話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自由気ままな最強パーティ!

水無月空

四十一話 ストレス発散は大切だ!

「今日こそは、ちゃんと仕事をしてください!」
 最近、遊びすぎた。仕事をサボっていたわけではない。
 滞っていただけである。
「すみません!仕事しますから。」
 怒らないでぇぇ~!と叫びながら執務室に戻った。


「仕事がやっと半分終わった!」
 めんどくさいなぁ。 
 そうだ!こっそりならバレないさ!
 俺って、まじ天才。


「ふぅ、何とか逃げ出せた!」
 近衛兵はすでに全員眠ってもらった。
 音もなく、すばやく、丁寧に気絶させる
 これが、抜けだすときのコツである。
 俺は、夕暮れの空の下、走った。


「ストレス発散にクエストを1つ受けるか。」
 ふむ、スライム・アンデット・キメラのどれかか。
 どうするかな。ん?このクエストなんだ?
 1枚だけ他のクエスト用紙に埋もれていた。
 なんと!素晴らしいクエストだ!


 俺は、ソロでクエストを受けた。
 なんと、討伐するのは
 超超級モンスターのルティーヤーである。
 ルティーヤーはバハムートとも呼ばれている。
 そいつはプラチナの色をした身体に
 ミスリルよりも堅い爪と牙。
 それに超が2つあるほど討伐難度が高いのには
 訳がある。Lvは170と高いのだがそれ以外にも
 特別な能力であるのだ。
 対象の動きを停滞させるらしい。
 だから、どれだけはやく動けても意味がない。
 俺とは相性が悪いのだが、2周目のLv153の俺が
 どれだけ通用するのか。気になるところだ。


 ここは、バハムートの巣。
 半径1㎞くらいの円状になっている。
 目の前に、情報と同じ竜がいる。
 想像よりも遥かに大きい。
「こりゃぁ、国王の俺が直々に倒さねぇとなぁ。」
 国民に倒させるのはすごく危ない。
 俺がしっかりと倒さねば。


 戦闘開始!
「バルォォォォオ」
 耳をつんざくような大声。
「うるせぇ!」
 右の拳を突き出す。
 うひょぉ!こわっ。牙が掠めたよ!
 しかし、俺の右拳はしっかりと鼻っ柱に命中。
「いってぇ!?」
 忘れていた。こいつはけっこう堅い鱗もあるんだった。
 じゃぁ、異能発動!
 拳と背中に能力を発動。
 眼球に一つ、左拳をめり込ませる。
 と、イメージしたのだが。虚しく空をきる。
 これは、バハムートの能力か。
 やつは、俺の背後を取り、噛みつこうとしてくる。
「リヒト!」
 ぎりぎり間に合った詠唱。
 瞬時に閃光が視界を覆う。
 危ない、死ぬとこだった。
『ソロモンの鍵』
 落下のエネルギーを上に向ける。
 これで、浮くことができる。
 相手の垂直抗力を逆向きにする。
 さすがに潰れはしないようだ。
 圧縮強化に圧縮強化を重ねる。
 それにソロモンの力を重ねがける。
 高速移動して、音速を簡単に超えた速度の
 一撃。それに、数発殴る。
 連撃必殺。
「———ーーーー--‐‐」
 悲鳴にもならない声をまき散らして
 バハムートは経験値に変わった。
 最後の声は俺に対する呪詛の言葉だろうか?
 まぁ、知ったことではないが。
 ありがとう、経験値になってくれて。


 いいストレス発散になったと思ったのだが、
 城に帰ってから、ミークにこっぴどく叱られ、
 執務室でミークと缶詰て仕事することになった。

「自由気ままな最強パーティ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く