話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

非人道的地球防衛軍

ウロノロムロ

異世界海賊団

月明りが照らす海。凪いだ海に停泊する船団。
船団の前にはゲートが開いている。
やがてゲートから徐々に姿を現すクジラ船。
ゲートから出現したクジラ船は船団に接弦する。


「旦那、今日は随分と早いお着きで。」


ゲートから出て来たクジラ船の半魚人が声を掛ける。


「ああ、ちょっとばっかし早く着き過ぎちまったよ」


船団側から人間がそう答える。


「今日は何かいい大物はあったかい?父つぁん」


「いや、今日はクジラの死骸が二体だけで」


「なんだい、またクジラかい。
たまにはサメでも獲って来てくれよ」


「旦那、そうは言ってもサメはなかなか獲れないんですよ、死骸でも」


「いつもの三倍は出すぜ」


「わかりました、その代わりもっとはずんでくだせえよ」


-


「いやでも死骸でも引き取ってもらえるんで、こちらは助かってますよ」


半魚人の父つぁんは積荷の確認作業をしながらそう言った。


「生け捕りでここまで引っ張って来るのはなかなか大変でしてね」


「むしろゾンビ化したほうが操作は楽だって話だからな」


人間の男は笑いながら答えた。




男の名は、潮崎。大型生物の密漁、密売を生業とする異世界海賊団の団長である。
もともと腕のいい漁師であったが、ギャンブルに嵌り、私財をすべてギャンブルに費やし、多額の借金を抱えた。それでもギャンブルをやめることが出来ずに、家を売り、船も売った。それでもまだ足りずに、嫁をだまして売り飛ばし、幼い娘まで売り飛ばそうとした、屑中の屑である。娘が売り飛ばされる寸前に、金を貸していた大親分系列の闇金から連絡があり、防衛軍が保護。
当時は典型的なギャンブル中毒であり、依存症候群であったが、防衛軍の洗脳、人格矯正で、依存症を脱し、内通者魚住さんと漁師仲間で顔見知りであったこともあり、『海底王国』で潜入工作などを行っていた。


潮崎は某海賊映画の海賊を意識して、ウェーブのかかった長髪に口髭と顎髭を生やし外見を真似している。


「そっちじゃクジラも数が少なくなってるそうですが、こっちはまだまだいっぱいいますからね。
クジラの墓場がありますから、死んで間もないクジラ引っ張ってくるのはわけないでさあ。
あの小型化する装置も貸してもらえてるんで、運ぶのも以前に比べりゃ楽になりましたよ。」


「ありゃ、極秘で頼むよ父つぁん。機密扱いなんだから。そのうち回収させてもらうぜ。」


「分かってますって旦那。商売は信用第一ですから。」




「いや、こっちも父つぁんのところが物々交換に応じてくれて助かってるよ。
そっちが貨幣の代わりに使ってる真珠ってのが、こっちの世界では高価なもんでね。
そんなもん大量に集めるのも無理だからな。」


「しかしあんな玩具みたいなもんと交換でいいのかね。」


彼らが捕まえてきた大型生物の対価として、彼らが熱狂しているロボットアニメ・特撮の玩具やフィギュアが相当量渡されることになっている。潮崎の船団には、ロボットの超合金やプラモデル、フィギュア、ガチャポン、食玩、関連グッズなどが大量に積まれていた。


潮崎の言葉に父つぁんは作業の手を止めて振り返る。


「いや旦那、うちらからしたら喉から手が出る程のお宝ですよ。
報酬なんていくらでも出すってやつが大勢いるんですよ。
政府の偉いさんや軍人さんなんかもいつ回ってくるんだって、裏ルートで問合せが殺到してるんですよ。」


立場上は敵対勢力ではあるが、隠れた民間交流はかなり盛んになってきており、異世界交易も行われるようになってきていた。そこでどこの異世界住人も真っ先に欲しがるのが、ロボットアニメ・特撮の玩具・グッズ等であった。
防衛軍も大親分系列の会社に玩具会社を買収させ、ロボットアニメ・特撮商品専用の工場を用意させた。それが異世界住人に飛ぶように売れ、異世界の外貨稼ぎやこうした物々交換に一役買っていた。
また異世界上層部に工作員が根回しするのにも賄賂が必要だった。その際に、ロボットの超合金やプラモデルなどはとても重宝された。貴金属が価値あるものとして通用する異世界もあったが、それでも異世界の外貨も準備されてはいた。


