犬女ちゃん -見た目は美少女、知能は犬並みー(旧題:犬女ちゃんとピュアハート)

ウロノロムロ

犬女ちゃんと逆夜這い?

お嬢様の別荘では、
純心だけ男一人であったため、
空いていた和室を一人で
使わせてもらうことになっていた。


とは言え、すぐ近くには、
母とちびっ子達が寝ている
大部屋の和室がある。




純心が一人で寝ていると、
いつものように犬女ちゃんが
やって来て添い寝しはじめた。


-


夏希は先ほど見た
野生の野良犬女の姿を思い出すと、
怖くてなかなか
寝付くことが出来なかった。


野生の野良犬女はそれほど
強烈なインパクトがあった。


一人でいると怖くて仕方がないので、
こっそり純心のところに
行って同じ部屋に寝よう、
夏希はそう思いつく。


同じ布団に寝なければ
問題ないだろうぐらいに考えていた。




純心の部屋に忍び込むと、
横には犬女ちゃんが添い寝している。


「あぁ、これなら全然平気なんじゃないかな」


夏希は、純心と同じ布団に入り込み、
犬女ちゃんを抱きしめながら寝た。


-


寝ていた犬女ちゃんには、
五姉妹の四歳児ユアちゃんが、
起きて泣き出した声が聞こえた。


お母さんがいるので、
平気かなぁと思っていたが、
「いぬおんなたーん」と
いつもの可愛い口調で
自分の名前を呼びながら泣いているので、
気になって、ちびっ子達の
部屋に様子を見に行く。


ユアちゃんは、犬女ちゃんを見ると
抱き着いて離れようとしなかった。


犬女ちゃんは、そのままユアちゃんと
一緒に寝てあげることにする。


犬女ちゃんはそのまま
純心の部屋には戻らなかった。


-


お嬢様もまた
さっきの野良犬女を見たのが
怖くて寝付くことが出来ないでいた。


獣医を目指している自分が、
そんなことではダメだと思いつつも、
やはり怖いものは怖かった。


先ほどの逃げ出さないで、
犬女ちゃんと一緒に
みんなを守ろうとしていた
純心は男らしかったし、
やはりこういうときに
頼りになるのは、男性なのだろう
という気もしていた。


お嬢様も、はしたないと思いつつ、
一人でいると怖くて仕方ないので、
純心の部屋を訪れた。


「犬女さんと一緒に寝ているのなら
大丈夫ですわね」


お嬢様はそう思って、
やはり純心の布団に潜り込んだ。


お嬢様は暗かったために、
完全に犬女ちゃんと夏希を間違えていた。


-


肝試しで一番ビビッていた生徒会長は、
当然ながら寝られるはずがなく、
寝ている間にあの野良犬女が
襲って来たらどうしようなどと、
あまり現実には有り得なそうなことを
考えて怯えていた。


怖くて仕方ないので、
やはり純心の部屋を訪れた。


夏希とお嬢様が、
純心の布団に寝ているのを見て仰天する。


「な、なんて、
けしからないことでしてよ。
こ、これは、私が生徒会長として、
何事もないかきちんと
見届けなくてはいけなくってよ。」


生徒会長は、誰も聞いていないのに、
そう言い訳しながら、
怖いから一緒に寝ることにした。


-


愛ちゃんは、
肝試しでお兄ちゃんに助けてもらうという、
イベントを一人だけ消化出来て、
大満足で興奮していた。
さすがは鋼鉄のメンタルを持つ中二である。


「ここはこれだけでは満足せずに、
やはり逆夜這いイベントも消化して
おかなくてはいけないところですね。」


ここまで来ると、一体普段
どんなラノベを読んでいるのか、
気になって来てしまうぐらいだ。


愛ちゃんが純心の部屋にこっそり忍び込むと、
すでに他の女子メンバーは
純心の布団で一緒になって寝ていた。


「さすが私が見込んだ
お兄ちゃんのハーレムは違いますね。」


「あんな何事もないような素振りで、
もはや酒池肉林状態ではないですか、これは。」


本当の酒池肉林はもう少し違うのだが、
まだ中二の愛ちゃんは知らなくてもいいだろう。


「私も危うく欺かれるところでしたよ。
中二だからって軽く見られているのでしょうかね。」


また愛ちゃんは、
全力で間違った方向に思い込みをはじめた。


-


次の日の朝、
純心母が起こしに来ると、純心の周りに、
四人の女子が折り重ねって、寝ていた。


「あんた達一体何やってんだい!?」


純心母はみんなを叩き起こして、
正座させてお説教をはじめる。


当然、純心は何も覚えていない。
昨日、昼間は海で泳いで動き回ったし、
夜も石段を走って登るという
ハードな一日だった。


女子高生トリオは、みんな一同に
「一人で寝るのが怖かったから」と
顔を赤くして恥じらいながら、
子供じみた理由を述べた。


さすがに愛ちゃんもそこは空気を読んで、
みんなに合わせて回答した。


「あんた達は、ちびっ子と一緒かい!」


純心母もすぐ近くの和室で寝ていたので、
何もないのはわかっていたが、
そこはちゃんと怒っておいた。




犬女ちゃんは、
みんなが一緒に寝ていたのに、
参加出来なくて少し残念だったが、
ユアちゃんがとても可愛かったから、
まぁいいか、と思っていたのだった。













「犬女ちゃん -見た目は美少女、知能は犬並みー(旧題:犬女ちゃんとピュアハート)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く