【回復魔法】を使用可能になります》


《エクストラチュートリアル:最終目標:【回復魔法】を使ってみよう!が開始されました》


 …エクストラチュートリアルってなんでしょう。
 普通のチュートリアルの終わり方ではない、ということですよね…?


《要望にお応えします。【回復術師】の一般的なチュートリアルは、【錬金術】を獲得して終わります。


 しかし、エクストラチュートリアルは、名前通り、【回復魔法】が使用可能になって終了します。


 【回復術士】のエクストラチュートリアルの始め方は、【第1都市見回り兵:階級:伍長】に扮装した【カリス大佐】の信用を得て、【教会】に案内を頼むと、【大賢者ソフィー】が司祭をしている【教会】に案内されます。そして、普通のチュートリアルを受けます。しかしなんらかの要因で【大賢者ソフィー】に気に入られると、【回復魔法】に必要な技術を得ることができる、エクストラチュートリアルが始まります。


 そしてさらに、ほとんどあり得ないことですが、【大賢者ソフィー】に気に入られると、【師弟関係】を結ぶことができます。もし結んだ場合、エクストラチュートリアル終了後、《レジェンダリジョブクエスト》が開始されます》


 ログを確認すると、《エクストラチュートリアルが開始されました》という言がかかれているのを発見した。




 …なるほど。私が知らず知らずのうちにその条件を満たしていたようですね。
 というかあの伍長さん、大佐さんだったんですか……。


 それにしても、《レジェンダリジョブクエスト》ですか。訳すると《伝説の職業の探求》、いえここは《伝説の職業クエスト》と読むんでしょうね。


 私はソニアさんと【師弟関係】になっているはずなので、そのクエストを受けることなるわけですが。


 まあ、あとのお楽しみにしましょうか。




「–––【回復魔法】の初期魔法は【回復ヒール】、そして【下位状態異常回復キュア】。この二つだよ」


 そう言うとソニアさんは、【毒付与ポイズン】と呟いた。




 【回復ヒール】…消費MP100。対象のHPを50回復させる。


 【下位状態異常回復キュア】…消費MP200。軽い状態異常(例:毒(軽))を一つ回復させる。




「–––いま、ワタシは【毒(軽)】を負っている。つまり、どんどんダメージを負っていっている状態だな」


「ということは、【キュア】を使ったあとに、【ヒール】を使え、ということですね?」


「そう。では早速やってみてくれ」


 私は【魔力抽出】を使い、空気中に【魔力】を出した。そしてその【魔力】の塊をソニアさんの方へ向けて、


「【キュア】」


 そう唱えた。
 しかし何故か、【キュア】は発動されず、【魔力】の塊は私の手元に残っていた。


「うん。【回復魔法】を使うときは、対象をしっかり設定しないとダメだよ」


「わかりました」


 私は言われた通りに、今度は対象をしっかりとソニアさんと定めて、【キュア】を発動させた。


「【キュア:対象:ソニアさん】」


 すると手元にあった【魔力】の塊が消失し、ソニアさんが淡い桜色に発光した。


「うん、成功だ。【回復】も、同じ要領でやれば成功するはずだ」


「わかりました」


 私は【キュア】と同様にして、【ヒール】を発動させる。


「【ヒール:対象:ソニアさん】」


 先ほどと同様、手元にあった【魔力】の塊が消失し、ソニアさんが淡く発光した。




「うん、上出来だ。おめでとう、これでチュートリアルは終了だ」




 私はそのソニアさんの一言に、ホッと息をついた。




《エクストラチュートリアルをクリアしました。条件を満たしたため、《レジェンダリジョブクエスト》【大賢者への道】を開始します》




 ……【大賢者の弟子】という時点で薄々気づいてはいましたが、やっぱりそうなるんですね…。


「さて、基本は全て君に教えた。–––師匠として、君に一つ試練をやろう。【大賢者】になるための修行はそれをクリアしてからだ」


 ソニアさんはそう言って、ノートのページのようなものを渡してきた。
私がそれを手に取った瞬間、それは目映い桜色に発光した。反射的に目を瞑ってしまう。


 目を開けてそれを確認すると、それは私の名前と、【通行証】と書かれたカードのようなものに変化していた。


「【通行証】……?」


「そう。それがあればどんな国でも無条件で入ることができる。とりあえずだ。Aya、【聖女】になってきたまえ」
























          

「少しおかしな聖女さまのVRMMO日常記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く