天空巫女と英雄譚

ノベルバユーザー356021

4話

「…………っ痛。生徒達の皆さん、ごめんなさい。これが最後の自己紹介な……本気でマジで。今日から二年B組の講師になりました、クライストス=レイザーです。新人だけど頑張って行きたいと思いますので、よろしくお願いします」


 ネルトラがひとしきり、クライストスの事を殴った後、生徒達の怯えた視線に気付き、顔を真っ赤にさせながら、無理矢理クライストスの事を持ち上げ教壇に立たせたのだった。
 その時の、生徒達の心境は、


((怖ぇー))


 悲しく一致していた。


「んじゃあ、授業をやるぞー。……特有魔質の検査結果紙があるだろう?それは無くすなよ。もし他人に見られたら自分の才能が見られたのと一緒だからな…………。さて、それじゃあ総魔学科Iのド基礎から振り返ってみますか」


 クライストスが生徒達を見渡すと、不満に思ってる人や、疑問に思ってる人が殆どであった。
 生徒達の感情は至極当然のものだった。レニオゲス魔法学園に通ってる生徒達は、将来を担う優秀な子供達だ。その子供達を掴まえて、最初にやる授業がド基礎中のド基礎と聞けば、馬鹿にされてると思う生徒が殆どだった。
 クライストスは、不満そうな生徒達の表情を見て、ニヤリと口角を上げて笑っている。


「クククッ…………。まぁ待て、お前らの気持ちよぉーくわかるぞ?だがな、お前らがやってたのは教科書を読んで、それを、ひたすら暗記するだけだった。……そうだろ?けど、もし魔法のプロに直接教えて貰ったら、それはド基礎以上の価値があるんじゃないか??」


 生徒達はクライストスが、何を言ってるのかよくわからないようで、頭に?を思い浮かべながらクライストスを見ている。
 クライストスの後ろにいる、ネルトラは、まさか、と言う表情で頬をピクピクさせて睨んでいる。
 当の本人クライストスは両手を広げて、まるで道化のような動きを始めた。


「…………それじゃあ、ご紹介させてもらいましょう。……数々の武勇伝を作り上げ、女性初の女王近衛隊副団長になられた、ネルトラ=シャルルさんです!!!はい、拍手!!!」


「「「!?」」」


「なっ……!?」


 クライストスは、悪戯が成功した子供の様な無邪気の笑顔で、ネルトラの事を教壇の上にあげたのだった。

「天空巫女と英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く