話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自由気ままな最強パーティ!

水無月空

十四話 あぁ、俺は死んでしまうのか

 先に結果だけ言おう。
 あのロリショタは先程の面影なんてない化け物となった。
 そして味方は最初の10分の1ほどになっている。ヤバい。
 不幸中の幸いというか俺らのパーティは生き延びている。
「おいっ、膝潰せぇ!」
「わかったわ、インフェルノ(×3)」
 連続詠唱で膝を一点集中で攻撃していく。
 よっしゃ、跪いた。そこを嶽が影で動きを縛る。
 必殺のアウトレイジ・バースト。今日3度目だ。
 それでも未だに倒せていない。
「佑くん、圧縮強化って1か所だけに発動できる?」
「あ?あぁ、出来ると思うが、やったことねぇ!」
「私の魔法に合わせて、嶽くん動き止めてて。」
 ミークがあの魔法を発動させる。魔力が胎動し、
 周囲の空気が震えている。あれを圧縮して1点に集めろと・・・?
 ヤってやろうじゃねぇか!
「パンゲア・インフェルノ」
「アウトレイジ・ストリングス」
 同時に能力を発動させる。
 超特大のマグマの塊が圧縮され、白く光る小さな光。
 敵に命中する。瞬間嶽が力尽きる。
 当たった瞬間圧縮していた力を開放する。
 圧縮した時間は4秒。元の16倍だ。
 敵は、マグマの塊に飲み込まれる。
 初めての合わせ技だ、中で敵はもがいてる。
「もう一回!シヴァ・インパクト。」
「アウトレイジ・ストリングス」
 隕石が降ってくるには時間が少しかかる。約8秒。
 俺らの全力を、敵に向かって叩き込む。
 隕石が小さい塊となって敵の頭に命中。
 マグマと合わさる。この瞬間はとんでもないエネルギーが
 生まれ、すべて敵だけに加わる。
「これで、終わりだ。終わってくれ!」
 だが、敵は手に持っていた戦斧を俺めがけて投げてくる。
 即座に俺はよける。ことができなかった。
 すでに身体は限界を迎えていたのか。
 あぁ、死ぬのかな。走馬灯ってこれか。
 今までの思い出が、脳内で一気に再生される。
 ここで俺の意識は途絶えた。

「自由気ままな最強パーティ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く