抜かない私と抜けない僕

下の蠍

抜かない私3

ようやくお昼ご飯だ
着ぐるみのおかげで席取りに巻き込まれなかった
それに前に襲ってきたあの人も謝ってくれたしなんだかんだで「えー生徒会からお知らせです。昼放課ビラ配りがあるので配りたい生徒は第1会議室前まで、席持ちは強制参加です。初お披露目ですが席が欲しい生徒はビラ配り終了後挑んでみてはいかがでしょうか。以上生徒会でした」
え……行かなきゃ行けないの
急いでお昼ご飯を食べ終わると
「あ、ごめんね私ビラ配り手伝ってくる」
「せつちゃんいい子だもんね!ガンバだよ!」
と友達に告げかけだした
私は着ぐるみを着る分早く行かないと
今回も一番乗り
着ぐるみに着替えて会議室前に行くとまだ数名しかいなかった
そんななか生徒会長に席持ちは呼ばれてそれぞれ1と13で2と12で3と11で4と10で5と9と7と8のペアとなり配ってこいって言われた
私はあの人とか……でも改心したぽいから大丈夫!だよね?
時間になったのかみんなにビラの束が渡された
内容は席持ちの前回撮った顔写真とそれぞれ学校内で起きたニュース?があった
ビラってより新聞じゃないのかな…
と思いながらもビラを受け取ろうとしたら
バサッ
うん、着ぐるみでしかも手がクマだし
あの人が全部拾って「僕配るからみんなに手でもふって印象作りしといてください」
って言われた
なんか用済みだ!って言われた気分
チョイチョイ
「がぅ?」
あの人が手招きしてきた
あ、そうだもう配り始めてるのか
慌てて横に並んで手をふりはじめた
ビラが半分くらいになった頃
不意に殺気を感じて振り向くと刀を持った少年が斬りかかってきた
慌てて後ろに下がった
ガゥルゥガァッガルル!ビラ配り終わった後にしてくたざい!
「あの、魔学クマさん?ボイチェンが」
は!しまったどうしよ
「ここは僕に任せてください」
え……まぁでも強いよね?
「がぅ!」
グッドの形を作って向けた
これなら伝わるよね?
「了解を得たし、生徒会のルールに則りこちらは"善の者としてそちらを罰します"」
「はぁ?13席倒しても俺はなぁその席要らねぇんだよ!下がれ!!!!」
あちゃー自分は誰より強いと思ってる感じの子かな
「ええ、確かに僕は弱い。しかし君に負ける程ではない!!」
「はぁ!?てめぇ噂じゃ女子襲って刀取り上げられたとかだっけ?挙句の果て戦う事も許されずそれで13席プップップッ」
めちゃくちゃ煽られてますね…
でも戦う事が許されてなくてどうやっ
あっ罰しますがそれか
なら私は見てるだけで大丈夫だよね?
でも周りが若干あの人を笑ってるのは気に食わない
確かに悪い事したけど謝った
せめて周りになんか言えれば
う〜ん…あ!声変えるのを切って言えば
いやそれじゃバレる
スマホで適当に声変えれるアプリ確か
よしこれで1番上にあるやつでいっか
「おい!13席はその子にちゃんと謝ったんだぞ。それにただの勘違いだっただけでその子も逃げきれて襲われた、まではいってない!!」
わお、めっちゃ爽やか系しかも男性
周りが静かになっちゃったよ
「俺はなぁ13席の奴が嫌いじゃねぇ!だから金輪際そいつをバカにした人は俺をバカにしたのと同じと思え!」
え、私何言ってるの!
恥ずかしくなってきた
「1席の人かっこいいーー」
誰かの掛け声と共にキャーって悲鳴が飛び交った
そんなに決まってたの?恥ずかしくなってきたよ
「お、おおおお前ら!コケにしやがって!俺を舐めるなァァあ!」
さっきの少年があの人に向かってキレてた
多分私が13席いい人だった雰囲気出したから?
「だいたい!なんでこんなやつが席持ちになれたんだ!俺だって苦労して……」
「お前なんか居なくなれ!」
すごい剣幕で襲いかかって行ったよ
「あまり騒がないでくださいこちらは仕事中ですよ」
刀の刃先を無理矢理掴むとそのまま引き剥がして刀を捨てた
すごい、刀を素手で
「この程度ですか今回は1度目で被害も無いので注意で終わりですが次は無いですよ?」
「お、覚えてとけーー」
私が戦ってたら多分無傷で終わらせれないだろな……
「魔学クマさん終わりました、ビラ配り続けましょう」
「ガゥ!」
すぐに切り変わったよ
なんかやっぱり私用済み?




「抜かない私と抜けない僕」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く