「あぁ父つぁん、こっちの物にはいつものように防水加工しておいたから、サービスでいいぞ」


「そりゃ助かりますよ旦那。こっちはどうしても水の中が多いもんで。」


潮崎と半漁人の父つぁんの指示で、船員達は積荷の交換作業を進める。


地球防衛軍日本支部は、ドラゴンの一件で、大型生物兵器を普段は小型化させておくことで管理運用する体制を構築すると、大型生物兵器の捕獲に本格的に乗り出した。
敵地潜入の工作員は時間を掛けて、こうした大型生物の密漁、密売ルートを構築していった。
時にはゲートを通過して異世界を侵犯しなければならないことも多く、敵勢力に防衛軍が黒幕であることを悟られないため、密漁・密売を生業とし異世界をまたにかける海賊団という存在がつくり上げられた。その異世界海賊団の団長に選ばれたのが潮崎であった。
実際に、ここ最近は異世界住人による海賊行為が多くなって来ており、日本近海を航行中の船舶が襲われる事件も発生していた。よって海賊団は正体を隠すにはもってこいであったし、実際にそうした異世界の海賊団と交戦することもあった。
ちなみに他の異世界では山賊団が活躍していたりもする。


父つぁんは、クジラ以外の引き渡し生物を潮崎に見せて確認した。


「知性生物は入ってねえだろうな、父つぁん。知性生物はうるせえからな。
拉致して人身売買したことにされちまったら面倒なことになる。」


「その辺は心得てますよ、旦那」


「しかしなぁ、実の娘売り飛ばそうとした俺が、人身売買に気を使うことになるとはなぁ」


「そういうの旦那達の世界じゃ、因果応報って言うんでしょ?」


「因果なぁ、まぁ確かに因果なもんだよ」


潮崎は笑った。こういう話で笑ってしまうあたりはどこかが壊れている防衛軍メンバーにはよく見られる傾向だ。


-


「旦那、今回も亡命者が結構いますんで確認してやってくださいよ。」


「父つぁん、本当に亡命者なんだろうな。
拉致して来たのとか勘弁してくれよ。俺は前科があるだけにすぐに人身売買を疑われちまうんだから。」


父つぁんに案内された潮崎は亡命者一人一人に亡命の意思を確認してまわる。


「いえね、この間の戦争で息子が捕虜になっちまったんだけどね。こっちの方が暮らしやすいから、家族みんなでこっちに亡命して来い、って言われましてね。」


「おばちゃん、それで亡命しますって、引っ越しじゃねえんだからよ。
それじゃ亡命じゃなくて、もう移民とか難民だよ。
一族総出で来られちゃっても困っちまうんだよなあ、こっちも。
まぁ仕方がねえから連れてってやるけどよ。」


拉致どころではなく、むしろ来たくてしょうがない人達だった。




「父つぁんは今回はどうすんだい?こっちの陸に上がるのかい?」


「今回は私も連れてってもらおうかなと思ってやして。
向こうで売れそうなものを見て回ろうかと思ってましてね。
マーケティングってやつですかね。」


「何かこっちの物で売れそうなもんはあるのかい?」


「向こうはほとんど刺激がないようなとこですからね。
こっちのもんは基本何でも売れますよ。
この間運んだ醤油とかも評判よくて、すぐ売り切れましたよ」


「おいおい、魚類が醤油使うのかい、共食いじゃねえのかい、それ」


「あっしらだって、知性のない魚は家畜として食ってますからね、そんなもんですよ」


「まぁじゃあ、陸まで一杯やりながら行くかね、父つぁん」




クジラの死骸二体をはじめとする積荷の交換が終わると、父つぁんが乗って来たクジラ船はゲートを通じ元の世界に戻り、海賊船団は日本へ向かう。


船長室で、潮崎と父つぁんは酒を飲み交わしていた。


「この真珠はいつものやつです、旦那」


海賊団では、大型生物とは別に、真珠を物々交換で買取り、持ち帰って売り捌いていた。
そこで得た利益は海賊団の維持費用に使われており、その辺りは防衛軍からも認められていた。


「旦那、昔みたいにギャンブルにつぎ込んだりしないでくだせえよ」


「大丈夫だって。
今はギャンブルのこと考えるだけで、頭がガンガン痛くなって、吐き気がしてきやがるんだぜ。
いくら身から出た錆とは言え、防衛軍の洗脳、人格矯正ってのはとんでもねえもんだな。」


潮崎は顔の前で手を振るポーズをしてみせた。


「今の司令官はおっかない方ですからね。
この間の戦争だって、結局最後は死人使ったゾンビ兵で物量作戦でしょ。
『人間てのは何てことしやがんだ。俺達半魚人には到底真似が出来ねえ芸当だ』
てみんな震え上がってましたぜ。」


