姉さん(神)に育てられ、異世界で無双することになりました

トキノサエズリ

魔物との戦い

 グリフォンーーその獅子の下半身と鷲の上半身――つまり、獣と鳥の王が融合した架空の生物。
 地球ではそう言われていた。
 しかし、ここでは架空の生物ではなく、実在の魔物として存在しているというわけか。

 岩陰に隠れるも、グリフォンの気配はまっすぐこちらに向かってくる。
 慌て、恐怖し、絶望するチッケとは裏腹に、俺は冷静にさっき見たグリフォンを思い出した。
 んー、あの速度、俺が走るよりは遅いけど、それでもかなりのもの。普通の人間や馬が逃げても逃げ切ることはできないだろう。
 もっとも、俺が本気を出せば、チッケを抱えた状態でも十分に逃げられる。
「チッケ、逃げよ――」
 逃げよう。
 そう言おうとして俺は言葉を止めた。
 チッケは震えながらも、恐怖しながらも、その目には怒りの感情が篭められている気がした。
「あのグリフォンとなにかあったのか?」
「……おいらの村は、グリフォンに滅ぼされたんだ。グリフォンは一流クランが退治するような魔物だ。小さな村の男たちで対処できる魔物じゃない」
 魔物に村が滅ぼされる。
 ゲームなどではよく聞く話であるが、現実にそんな話があるのか。
「チッケ、一つ聞きたいんだけど、グリフォンを倒したら誰かに怒られるってことはないよな?」
「え? そりゃグリフォンは魔物だから、討伐対象だし、怒られるなんてことは――でも――」
「それだけ聞けば十分だ」
 俺はそう言うと、拳に力を込めた。

 この世界にいるという異世界βからの侵略者を倒そうっていうんだ。そのためには、まずはこの世界の基準を知っておかないといけない。
(大丈夫、あの速度が全力の一割程度だったとしても、俺には対処できる)

 ただ、どうやって戦おうか。
 闘気を飛ばして撃ち落とそうかとも思ったが、さっき着地するときに闘気をかなり使った。できることなら節約したい。かといって、接近戦で武器もないのはな。
 俺はそう思うと、何か武器がないか確認した。
 さっきの荷物の中には武器らしきものは入っていなかった。
「チッケ、なにか武器になるようなものはないか?」
「武器……護身用のナイフならあるけど」
「ちょっと貸してもらっていいか?」
「あ、あぁ」
 チッケが俺にナイフを渡す。
 刀身は青銅でできているらしい。あまり頑丈とはいえないが――しかし、俺の闘気を纏わせれば――
 俺は、隠れていた岩を斬りつけた。
 岩の上半分が切り裂かれ、奥に落ちた。
 岩の綺麗な断面が露わになる。
「な、おいらのナイフで岩を真っ二つに……いったいどうやって」
「よし、問題ないな」
 俺はチッケの質問には答えない。
 岩が斬られたお陰で、視界も広がる。
 グリフォンはもう目と鼻の先にまで迫っていた。
 
 俺は落ちた重さ数百キロはある岩を、円盤投げのように投げた。とほぼ同時に、俺はナイフを構えて駆け出した。
 回転しながら飛んでいく岩を避けようと、グリフォンが衝突直前に降下し、バランスを大きく崩した。
(いまだっ!)
 俺は体を大きくひねりながら跳躍し、グリフォンの上に跨るように着地する。

『KYUUUUUUっ!』

 鷹のような鳴き声をあげるグリフォンは、俺を振り落とそうと体を大きく揺するが、しかし――
「終わりだ」
 俺はさっき岩を斬ったようにグリフォンの首を切り落とし、返り血が俺にかかるよりも前にそこから飛びのいた。
 グリフォンの首が地面に落下し、十数秒後、グリフォンの首が落ちた約百メートル先に躰も激突した。
 よかった。
 勝てるとは思っていたけれど、思っていた以上に余裕がある。

「じゃあ、チッケ。そろそろ行こうか」
「テンシ様っ!」
 チッケが大きな声を上げた。
 あれ? さっき俺のことを呼び捨てにするって言ったのに、なぜか呼称が大仰になっている。
「いや、先生! おいらを弟子にしてくれ」
「で……でし!?」
「先生! 先生は強い強いと思っていたが、おいらが見た人間の中でもダントツだ! 頼む、おいらを弟子にしてくれ!」
「ちょ、ちょっと待って、チッケ。その先生ってやめてっ!」
「老師っ!」
「もっとやめてっ!」
 一気に敬称のランクが上がった。
 いろいろとすっ飛ばしているだろ。
 先生の次が老師ってことはないだろ!
「じゃあ、なんて呼べば!」
「……師匠……とか?」
「はい、師匠っ!」
「って、違うっ!」
 先生の次は師匠だろ、と思っていたせいで言ったけれど、俺は弟子を取るつもりはない。だって、俺は異世界βからの侵略者を倒したら地球に帰るんだから。
 最後まで責任を持つことができないのなら、弟子なんて取るべきではない。
「落ち着いてよ、チッケ」
「落ち着いてるよ。頼むよ、師匠! 師匠のためなら、おいら、なんでもするから」
「なんでもって、そんなこと言われても」
「師匠になら、おいらの初めてをやってもいい」
「だから、そんなこと言われても……ん?」
 あれ? いまおかしなこと言わなかった?
「チッケ……チッケって女の子?」
「……師匠、もしかしておいらのこと男だと思ってたの?」

 ごめんなさい。
 俺は本気で謝った。
 い、いや、口調が俺の知っているクラ・トーラス語基準では男っぽい口調だったし、てっきり可愛い男の子だなと。
 俺は拗ねるチッケを宥めた。

 結果、弟子を取るかどうかの問題は後回しになって、師匠呼びがずるずると定着してしまった。

「姉さん(神)に育てられ、異世界で無双することになりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く