話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

犬女ちゃん -見た目は美少女、知能は犬並みー(旧題:犬女ちゃんとピュアハート)

ウロノロムロ

犬女ちゃんと電車(2)

翌日の早朝。
駅の近辺、人目につかないところで、
犬女ちゃんに巨大なバッグに入ってもらう。


バッグを持とうとする純心だが、
片手で持つ、もしくはワンショルダーでは
到底無理なので、背中に背負うことにするが、
それでもなかなか重い。


抱っこやおんぶなら、
それほど苦ではないのだが、
一度バッグに入った状態で、
成人女性分の体重を背負うといのは、
なかなか難しい。


背中に背負ったり、
前に抱きかかえたり、
苦労しながら先へ進む純心。


券売機で切符を二人分買って、
自動改札機を通る。


そこから階段を降りて、
ようやく駅のホームまで辿り着く。
幸い周囲にそれほど人はいない。
まったくいないわけではないが、
これぐらいなら、こちらを
気にする人もいないだろう。


中の犬女ちゃんの様子も気になる。
息は苦しくないだろうか、
バックの外側から触ってみると、
触り返して来たので、大丈夫そうではある。




しかし何とも後ろめたい。
鉄道や駅の人に内緒にしているから、
ということもあるが、
人を、この場合は犬女ではあるが、
物扱いして、バックに詰めて運ぶというのは、
人さらいでもしているような気分になって来る。


よく映画やドラマ、漫画、ゲームなどで、
人質などに袋を被せて、縛って担いで運ぶ
というシーンがあるが、
実際にそれをやっているような後ろめたさがある。
もしくは死体を運んでいるような気分だ。
もちろん中の犬女ちゃんは生きてはいるが。


『これ、警察に職質されたら絶対捕まるわ俺』




電車がホームに入って来て、
巨大なバッグを抱えて
無事電車に乗り込む純心。


幸い乗り込んだ車両にはまったく人がいない。
人がいないような早朝を選んだのは正解だった。


席の端に座り、
バックを足の前に置いて、
チャックを開けると、
ぷはーっと息を吐きながら、
犬女ちゃんが顔を出して来た。


やはり
少し息苦しかったりするのだろうか。
車両に誰もいないので、
犬女ちゃんの顔を
出したままにしておくことにする。


以前に純心が闇落ちしたときにも、
無理矢理ついて行って、
電車に乗ったことがある犬女ちゃん。
今回も大人しくじっとしている。


-


朝が早くて眠かったこともあり、
純心は完全に油断していた。


電車の停車駅で人が乗車して来た。


「ひぃっ!」


巨大なバックから、
人間の頭と顔だけが出ている
不気味な光景を見て、
乗って来た人はパニックに陥った。


犬女ちゃんが大きな瞳で乗客を見つめる。
その笑顔が逆に相手に恐怖を与える。


「ひぃぃぃぃぃっ!」


慌てふためき、逃げるように、
乗客は車両を降りて走って去って行った。




『あかん、これ通報されるやつだわ』
『そりゃ、そうだよな』
『俺だって、そうなるわ』


人間、脳の理解が
追い付かないものを目にすると、
ただただひたすら恐怖を感じ、
パニックに陥るようだ。


当の本人である純心ですら、
見慣れた犬女ちゃんの顔なのに、
この光景には若干不気味さを感じていた。
知らない人が見たら当然の反応だろう。




純心は慌てて犬女ちゃんをバックから出して、
人間と同じように席に座らせる。


人さらいに間違われて捕まるより、
犬女ちゃんを車両に乗せたことで怒られるほうが、
よっぽどマシに決まっている。


幸いその後誰も来はしなかったが、
あの乗客は見てはいけないものを見てしまったと
勘違いして、さぞ気分が悪いだろう、
純心は反省するのであった。


-


「そっかー、やっぱり難しかったかー」


ことの顛末を聞いた夏希はそう反応した。


『やっぱり、ってなんだよ、やぱりって』
『人にやってみろと言っておきながら』


「じゃぁ、もう仕方ないから
犬女ちゃんに人間の変装させるしかないねー
二本足で歩けないわけじゃないんだから、
慣れてないからちょっとあれだけど」


「!」


『それ、絶対一番最初に言うべきやつだろ!』


「それはいいかもしれませんわね。
お帽子被って、
長袖長ズボンのお洋服着れば、
案外わからないかもしれませんね。
ちょっと周りの人をだましているみたいで
気が引けますけど。」


お嬢様も夏希の意見に賛成する。


一番先の先端部分については、
手袋と靴を工夫する必要があったが、
確かに変装すれば、よく見なければ
気づかないぐらいになるだろう。


とりあえず人間みたいであれば、今の世の中、
「あなた人間じゃないんじゃないですか?」
と言って来るような失礼な輩はまずいない。


お嬢様の言うように、
人を欺くというのに
後ろめたさもあったし、
犬女ということを偽ってまで、
隠さなくてはならないことに抵抗もあった。


だが今は電車に乗る必要があるときは、
変装して乗せるのがきっと一番いいのだろう。


でもいつかは犬女ちゃんが、
犬女であることを隠さずに、
電車に乗れる日が来て欲しい、
純心はそう思う。




犬女ちゃんが
電車に乗ることを本当に望んでいるのか、
純心にはわからなかったが、
それでも、いつでも自分達と一緒にいたい、
そう思ってくれているはずだ。


純心はそう信じていたし、
実際犬女ちゃんもそう思っていた。











「犬女ちゃん -見た目は美少女、知能は犬並みー(旧題:犬女ちゃんとピュアハート)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く