話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

牧之原智花は人を殺さない

もやもや

6

一週間後。死神長である熊野から連絡があった。一日のノルマを終え、昼食を食べ。
「さあ寝ようか」と思うときだった。
熊野からの連絡は至急死神界に来るようにとのことだった。明日ではダメですか。と返したがすぐに来いとのことだった。智花は渋々承諾し、死神界に行くことにした。

一か月に一回のはずなのだが、どういうことだろうか。智花は頭をひねった。

顔を洗いに洗面所に行くと鏡の前には魔物に変わった智花の姿があった。熊野は智花自身が四つの種族に変わることを知らない。今の自分の姿を見てどう思うだろうか。
 智花はがっくりと肩を落とした。
肌の色は緑色。口は大きく裂け、口の中に入りきらないため常に出しっぱなしになっている舌。目はうつろで見ただけでは眠っているのか起きているのか分からないほどの瞳。

 先ほどまで人間だった自分が正直信じられなかった。智花は自分の姿を鏡で見て嘆いた。あああ……どうしてこんなときに。
 鏡の前で大きくため息をつき、ぐぅぐぅ眠っている毘沙門天を横目に智花はアパートを出た。

「牧之原智花は人を殺さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く