話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

身の覚えの無い妹が出来てしまった。しかも、誰も存在を認知できないんだから驚きだ!いやーどうしよう、HAHAHAHAHA!!・・・どーすんのよ、マジで・・・。

44.「あー・・・ははは、謝らないで下さい。私、気にしてないですから」

コメント

あなたもコメントを
送ってみませんか?

感想や考察などコメントを残すことで作者・読者間の交流ができたり、作者へのモチベーション向上に繋がります。
ぜひ、作品や作者へコメントを送ってみましょう!