最弱印と失われた神話

ノベルバユーザー356021

最弱印と[賢者の試練]

 授業の始まりのチャイムが鳴ったが一向にレヴィアは教室に姿を見せなかった。アンジェルはそれを見て、ため息をついていた。


「はぁー。また、あの人は遅刻?さっきまで一緒に食堂にいたのに何やってるのかしら」


「あ、あははー。まあまあ、なんか準備してくれているのかもしれないし!ねぇ?もうちょっと待ってみよう?」


「わかったわよ。もう少しだけね」


「ありがとう。アンジェル!」


 チャイムが鳴ってから十分後くらいにレヴィアが来た。


「先生、遅刻ですよ。いい加減にしてください!」


「済まないな。ちょっと用事があって遅れた」


 そう言うとレヴィアは少し頭を下げた。
 その反応を見てアンジェルが驚いて呆然としていると、レヴィアは黒板の前まで行き、生徒達の顔を見ながら喋り始めた。


「……今日は、本当ならこの時間は魔法実戦だったんだが、ちょっと変えて世界地理の勉強をする」


「世界地理ですか……?」


「あぁ、授業のカリキュラム見たところ、実戦しかないからな。なぜ、魔術を学ぶのか、それを知っといて損じゃない。……それが嫌なら外で実戦練習してきな。別に単位あげるから。マジで」


 レヴィアの言葉は不思議と力があって、誰も動かなかった。


「ん?誰も動かねぇーのか??じゃあ、授業を始めるぞ」
  




「世界には七塔、五遺跡、二監獄、一城、があるのは知ってるよな。これをまとめて[賢者の試練]って言う。そして、それには魔属印の神様が祀られているんだ。六塔には一印の、炎、水、風、電、土、毒、植物。四遺跡には二印の、光、闇、空間、時間、重力。二監獄は、三印の精霊、竜。一城は、最高印の神魔。それでだ、俺達が魔術を学ぶ理由は[賢者の試練]を調べるために学んでいる。……しかしだな、[賢者の試練]には厄介なモンスターや、トラップ魔術なんてよくあるから、下手な魔術師だと簡単に死ぬ。ただでさえ、奥に行けば行くほど神話級の化け物すら出でくるんだ、入る奴は大体、命を賭けて挑んでる」


 それを聞いたアルマは怯えならがらもレヴィアに質問をした。


「……なんで、命を賭けてまで[賢者の試練]に行くんですか?」


「……そうだな、理由は結構あるぞ。一つは、[賢者の試練]を合格すれば、この世の全てと、全知全能の力が手に入ると言われてる。……まあ、そんなのは不可能だと思うけどな」


「不可能……なんですか?」


「ああ。歴史上、一城に入れた人間すらいないんだ。……そもそも、人類が合格出来たのは四遺跡の一つ、だけだ。二監獄は、入れた人間はいても、出できた人間はいないんだ。……だが六塔、程度なら合格しかけた人間は結構いる。……ちなみに、学生も六塔なら入れるぞ」


「そうなんですか?」


「……そうだ。帝国にある学園同士の戦い、帝園祭を一位で通過して、軍の試験に合格すれば六塔に入る許可証が貰える。……そしてもう一つ、学生で軍の試験に合格すれば、国王が叶えられる願いを一つ、なんでも叶えてくれるんだ」


「なっ……、なんでもですか!?」


 驚きながら聞き返してきたアンジェルを見て、レヴィアはニヤっと笑いながら、頷いた。


「なんでもだ」


「っつ……、なんでも……」


「……と言っても、学生で軍人相手に勝つのはかなり難しいぞ。どんなに下っ端でも、結局は戦闘のプロだからな」


 キーンコーンカーンコーン


「……ほい、それじゃ今日はここまで。気おつけて帰れ。あ……、それとアンジェル、後で実験準備室に来い」


「実験準備室ですか……?」


「そ……、んじゃ、解散」



























「最弱印と失われた神話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く