話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自由気ままな最強パーティ!

水無月空

十八話 妹参戦!そして新たな問題

今日は、妹を連れてミークとルナの
 この3人で討伐クエストに来ている。
 嶽は、気を利かせてやるとか言いながら
 どっか、出かけていきやがった。
 嫌な仕事を押し付けて逃げたんじゃないかよ。
「お兄ちゃん、今日ってなんの討伐何ですか?」
「あぁ、今日はデビル種の群れだよ。」
 はっきり言って今の俺らからしたら余裕だ。
「愛音ちゃん、あれがデビル種よ。
 あいつらは基本的に群れで活動していて
 淫魔とか、大悪魔系とか小悪魔系、吸血鬼もその部類ね。」
「へぇ、そうなんですか。」
 ミークは愛音と仲良かったよな。
 ちょっぴりぎくしゃくしてるか?
「あっ、索敵範囲に入りましたよ。
 数は30とちょっとです、目の前の坂の下です。目視距離まであと5秒。」
「カウントダウンは無しで、ミークは魔法の準備。
 愛音は能力の準備、ルナはカウンター&ミークの護衛な。」
 愛音の能力は、簡単に言うと速度の累積だ。
 動きを止めないかぎりスピードが上がり続ける。
 そして、この能力のいいところは攻撃力も多少上がる。
 スピード×重さ+α=攻撃力がこの世の摂理だ。
 スピードが上がれば必然的に上がる。
「目視距離、入ります!」
 15体くらいが目視できた瞬間一斉に飛び掛かる。
 俺は4秒間の圧縮を左手と右足に集中させ、強化する。
 敵の5体にまとめて腹パンする。その後坂の下にいる
 3体の腹を抜き手で貫通しながら進む。
 後ろではミークの範囲魔法が敵を焼き尽くし、
 愛音が10体くらいをまとめて相手をし、
 ミークに攻撃しようとするやつらをルナが
 カウンターからの追撃でぶっ飛ばす。
 全部の悪魔を倒すのに5秒とかからなかった。
「どうだ?愛音。これが俺らのパーティだ。」
「すごいです!さすがお兄ちゃんです!」
 すごいのは俺じゃないけどな。
「私、もっと強くなって役に立ちたいです。」
 少ししょんぼりしているけど、お前が二番目倒してるぞ?


 家に戻り、俺らは気付いてしまった。
「ちょっと!部屋がもうねぇ。」
 物置は蜘蛛の巣と無駄に多い骨董品とかで埋まっている。
「あ、私はお兄ちゃんの部屋でいいですよ?」
 はにかみながら言った。頬を染めるな。
「あぁ、別にいいぞ。久しぶりに2人で寝るな。」
「「えぇぇぇぇぇえ!?」」
「またか。」
 ルナとミークは驚愕と羨望のこもった声で叫び、
 嶽は呆れたため息を出す。

「自由気ままな最強パーティ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く