話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自由気ままな最強パーティ!

水無月空

十二話 偵察前道中

偵察のため街から出たのはいいが。暇だ!することがない。最初のうちは話をしていたが
 だんだんと会話が減って今は、無言の中俺らは馬車で揺られている。
「な、なぁ。次の街についたらなんか暇つぶしになるもの買わねぇか?」
「そ、そうね!トランプとか、UNOとか佑くんとか!」
 ん?最後におかしいの入ってなかったか?まぁ、気のせいか。
「そうですね。なんか買いましょう!」
「ZZZZ・・・。」
 嶽、寝てる・・・だと?!すげぇ。こんなガタガタしたとこで寝られるなんて。
「次の街まではあと15分くらいか?それまで我慢しようぜ。」
「そ、そうね。あと15分の辛抱ね。」
 とりあえず、俺らは暇をつぶすために今回の偵察の作戦を立てた。
 順序はこうだ。まず、俺らはミークに隠蔽魔法をかけてもらう。
 その後、遠距離から記録結晶で情報を手に入れる。そのあとはミークの魔法に嶽の影縛りや、
 俺の物理攻撃が効くかを調べ、敵の行動の仕方を観察する。
 この作戦が一番いいと思う。
「街についた!はやく遊び道具買おうぜ。」
 俺らは、遊び道具を買い込み馬車に乗り込んだ。
 買ったものは、トランプに人生ゲーム、チェスに将棋だ。これは何か賭けて勝負するしかない。
「賭けゲームする奴挙手!」
「「「はーい!!!」」」
 全員だな。俺らの賭けの対象は金だ。こういうゲームは俺の独壇場だろ。
「さぁ、お前ら俺に金をよこしやがれぇ。」


 それから、俺はめっちゃくちゃに負けた。な、なんで?!
「佑くんってゲームそんな弱かったけ?」
「そんなわけねぇよ!引きが最高に悪かったんだよ。」
 UNOでは、リターンと数字のカードが永遠と出てきた。
 そして、みんなが常に+2のカードを持っていて俺にぶつけてきやがった。
 トランプはババ抜きをしたんだが、見事にババが残っていく。
「佑は、日ごろの行いが悪いからな。魔王でもあんなオーバーキルはしないだろう。」
 いや、そんなことは・・・たまにあるけど!
「そうよ!鈍感とか鈍感とかね。」
「なんだよ、俺のどこが鈍感なんだよ。女子からの好意なんて気付くぜ?だって嬉しすぎるもんな。」
「そういうとこだと思いますよ?」
 ルナまで・・・。俺はそんなに鈍感じゃないのに。たぶん。
「ってか、もうすぐ馬車を降りて徒歩で偵察に行くから準備しろよ。」
「「ハーイ。」」
「了解だ。」
 どんな奴らが邪神なんだろうな。
 俺は少しだけ覚悟を決めこの楽しいパーティを眺めた。
 

「自由気ままな最強パーティ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く