生きて世界を見て廻る

help

1章 14節 開戦前

「さて奴らはどう出るかな…見物だ」
「でもよろしいのですか?あのような警告を出しても、今からでも強襲した方が楽に倒せたのでは?」
「トマーシュ、君はわかってないな…いいかい?戦いって言うのは一方的にやることとは言わないよ、それはただの殺戮さ、私がやりたいのは戦い、万全の装備、万全の体調、万全の天候、すべてが整ったその状況で戦うからこそ意味がある」
「その意味とは?」
「快感さ……敵は全力を出しても私を倒せない今までの準備が無駄になる、自分達の無力さに気付いた時の顔、そんな戦いをするのに私は覚えてしまったよ」
「そーですかい…」
「さぁーて私達も準備を進めよう、侵略のね」




クエストが発令されてから5日が経った、ルート、サナ、アニスの3人はギルドへと向かっていた。
「良いのかよ逃げなくて」
「ジェイク…お前が言えた事かよ」
「本当は逃げたいよでも3人から説得されてな」
「そうかそうか」
「でなんでルートは逃げないんだ?」
「うーん…なんだろ、戦えないのはわかってるけどまだここではやることがある気がするんだ」
「はぁ?なんだそれ」
「何かが見つかる予感がするだけだよ」
「ルート…お前バカだろ」
「うわジェイクに言われたくない」
「うるせ、さっさと行くぞ」
4人は、ギルドへと足を踏み入れた、中に入ってたら、前集まった時の半分位しかいなかった。
「おお来たか」
「はい」
いつも酒場になっている机が今回は丁寧に揃えられ、真ん中のデカイ地図を中心にし集まっていた。
「いいか簡単に作戦を説明する、まず皆集まってくれてありがとう一様国から騎士が来てくれるらしい」
「おおそれは助かる」
「だが敵の戦力が未知数だ、アイリーナ説明を」
「はい、気休め程度ではありますが正面の平原の先にある森ですが最近強い魔物が出るとの報告です、調査に向かった者が言うには魔力が濃くなっているとのことです、ですので普通のモンスターでも力は強くなっているものと思われます」
「とりあえずはこれが現在の敵の情報だ、では作戦の説明と行こう、まず平原で接敵するだろうまず城壁の上より弓兵を何名か配置する、これで前衛のいくらかはやれるだろう、そして2段目に地上から投石機を使って攻撃だこれはギルドの者がやる、後平原には魔導地雷を仕掛けておく安心しろこれはモンスターにしか反応しないからな、そして魔導師の君たちに出来る範囲でいいから敵を倒してくれ、それから前衛の君たちの出番だ」
「シンプルだな…」
「これで敵がほとんどいなくなればいいが…」
「もう1つ言っておくきっと乱戦になるだろう、だが最後まで諦めないで欲しい…」
「なあバードンってどんな奴なんだ?」
「正直情報が少ないんだ、100年前勇者様が倒した魔王幹部の生き残りであることは確かだ」
「なるほどな…」
「よしでは当日壁門に集まってくれ」




当日
「決戦の時が来た!我らが町を守るぞ!」
オー!!
全員の声が揃い士気が上がる。
「準備は上々…」
マスターは、険しい表情を浮かべる。
「なあサナどう思う」
「どうって?」
「勝てるかどうか」
「ジェイクさ…もう覚悟しなよ」
「だってよー」
「ジェイク!サナに迷惑かけるんじゃない!」
ジェイクはソーラに引っ張られ連れていかれる。
「サナ」
「ルート、忘れ物はない?」
「大丈夫、だと思う…」
「私は始めは城壁から狙撃だけど、そっちも頑張ってね」
「ああ、たかだた1週間の特訓の成果を見せるよ」
「死なないでね」
「大丈夫、逃げ回ってれば死にはしない」
「逃げるんだ…」
「冗談、やれるだけやるよ」
「うん、じゃあね」
「ああ」
サナが行くや否やルートは自分の装備を確認する。
「さてとまずは、剣が2本と…片方は予備でと…ポーションが2つずつと…籠手とかの防具はと…うん大丈夫そうだ」
確認するし準備が出来たと思うと、マスターが声をあげる。
「見えたぞ!敵だ!」



「生きて世界を見て廻る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く