父つぁんが笑いながらそう反応した。


「しかし不思議なもんだよなぁ。こっちの廉価な玩具がそっちじゃ高値で売れて、こっちじゃ高価な真珠がそっちじゃ小銭扱いされてるって言うんだから。」


「それが商売ってもんですよ、旦那。お宝の価値なんてそれぞれってことですよ。」


-


しばらくすると船員が船長室に駆け込んで来る。


「キャプテン、正体不明の船団がこちらに向かって来ます。」


船員の報告を聞いても落ち着き払っている潮崎。


「かあ、また海賊船かよ。父つぁんも随分タイミング悪い時に乗っちまったなぁ。」


「いやいや。うちの船がつけられてたわけじゃねえでしょうが、
ここいらの海域ってことはうちらの世界の奴等ですかね?」




潮崎と父つぁんが甲板に出ると、海賊船十隻がこちらを取り囲むように近づいて来ていた。


「ああ、ありゃうちらの世界の船じゃないですわ。
うちらの世界の船はたいがい魚型だったり、水棲生物の姿してますんで。」


潮崎は船の形状を一目見て察した。


「わかってるって。形状からすると仮称・ファンタジー異世界のヴァイキング船じゃねえかな。
こちらを単なる貿易船だと踏んで、積荷を略奪する気なんだろうぜ。」




「接舷されて乗り込まれると厄介だからな。早々に穴空けて沈めちまうのが得策だな。」


「沈めちまうってどうするんです?機銃くらいしか武装もなさそうですが」


「まぁ、見てなって」


「お前らやるぞー」


潮崎がそう叫ぶと、船員達はアイ・サーを叫び戦闘配備についた。


「バトルモードなー」


船体の甲板が何箇所か回転し小さな武装が出現する。同様に船体側面などからも武装が現れる。


「旦那、ちょっとこれでは小さくないですかね」


「ここから、ここから」


父つぁんの反応を他所に余裕の潮崎。


「よし!」


「多次元質量シンクロシステム起動!」


武装に組み込まれている多次元につながるゲートが赤く光輝き、巨大化をはじめる。


「これこのまま船沈みませんか?」


父つぁんは心配そうにきょろきょろ辺りを見回す。


「大丈夫だって。重量がギリギリまで重くなるから、ほとんど動けなくなるけどな。」


武装の巨大化を遂げた船団。それは軍艦、バトルシップに等しい攻撃力を備えていた。
バトルシップ船団からは次々とミサイルが発射され、砲撃がひたすら繰り返された。
敵海賊船団は成す術もなく、すべてが撃沈された。


巨大ドラゴンを小型化させることに成功した地球防衛軍は、多次元質量シンクロシステムの生命体以外への応用、実用化を進めていた。安全性の面ではむしろ機械のほうが生命体より向いていた。
ただこれはもともと大型サイズのものを小型化し、元に戻すだけであり、最初のサイズを越えて巨大化させることは現時点では出来ない。故に武装も最初から巨大サイズにつくっておかねばならず、最大化した際の重量や強度を計算して設計がなされていなくてはならなかった。




沈み行く敵海賊船団の船員達は海に飛び込んだ。
海中の敵船員達を、潮崎の船団は拾いあげた。


「こいつら連れて帰ったら拉致ってことになるのかね?
それだったらもう一回海に放り込むんだが。」


潮崎は真顔で考え込んでいた。


「異世界犯罪者ですし、救命活動ですし、大丈夫なんじゃないですかね。」


そうアドバイスをした父つぁんを見て、思い出したように潮崎は言った。


「この船の秘密はくれぐれも内緒で頼むよ父つぁん。そっちの軍部に知れたら偉いことだからな。」


「分かってますって旦那。商売は信用第一ですから。」


「しかし、あっしだったら二度とこっちの世界と戦争なんぞしようとは思いませんけどね。」


-


このように様々な異世界から巨大生物もしくはその屍が集められていた。
もっぱら海賊団よりも山賊団のほうがはるかに大変だったようではある。
多次元質量シンクロシステムを運搬に使えるようになるまでは、巨大生物の死骸を運ぶ手段が無く、基本的には生け捕りにして、それを手懐けて移動させなくてはならなかったため、難易度は格段に高かった。そのお陰でビーストマスターと言っても過言ではない程に巨大生物の扱いに長けた人材が結果として育成された。


意外にも一番簡単だったのはドラゴンであった。『ドラゴンちゃん』の協力もあって、巨大竜族との意思疎通が可能なツールが既に開発されていたため、コミュニケーションが取れる知性ドラゴンに関しては、ハントというよりはむしろ交渉と言ったほうがよかった。そのため派遣されるスタッフも『チームGAKIDOU(餓鬼道)』の人材リクルートチームなどであった。
大概どこのドラゴンも人々からは忌み嫌われており、ドラゴンの立場からすると迫害を受けていた。そのためこちらの世界への移住には、かなり前向きに話を聞いてもらうことが出来た。『ドラゴンちゃん』はさすがに眠れる伝説のドラゴンだけあって、その存在をみなが知っており、『ドラゴンちゃん』と一条女史の友情話を聞かせると、知性あるドラゴンはみな泣きながら自分も連れて行ってくれと逆にお願いまでされたと言う。


