話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

屋根裏の吸血少女は騙してる

べるりおん

大切なモノ




「さて。冒険者なんて危険なことしないで、平和に暮らせる方法でも探すかね……」

 そんなことを呟きながら足を動かした時だった――

「しゅ……俊輔には……手を……出さない…………で…………私はどうなってもいい……から」
「お前まだ話せるのか。本当にすごいな! ……ロニー。とどめを刺せ」

――ドクンッ

 また嫌な心臓の音だ。

 やめろ。やめろ! やめろ!!!

 もう聞きたくない!

 弱々しくなったリリス。それでも俺の事を考えてくれている。

 なんであそこまで俺の事を!

 意味がわからない! と頭を振りながら、さっさとこの場をあとにしようとした時。

 頭の中に、聞き覚えのない女性の声が響いた――

(自分で胸に手を当てて考えてみなさい? 本当にあなたは助けたくないの? 彼女を見捨てるの?)

 ちっ! やめろよ! 俺はアイツなんかどうでもいい! 興味もない! 自分が助かればそれでいいんだよ!!! 俺は最低な人間なんだよ!!!!

(では、何故あなたはここに居るの?)

 くっ!!!!

(助けたいと思ったから、死にものぐるいで走った。辛くてさっさと逃げ出したい。そう思いながらもあなたは足を動かし続けた。それが動かぬ証拠ではないですか?)

 うるさい! 関係ない。だいたいあいつと俺はなんの関係も――

(本当ですか? この半年。何も無かったのですか?)

 半年――

 俺の脳裏に、リリスとの思い出がフラッシュバックされる。

 初めてじゃがいもに似た植物が発芽した時――

 あぁ俺、笑ってたわ……。

 一緒にご飯を食べてた時に、お肉が食べたい! とリリスが駄々を捏ねた時――

 あぁ、やめろと言いながら笑っていたのは俺か……。

 一緒に探索に行った時、リリスが転んで泣きついてきた時――

 本当お前は馬鹿だなと笑っていたのは俺か……。

 あぁ……何もかも…………。



――元の世界では味わえないものじゃないか。



 俺は友達もいない。親もいない。真司という空想キャラを立ちあげるくらい、俺は1人だ……。


 そうか。俺は……。




――恵まれていたんだな。



 俺は立ち止まり、リリスの方を向く、

「あぁ、しょうがない。今回は俺も一緒に死ぬとするか……。もうあの時みたいに一人で死なせない。……俺も死んでやる」

 俺は置いていた鎌を手に取り、聖剣持ちの男に向かって足を進める。

「あぁ。大丈夫。上手くいく。一人で死なせない。俺はもう失いたくない。失いたくないから得ようとしなかったんだ……リリス、お前はもう俺の大切な人……絶対に……絶対に俺の前から消させない!!」

 俺は鎌を思いっきり聖剣持ちに投げつけ、

「俺のリリスに、手ぇ出すんじゃねぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!」
「なに!?」
「……しゅん……すけ?」

 何をしたらいいのかなんて分からない。ただ気づいたら、


(それでいいのよ、あなたは私達に見守られている。だから大丈夫。思いっきり暴れなさい――)


――体が操られるかのように動いていたんだ。




 

 






 


「屋根裏の吸血少女は騙してる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く