話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自由気ままな最強パーティ!

水無月空

五十六話 最終決戦に向けて



「ねぇ、佑くん。一人で魔王を倒そうとしてるでしょ?」
「えっ。いや・・・、その。」
 何故、バレた?!
「最近、珍しく佑くんが幹部を一人ずつ倒してるでしょ?
 いつもの佑くんならみんなで一気にゴリ押すでしょ。」
「まぁ、そういう気分だったんだよ。」
「嘘つかないで。みんなわかってるよ。」
 止めてくれ。とは言えない。
 ミークも心配してくれているんだ。
「だって、この前ルナちゃんついてきたでしょう?」
 そうだった。確かに変な理由でついてきた。
「もう、みんな知ってるから。ね?
 いつもみたく、ゴリ押しちゃおうよ!」


 はい。ミークには勝てませんでした。
 前にもこんな感じで説得された覚えがある。
 この旅に出た理由もこんなんだった気がする。


「よっしゃぁ、行くぞ手前ぇら!」
 はい、目前に魔王城。
「ポストに投函!逃げろぉ。」
 ダッシュ。これは逃げではない、戦略的撤退だぁ。
 手紙に書いた内容はこうだ。
『拝啓、親愛なる魔王様。この度は全力で叩き潰します。
 準備させてあげるので味方を全員呼び戻した方がいいですよ。
 さもなくば世界最強で国王たる俺様直々ぶっ殺しちゃうぞっ☆
 あ、こちらは手加減して差し上げるので(笑)


 追伸 準備期間は1週間とします。
    せいぜい余生を楽しめよ☆ 
                最強たる国王 龍園佑より』


 屋敷に帰って数秒後。
 爆笑であった、それはそれは爆笑だ。
 あろうことか魔王を全力で挑発したのだ。
 笑うしかないだろう。
「よっしゃぁ、あとは武器を揃えてゴリ押すだけ!」
 天叢雲剣は嶽に、アイギス・エクスキャリバーをルナに
 ミスティルテインはルシファー。
 グラムは俺。ミークは聖杖ユグドラシルと
 聖杖アスクレピオス。いつの間に手に入れたのかは謎だ。
 リコは鍛冶師として連れていく。
 武器が壊れたら直して貰おう。死んでもらわないために
 イージスを貸してあげよう。
 もちろん銃は一人一丁。好きなものを。
 俺はAK‐47、ミークはコルト・パイソン(炸裂弾)。
 ルナはUZI、嶽はL96A1(俗にいうサイレント・アサシン)。
 ルシファーは
「そんなものいらないわぁ。」
 と押し返された。なのでリコに二丁。
 リコにはバレットM82とMP7。
 俺の財布はすでに風前の灯火である。
 ていうか、国の予算を少し借りた。
 もちろん生きて帰って、返す予定である。
「よし、おやすみなさぁい!」
「「「「「おやすみぃぃぃ!!!」」」」」
 俺らは最終決戦となるであろう日のために休息をとることにした。


「ふっふっふ、おもしろいじゃないか。龍園佑。
 我らだけが敵だと思うなよ。あの方が我らの後ろに控えているのだから。」

「自由気ままな最強パーティ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く