話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

牧之原智花は人を殺さない

もやもや

13

死神界に到着すると、すでに熊野と数人の幹部と思える死神が待っていた。
「来たか。もうそろそろ、アルステリア担当の死神が来るはずだ。智花、君にはこれからくる死神の後を継いでもらう。だが君の場合は体質的に人の魂を取ることはできない。だから、これまで通りのやり方でいい」
白い壁にぽっかりと不自然にできた穴。先は真っ暗で何も分からない。遠く真っ暗な先から走ってくるような足音が聞こえてきた。
 そして――「よっと」
穴の中から上手に飛び降りてきた一人。十代半ばくらいの少年が現れた。
「紹介しよう。彼はクリステル・ドレーゼ。B適正だ」
B適正……死神として最も多いタイプか。
「やっとアルステリアから離れられるよ」
 智花はは大きく伸びをしているクリステルに尋ねる。
「ねぇ。アステリアってどんなところなの」
「しょっちゅう戦いばっかりしている国でさ。周りの国に戦争ばっかしかけているんよ。まーこちらとしては仕事に困ることはないんだけどさ」
「どうするの智花」
 肩の上に乗っかている毘沙門天が問いかける。
「……なんとかなるでしょ……」
 腹の底から出したつもりだったが、意外にも声が出ていないことに智花自身は驚いていた。


「牧之原智花は人を殺さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く