姉さん(神)に育てられ、異世界で無双することになりました

トキノサエズリ

これってハーレム

「いやぁ、ごめんね。御飯までご馳走になっちゃって」
「いいですよ。どうせ食べきれませんし」

 ヒッポグリフを解体した。
 動物の解体は結構手馴れたものだ。昔、従姉と一緒に世界を旅して、動物の解体は何度もやらされた。
 もしかしたら、その従姉も神様だったのかもしれないな、と今になって思う。
 お金になりそうな素材はチッケが回収し、残った肉のうち持ち運べる分は燻製にすることにした。草原では難しかったけれど、この村には燃料になりそうな枯草が倉庫にあったので、そこそこ楽に作ることができた。
 まぁ、携帯食があるから食料の問題はないんだけど、ヒッポグリフの燻製肉なら町で高く売れるからって言ったためだ。
 姉ちゃんから貰った路銀は十分にあるが、今後同じような支援があるとは限らない。
 それに、組織《クラン》を作るとなると、やはりお金が必要だと思う。
 異世界βからの侵略者を退治して元の世界に戻るだけだと思っていたけど、これは思っている以上に大変そうだ。
 そういえば、異世界βからの侵略者って、この世界ではどういう立ち位置なんだろう?
 別の世界とかって認識あるのかな。
 
「なぁ、チッケ。それにマクリラさん。聞きたいことがあるんだけど」
「なんだい、師匠」
「あたしのことはマクリラでいいよ。敬語もいらない。なに? 坊や」
「この世界以外の世界って知っていますか?」
「この世界以外の世界か……魔界とか、精霊界とか、竜界、あと冥界か?」
 チッケがスラスラと名前を上げる。
「待て待て、そんなにいっぱいあるの?」
「あるっていっても、実際に見たことがある人はいないんだけどね」
 マクリラが言った。
「召喚魔法っていう異世界から何かを召喚する魔法があって。たとえば悪魔は魔界。精霊は精霊界。ドラゴンは竜界。不死生物《アンデッド》は冥界から召喚されているっていう説があるの。実際、力がある悪魔、精霊、ドラゴン、不死生物《アンデッド》は言葉をしゃべることができるから、そういう世界があるのは確かだね」
 召喚魔法……か。
 異世界βはもともとこの世界に召喚されたって姉ちゃんが言っていた。
 だとするのなら、その四種族のうちのどれか、もしくは複数が異世界βからの侵略者ってことになるのかな?
 名前だけで言えば怪しいのは悪魔と不死生物《アンデッド》だけど。
 でも、ここで聞いただけじゃわからないか。

「……師匠?」
「え? なに?」
「いや、師匠、怖い顔をしてたから」

 怖い顔――と言われて、俺は自分の眉間に手を当てた。
 自分では気づかなかったけど、そんな顔になっていたのか。

「ドラゴン退治や悪魔退治は冒険者にとって永遠の夢だしね。坊やがそんな顔をする理由はわかるよ」
「何言うんだ! 師匠の実力なら悪魔でもドラゴンでも一刀両断だよ!」

 何か誤解されている?
 ドラゴンや悪魔が異世界βからの侵略者と無関係だったとしたら、わざわざこっちから手を出そうとは思わないんだけど。

「じゃあ、師匠。寝ようぜ」
「あぁ……あっ!」

 俺は大切なことを失念していたことに、今更気付いた。

「どうしたんだ?」
「毛布をもう一枚買っておくの忘れた」
「なんだ、そんなことか」

 チッケは笑って、

「じゃあ、おいらと一緒に寝たらいいよ」

 と昨日と同じ提案をしてくる。
 だから、それができないから困ってるのに。

「なんだ、そんなことか。確かに、年頃の男女が一緒の布団で寝るのは問題だね」
「ええ、だから困っていて」
「なら、あたしと坊やが一緒に寝ればいいよ。うん、昔から弟が欲しかったんだよね。冒険者ってムサイ男ばっかりでさ」

 マクリラが毛布を取り出して言った。
 なんでそうなるんだよっ!

「ダメだ、師匠はおいらと寝るんだ」
「それは保護者として認められないね」
「今日会ったばかりなのに誰が保護者だよっ!」

 いったい、なに、この状況。
 なんでこんなことになってるんだ?

 もしかして、これがハーレムっていうやつか?

 結局、チッケとマクリラが同じ毛布で寝て、俺がひとりで寝ることで決着がついた。
 ……それでも、同じ納屋の中で寝るとなると、緊張するんだよな……。

 チッケとマクリラの寝息を聞きながら思った。
 これが姉ちゃんの寝息だったら全然気にならないのに。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
神奈「あぁ……いまごろてんちゃん寝てるのかなぁ。お姉ちゃんも一緒の部屋で寝たいなぁ……うずうず」


「姉さん(神)に育てられ、異世界で無双することになりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く