最弱印と失われた神話

ノベルバユーザー356021

最弱印と教師

  ここは、グレリアーズ学園一年B組。本来なら今は授業が始まってる時間帯であり、普段なら静かにしているはずだか、教室内は少しざわめいている。それもそのはず、黒板の前には学園長と見知らぬ男が立っているからだ。
 学園長が生徒全員を確認すると、心配そうに喋り始めた。


「知っての通り、今まで担任をやってくれてた、ゾール君が先日の魔法研究で怪我をしてしまってな、二週間の入院のあいだ、変わりに担任をやってくれるレヴィア君だ」


  レヴィアと呼ばれた男は年齢は、20歳前半だろうか。身長は165cm程度、髪は水色でとても綺麗な色なのに当の本人は、肩位まである、髪の毛を後ろで適当に結んで、ボサボサ状態である。瞳は透き通るような青色。全体的にボーイッシュで、中性的に見える。クラス中の誰もがレヴィアと呼ばれた男の挨拶を待っていると、だるそうに欠伸をしながら自己紹介をやり始めた。


「ふぁ~~、えぇーと、二週間、担任をやることになりましたレヴィアです。まぁ~ほどほどに、お願いします……」


……台無しだった、なんか……もう……色々と台無しだった。


「……レヴィア君は、この学園の出身者だから学園の事はよく知っておる。分からない事があったら聞くがいい。それじゃあ、授業を頑張ってをくれ」
  
 学園長が出ていったあとレヴィアは教科書をパラパラと読みながら、


「あー、あれだ。全く持ってわからん。俺には教える事ができないので、プリント配るから教科書見て適当にやっててくれ」


 流石にその態度に怒ったのか、一人の女子生徒が怒ったように立ち上がった。身長は女子生徒の中では珍しく大柄だが、別にごつい訳でもなく、逆に細い訳でもない、モデル体型で、桜色のふんわりとした髪は腰まで伸ばしていて、どこかの貴族の御令嬢と言った様な見た目だったが、怒っているせいで、優しそうな目はつり上がり、レヴィアを睨んでいる。


「っふざけないで下さい…!!貴方になんの権限がありそんなことを言ってるんですか!ちゃんと授業をしてください」


「何言ってるんだ?教科書見てプリントを埋めるのもちゃんとした授業だ。ほら、文句言ってないでさっさとがんばれがんばれ」


「っ……この事は学園上層部に報告してもらいます!そうすれば貴方はクビか減給処分です!!」


「……マジで??」


「当たり前です!!それが嫌らなら授業をしてください!」


(マジかよ、今は生徒が先生を、クビにできるのかよ。もしこのまま行けば俺はクビになって無職の最高生活に戻れる……!!)


 レヴィアは嬉しそうに


「授業内容に変更は無し。報告したい奴は勝手にしていいぞ」


「なっ……、わ、わかりましたそっちがその気ならこちらもそうさせてもらいます」


(そうだ…そもそもなんで授業なんてしようと思ったんだ?クビって正式理由があれば、アリスに言い訳ができる……!)




 事の発端は二日前にあった


 レヴィアが、ご飯を食べていると、


「なあレヴィア、もうそろそろ仕事しないか?」


 目の前に座ってた黒髪の和服の幼女がレヴィアに質問をし始めました


「アリス……どうしたんだ急に??」


「いや、普通タダ飯食ってたら罪悪感で働こうとか思わないのか?」


「何言ってんだ……?、俺が思うと思うか?」


「疑問文で聞くなよ……てか思わねぇーのかよ……
 一周回って尊敬するほどクズだなお前は」


「いやぁー、尊敬されると照れちゃいますなぁ~」


 流石に堪忍袋の緒が切れたのか、右手に魔力を集め始めた


「ちょ…、ま、待っててお前のそれは冗談にならないから―――…。」




 アリスは満面の笑みで


「冗談??なんの事だ、私は本気だぞ……?」


「わ、わかった…わかったから、は…働くから、それだけはやめてくださいぃーーーーー!!!!」


 それで、今にいたるわけだが、レヴィアは早くも仕事を辞めようとしていた。



「最弱印と失われた神話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く