犬女ちゃん -見た目は美少女、知能は犬並みー(旧題:犬女ちゃんとピュアハート)

ウロノロムロ

犬女ちゃんと三馬鹿トリオ(2)

犬女ちゃんは、
身構えて吠えまくっていた。
三馬鹿トリオを
完全に不審者だと思って
警戒していたのだ。


夏希の犬女ちゃんへの躾は
ちゃんと成功していた。


『キスは大事な人としかしちゃだめ』
『誰ともすぐキスする
ビッチな犬女ちゃんになってはダメ』


『股間の匂いを嗅いでいいのは、
可愛い女の子のときだけ』


なぜ可愛い女の子だったら、
股間の匂いを嗅いでいいことになるのか、
純心にもよく意味がわからなかったが。


お嬢様のパンツを見て以来、
可愛い女子がどんなパンツを履いているのか、
夏希にも興味があるのだろうか。


夏希の躾グッジョブ!
純心は心の中で叫んだ。


-


家に上がると、リビングには
母親がソファに座っていた。


「あんたが男の子の友達を
連れて来るなんて珍しいじゃないか」


純心の予想どおり、やはり母にそう言われた。


-


家に上がって、
純心母に挨拶する三馬鹿トリオ。


メガネは顔を真っ赤にして、
純心の母に見惚れていた。


「純心殿、これからは我が輩のことを
お義父さんと呼んでいただけますかな?」


純心は吹き出した。


「お前、熟女好きじゃねえだろ!」
純心は母に聞こえないよう、メガネに突っ込んだ。


「美しさに年齢など関係ありますかな?」
「これはまさしく運命の出会いというやつですかな」


「母親狙いとか、お姉さんのおっぱい狙いより、
よっぽどひでえじゃねーか!」


-


「お母様、さぞやお疲れでございましょうな」
「我が輩が肩など揉ませていただきましょうかな」


メガネは手もみをしながら、
純心母に媚びへつらった。


「そうかい?すまないねえ。恩に着るよ。」


純心母の肩を揉むメガネ。
しかし、上から見える純心母の
胸の谷間が気になってしょうがない。


「いやぁ、随分と凝っておられますな」


はじめはチラ見程度だったが、
そのうち、鼻の下を伸ばして、
純心母の胸の谷間をガン見しはじめる。


「なんだいあんた、
そんなにあたしの胸が気になるのかい?」


「なんだったら、少しぐらい
見せてやってもいいんだよ?」


『息子の目の前で、息子の友達、
誘惑すんじゃねーよ!』


純心は違った意味で頭が痛かった。


「冗談だよ、
まったくしょうがない、エロ餓鬼だね」


当然、純心母は、若い男子高校生を
からかっただけではあるが、
メガネには刺激が強過ぎたらしく、
鼻血を出していた。


純心母はメガネの鼻血の処置をしてやる。
優しくされてメガネはもうデレデレ、メロメロだ。


-


ジャガイモは、
洗って干してあったスクール水着を
目ざとく見つけてガン見していた。


「なんだい、あんたもそういう趣味があんのかい?」


『もう頼むから口開くな』


純心はまた母がロクでもないことを言う予感しかしなかった。


「あれ、誰のスクール水着ですか?」


ジャガイモは興味深々だった。


「あたしが着るんだよ。
旦那がきっと喜ぶだろうと思ってね。」


『息子の目の前で、息子の友達に、
夫婦の性癖語ってんじゃねーよ!』


メガネの鼻血が余計に酷いことになったが、
ジャガイモはなぜかがっかり落胆していた。


-


ドルオタは、デジカメで犬女ちゃんを撮りまくっていた。


「これは、これは、アイドルになれますぞ!」


「お前、絶対ネットで拡散とかすんなよな」


ここだけは真剣な話、犬女ちゃんが、
また心ない人間のターゲットにされることを
純心は心配していた。


「あと、絶対、その画像
夜一人で変なことに使うなよ」


純心が強く詰め寄ると、
ドルオタは汗をかいて硬直していた。


「データ削除な」


純心は無慈悲に、
ドルオタが撮影した
デジカメのデータを削除した。


「こ、こうなれば、
この目にしっかりと焼け付けて」


何かよからぬ邪念を察知した犬女ちゃんは
どこかに逃げて行った。


-


こんな感じで、三馬鹿トリオの
純心家の訪問は酷いことになっていた。


人との関り方を考えている純心も、
こいつらとはあまり
深く関わらないほうがいいかもしれない、
と思うのだった。



「犬女ちゃん -見た目は美少女、知能は犬並みー(旧題:犬女ちゃんとピュアハート)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く