最弱印と失われた神話

ノベルバユーザー356021

最弱印と食堂

「うお……、なんだこの食堂?」


 レヴィアが驚くのも無理がない。そこには、学園の食堂とはかけ離れた光景があった。広大な食堂内には、白いクロスがかけられた長大なテーブルがいくつも並んでいる。
   
 そして、生徒達は注文した料理をカウンターからとって思い思いに席を選び自由に座っている。


(……俺が、ガキの頃はこんな小洒落た食堂じゃ無かったのに……、この数年で何があったんだ??)


  レヴィアは驚きながらも、料理を買い、端っこの誰もいない席でご飯を食べ始めた。


  


 アンジェル達が食堂で買った料理を持って席を探していると、端っこで一人で食べているレヴィアを、見つけた。それを見たアルマが名案を思いついたように、提案をし始めた。


「どうせなら、レヴィア先生と一緒に食べない?先生とご飯を食べて仲良くなるチャンスだよ!!」


  しかし、アンジェルはあからさまに嫌そうな顔をした。


「……なんでとアイツとご飯を食べなきゃいけないのよ」


「だって……、先生一人だし、それにほら……先生と仲良くなれば授業態度を変えてくれるかもしれないよ?」


「うぅ~、……でも~」
  
 アンジェルが悩んでいると、レスティアがアルマの意見に賛成した。


「あら、いいじゃないですか。私は一緒に食べてみたいと思いますよ」


「あぅ~~、……わかったわよ。そこまで二人が言うならご飯食べるくらいならいいわよ」


「ありがとう!アンちゃん。それじゃさっそく行こっか!!」


「なぁっ……、ちょと待ってよ、アルマ」


「ふふっ、早く行きましょう」


「ちょっ……、二人とも待っててば~」
  
 アルマはレヴィアの席の前まで行くとレヴィアに声をかけた。


「先生、お昼御一緒にいいですか?」


  レヴィアは不思議そうな顔をしながら頷いた。


「ん……、まぁ、俺は別にいいけど……?」


「ありがとうございますっ!……二人とも早くー」


  アルマが遅れてやってきた二人に手を振りながら声をかけた。


  レヴィアはその二人を見て必死に何かを思い出そうとしている。


「え~と、ちょっと待てよ。確か……、二印の生徒で……、あー…………名前なんだっけ?」
  
 それを聞いたアンジェルは呆れたようにため息を吐いて、料理をテーブルにおいて、話し始めた。


「はぁ……。さっき自己紹介したばっかりですよね?少しくらい覚えていてください。私の名前は、シルヴァ=アンジェルです。もう、忘れないで下さいね」


「私の名前はレスティア=レーベルですよ。お昼御一緒によろしいでしょうか……?」


「ん、あぁ、どうぞご勝手に……。シルヴァ=アンジェルとレスティア=レーベル……ね。多分覚えたわ」


「多分じゃなくてちゃんと覚えていてくだい!!」


「わかったから、そう怒るなって。……んなことより、俺とご飯食べてもいいことなんて何も無いぞ?」
  
 レヴィアは不思議そうに聞くと、アルマが手を顔の前で振りながら、言った。


「別に私達はレヴィア先生と仲良くなりたいと思って声をかけたんですよ??」
  
 しかし、レヴィアは相も変わらず不思議そうな顔をしている。




  レヴィアを入れた乙女達のお昼のティータイムが始まるんだった。



「最弱印と失われた神話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く