身の覚えの無い妹が出来てしまった。しかも、誰も存在を認知できないんだから驚きだ!いやーどうしよう、HAHAHAHAHA!!・・・どーすんのよ、マジで・・・。

がおー

26.「お兄さん」

と目の前の学生服の少女はそう言った。

『お兄さん』?お兄さんとは誰か。

「お兄さん、折角訪ねてきたのに不在だから心配しましたよ。今日会う約束してたのに・・・所で、そっちのお兄さんに抱きついている人、誰・・・ですか?」

ふるふると口を震わせて、その学生服の少女は自称妹を指差している。

「えっ?、えっ?、あの、お兄ちゃん、この人知り合い・・・?」

自称妹は不安そうな目で僕を見ている。

「勿論知らない。君同様に・・・。」

何だか新たな面倒事が発生した気がする。

「んもー、私同様って、お兄ちゃんひどーい!」

頬を膨らませる自称妹。

「お兄さん・・・まさか、いくらモテないからって、そんな・・・」

学生服の少女はカチカチ歯を鳴らしている。

何か誤解をされている気がする。

「離れて!お兄さんから離れて!!」

学生服の少女は自称妹に掴みかかり、僕から引き離そうとした。

「きゃっ!い、痛っ・・・!」

自称妹は苦悶の表情を浮かべた。

「おい!ちょっと待てって。」

「お兄さん!こんな、私と同じ位の人相手に売春なんて、ダメ!絶対!」

学生服の少女は顔を真っ赤にさせて僕に怒鳴り付けた。

「売春?ちと、君!まずは落ち着け!落ち着けというか・・・」

そう、落ち着かせるのも大事だが、もっと重大な事がある。

「君、こいつが見えるのか?」

僕は自称妹を指差して、学生服の少女に聞いた。

学生服の少女は怪訝そうな顔をした。

「見えるって何ですか?」

「だから、この、僕の腕に絡み付いている幸薄そうな女の子が・・・」

「幸薄そうってなんだよう!お兄ちゃん!」

「・・・お兄ちゃん・・・って、貴女・・・。」

怪訝そうな目で自称妹を見つめる少女。

間違いない、この制服姿の少女は自称妹を見えている!

「お兄さん、そんな、兄妹プレイなんて・・・妹に餓えているなら・・・いや、そんな倒錯的なのダメです!」

あー、うるさいうるさい。これは困った事になった。実に困った。

この制服姿の少女は他人から見えない自称妹が見える。勿論、彼女は自称妹同様僕自身は面識が無いが、彼女は僕を知っている。

という事は、自称妹同様に・・・。

「聞いているんですか!お兄さん!」

ぼんやりとしている僕に制服姿の少女はギャーギャー文句を言っている。

『お兄さん』という事は・・・まあ、そういう事なんだろうとちらりと自称妹を見た。

「ら、乱暴しないで・・・!って、私が見えてる・・・掴めているという事は・・・。」

自称妹も気付き始めた様だ。

「なあ、君」

「何ですか!お兄さん」

制服の少女は話しかけた僕に返事をした。その声音や視線は近親者に対してのものの性質だった。

「ちょっと、コンビニにでも行ってみないか?行けば、この隣の子の事も良く分かると思うから。」

興奮する少女に僕は穏やかに言ってやった。

「コンビニ?何の事?」

制服の少女はポカンと表情を崩した。

「いいからいいから。とりあえずは全てが分かるからさ。なっ?。」

僕は努めて健やかに言うと

「ん・・・。分かりました。一緒に行きましょう、お兄さん。」

と制服の少女は訝しげに答えた。

コメント

コメントを書く

「現代ドラマ」の人気作品

書籍化作品