-


「生きてる巨大クジラに艦橋付けて一度乗ったけど、船酔いどころじゃないよー
速攻吐いたよー、あれ人乗るとか無理だろー」


「うむ、私もあれには二度と乗りたくないな。」


一条女史と財前女史は、巨大クジラに人が搭乗することを試行錯誤し、二人で吐きまくって大惨事になったらしい。


「あんなの動き早過ぎ、揺れ過ぎだよー
人がいるとこ揺れないように工夫しないと無理なんじゃないかなー」


「うむ。ゾンビ化された巨大生物は、幽霊達に憑依して動かしてもらえないものかな。」


「幽霊さん達の今の霊力で、あの大型サイズを果たしてどれぐらいの時間動かせるかだよねー
もちろん試してみる価値はあると思うけどさー」


「じゃあ、やはり遠隔操作ですかね。ゾンビ兵の時みたいにゴーグル着けてもらって動かす感じでしょうか。」


天野も巨大生物兵器運用に関するミーティングに参加していた。


「仮想現実ぽいやつも難しいんじゃないかなー、水中だし反応早過ぎて処理しきれないと思うよー」
「一層もっとゲームぽいインターフェイス処理にしちゃったほうがいいかもー」


防衛軍では、集められた巨大生物を使って研究調査、実験が繰り返されていた。
生け捕りのまま連れて来られた巨大生物は、ビーストマスタークラスの人材によって徐々に手懐けられていったが、屍をゾンビ化した巨大生物は運用方法に関しても試行錯誤の連続だった。
例えば、ゾンビ化され、メカニカル改造された巨大ゴリラに幽霊が憑依して動かし、巨大生物用の武器を使う実験という、もう何の実験なのかすらわからない実験までもが行われた。
こうして集められたデータを基に、巨大生物兵器の運用ノウハウが蓄積されていった。


そして今まで海軍戦力を持たなかった地球防衛軍日本支部に、はじめての海軍部隊、艦隊が誕生した。
日本は周囲を海に囲まれた島国であり、他国からの侵略の際には海軍力に依存するところが大きいため、海軍戦力の増強は国防軍を優先して行われて来た。『海底王国』との戦争で国防軍の海軍はすべて壊滅させられていたが、その後の新造艦も優先的に国防軍にまわされいた。
そうした状況の中で防衛軍は、自前で海軍力を揃えることに成功したと言ってよかった。
もちろんその戦力は巨大海洋生物である巨大クジラ、巨大サメ、巨大エイ、巨大カメなどであったが。


-


数年後、防衛軍は『海底王国』との再戦、第二次『海底王国』戦争に突入することになる。
奇しくも開戦の口実となってしまったのは、こちらの人間が『海底王国』の知性生物を多数拉致したことに対し報復を行うというものであった。単なる口実なのか否か、真偽の程は定かではないが、防衛軍も後ろめたい組織であるだけに、何処かでそうしたことが行われていた可能性もある。


だが再戦は防衛軍の完膚なきまでの圧勝となった。
それは初陣での苦戦がまるで嘘のようでもあった。
ひたすら戦力を上げることに尽力して来た防衛軍と『海底王国』の戦力差がつき過ぎてしまっていたのだ。
まず『海底王国』の海軍戦力と、防衛軍の海軍戦力がほぼ拮抗していることが前回からすれば考えられないことであった。
そして『海底王国』も空軍戦力を整えて戦争に臨んで来てはいたが、『ドラゴンちゃん』改め『お竜さん』率いるドラゴン部隊の前に完封された。
圧巻は巨大鳥類であり、強行して上陸した半漁人群は、その巨大な鳥にほぼ食われてしまった。人型で知能がある以外、魚とさほど変わらない半漁人を餌と認識し、鳥類が捕食するのはわからなくはないが、それでも人間の言語を話す人型の半漁人が食われてしまう姿は直視出来ないエグイ光景であった。


しかし同時に防衛軍にとっては、ここからが本格的な異世界戦争の幕開けでもあった。
この第二次『海底王国』戦争を皮切りに、各異世界との激戦が続き、最終的には生態系バトルロイヤルが繰り広げられることになる。大幅に戦力が充実した地球防衛軍であっても、この連戦続きに苦しい戦いを強いられることになっていくのだった。











「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く