生きて世界を見て廻る

help

2章 3節 ギルの死

「あーあ無駄に歩かされて、無駄な話を聞いて、無茶苦茶なクエストを押し付けられて、最悪だな」
「私はほとんど話が理解出来なかったです…」
「要するに地下水路を見てこいってこと」
「おいおいザックリまとめたな」
「大体こんな感じでしょ」
「まあそうだが」
城を出た頃には、丁度昼下がりのいい時間だった。
「この後は?」
「あぁジェイク達の所に行こうかなって」
「あ…」
「そう…ですね」




「「「……」」」
いつもなら酒を飲み下らない話に花を咲かせる3人だが、今日は全員黙り混んでいた。
「俺のせいだ…俺が後先考えず皆を置いてきぼりにして戦ってたから…」
「それだったら私のせいでもある…私だってジェイクについていったし」
「やめて、2人のせいじゃない」
「じゃ…じゃあ!だれ…嫌…そうじゃないよな」
話す気力もないのか、また黙り混んでしまった。
するとギルの死に立ち会った3人が入ってきた。
「あ…あのー」
気を使って小さな声で話をかけるアニス、だが返事はない。
「なぁ…ルート…ギルはどんな最後だった」
「ごめんな…俺は実際に立ち会った訳じゃないんだ」
浮かない雰囲気がルートにも移り、空気はさらに重く。
「ギルの最後は私の隣で起こった」
その重い空気を壊すくらいはっきりとサナは言った。
「バードンの攻撃に成す統べなく一瞬で死んだ、でも他にも人は死んでる、死んだ人は生き返らないから」
「そ…そんなのわかってるわよ!!」
普段ジェイク以外に怒るイメージのないソーラが立ち上がりサナの胸ぐらを掴む。
「それでここからが本題」
「な…なによ」
「最近町の水質に問題があるみたいなの、あの戦いの後でだからもしかしたらあいつらの仕業の可能性がある、だから調査を依頼されたの、でそれの手伝いが欲しい」
「それが俺らに何のメリットがある」
「メリットはない、でもギルの死に一矢報いる事が出来るかもね」
「……」
「やるわ」
「ソーラ…」
「私も」
「ラコまで!」
「ジェイク、あんたはここで一人悔しんでなさい」
「そんな…なんでそう切り替えられる!」
「私だって悲しい、でもサナの言う通りギルは生き返らないし、泣いたって変わらない、だからあの戦いにケリをつけようとしてるの」
「はぁ…わかったよ!俺も行く!」
「え…別に来なくてもいいよ」
「おい!そりゃないぜ!」
ハッハッハと全員が笑い声をあげ、しんみりとした雰囲気は払拭された。


「生きて世界を見て廻る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く