話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

抜かない私と抜けない僕

下の蠍

抜かない私2

今日お昼の放送で呼び出しが来た
席取り?とかなんとかの第1席に任命されましたって
席取りって言うのに学校にはいる時に
他の人には教えれない情報をいう時に呼び出す為に書いてくださいと言われた偽名で呼ぶなんて、
取り合いするとか言ってた意味が無いじゃん
でも偽名ぽい名前は13席だっけあったけど
数人だけみたいだね
あ、着いた
ここみたいだね大きな扉
えっと開けていいのかな?
魔学クマ私の偽名……ようやく来たか」
「あ、貴女は?」
変な人に声かけられたよ
「私は副会長の入野江 愛澄だ、えっと君は確か正体がバレてはいけない人だったなだから、そう隣の控え室に着ぐるみがあるそれでも着ておけ」
「あ、えっとはい」
すごく怖い人だったな……えっと確か着ぐるみだっけ
ガチャ
あった、えっとクマ……え?!!
クマ?私の好きな作品の魔導戦士クマさん
の着ぐるみだ
これ着ればいいのね
えっととりあえず隣りの部屋に行きますか
ギィィィ
ひっ勝手に開いた
「あら、魔学クマさんが1番最後よ」
お誕生日席に座ってる天然ぽい子が入ってそうそうに声をかけてきたよ、どう返そ
ガゥガゥルルガァーすいません遅れました
ほぇ?
もしかして声が変換されてる??
「素直でいい子ね、とりあえず席に着きなさい?えっと1席は私の斜め前ね」
みんな黙り込んで座ってるなー
もしかしてテンション高い私がおかしい?
「じゃ皆さんが席にちゅい……」
カァァってなった、ほんとになるんだ
さっきの子顔真っ赤
「やっぱ私には無理だぅぅぅ!」
突然隣りに立ってる副会長にすがりはじめたよ!
「では、私の方から説明します。昨日で最後の席13席が埋まったので招集をかけました、集まるのが初めての方もいるので詳しく教えますが、今回新たに埋まった席は1席7席8席そして13席です」
7席の人はヘェービィーの着ぐるみ
この人も知られたくない人なのかな
8席の人は普通の学ラン
13席は……私をしつこくおってきた変な人だ!
あの人実力者だったの……
「であるから6席は以降も空席となる」
あ、聞きそびれた
「では最後にそれぞれ個人の写真を撮り学校内に掲示する。尚席取り開始は明日から、では解散」
席取りって、今の席の人の写真見て
探して挑んで倒して座るって聞いたけど
着ぐるみ来てる人達は探せなくない??
もしかして空席なのを隠すため?よくわかんないけどまぁーいっか


「抜かない私と抜けない僕」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く