姉さん(神)に育てられ、異世界で無双することになりました

トキノサエズリ

空から落下の異世界はじめ

「なんだこりゃぁぁぁぁっ!」
 俺は現在、盛大に落下中だった。
 命綱無しのバンジージャンプ? いや、パラシュート無しのスカイダイビングだ。
 普通に地面に落ちれば間違いなく死ぬ。
「闘気解放っ!」
 体全体に闘気を纏う。
 外では使わないように言われていたが、そうは言っていられない。
 これで落ちても大丈夫。死にはしない。
 そう思ったが、困った事態が起きた。
 落下地点に人影が見えたのだ。
「くっ」
 このまま落ちたらぶつかるかもしれない。
 そう思った俺は、咄嗟に闘気を両手に集め、それをそれぞれ斜め下の方向に放った。
 その力により、俺の落下方向がずれたが――それでバランスを大きく崩してしまった。
 ――ヤバイっ!
 そう口に出す暇もなく、俺は頭から地面に激突したのだった。
「いってぇ……本当にヤバかった」
 闘気の大量に放出したせいで、体を守るための闘気がぎりぎりだったのだ。あと少し闘気足りなかったらと思うとぞっとする。
 朝に首を寝違えたような状態になっていたかもしれない。
 って、そうだ。さっきの人は?
 顔を上げると、俺より年下――十歳くらいの子供が立っていた。
 よかった、無事だった……とはいかない。
 その人は、三頭の狼に囲まれている。牙をひん剥いている狼たちの食事時間という感じだ。
「待ってろ、いま助けるっ!」
 俺はそう言って足の裏に闘気を溜め、壁蹴りの時と同じように一気に解き放つ。
 一気に狼と距離を詰めると、俺は狼の腹に拳をぶつけた。
 貫かないように手加減したその拳は、狼を一頭、遥か上空へと吹き飛ばした。
 それを見た残りの狼たちは、仲間を殺された報復をすることもなく、蜘蛛の子を散らすかのように逃げていった。
 数秒後、落ちてきた狼が鈍い音を立てる。絶命しているようだ。
 咄嗟に殴っちまったけど、絶滅危惧種とかじゃないよな――と思いながら、その狼を観察する。
 日本の動物園で見た狼よりは大きいけれど、しかしそういう種族だと言われたら納得する大きさ。別に目が四つあるわけでも手が六本生えているわけでもない。
 おっと、それより人だ。怪我とかしていないだろうか?
 そう思って、俺は気付いた。
 こっちの世界の人間の言葉、俺、知らないじゃないか。
「あ…………ええっと」
 どうしたらいい? そう思ったとき、相手から声をかけてきた。
「助かったよ。ありがとう」
 その子が発した《《日本語とは異なる》》その言葉を聞いて、俺は目を見開いた。
 日本語ではないが、意味はわかったから。
「クラ・トーラス語っ!?」
 俺は、相手の言葉に合わせて――クラ・トーラス語で語りかけた。
「え? あぁ、そうだよ。どうしたの? そんな当たり前のこと」
 そりゃ驚く。
 だって、クラ・トーラス語は、俺が子供の頃から姉ちゃんに教わった言葉だったから。

『てんちゃん。うちの檀家さんには、クラ・トーラスっていう島の言葉を話す海外の人がいるから、ちゃんと覚えておこうね』

 そう言われて学んだんだ。実際、檀家として訪れるいとこの姉ちゃんが使っていた言葉だった。クラ・トーラスがどこにあるかはわからなかったけれど、まさか異世界の言葉だったなんて。
「それより、大丈夫かい? さっき、空から落ちてきたように見えたけれど」
「あ、大丈夫――」
 言いかけて、僕は気付いた。
 突然、この世界に来た僕はこの世界の情報を知らない。
 えっと、確かこういう時、記憶喪失のフリして情報を聞き出すのがセオリーなんだっけ?
 ここはひとまず「いや、今の衝撃で頭をぶつけたみたいで、記憶が……」とかなんとか言ったらいいのかな?
 そう思ったときだった。
「ところで、変なこと聞くけど、あんたがテンシさんか?」
「え? なんでそれを!?」
 記憶喪失の設定をすっかり忘れ、俺は思わず声をあげた。
「そうかそうか。おっと、自己紹介がまだだった。おいら、ギルドでポーターをやってるチッケってケチなもんさ。ここには依頼でやってきたんだ。ここにいればテンシって男がやってくるから、この荷物を届けるようにってな」
「荷物?」
 チッケから荷物を受け取る。
 その中に入っていたのは、乾パン、水の入った革の水筒。さらに小さな革袋……中身は銀貨と銅貨? さらに一枚のカード――身分証明書のようなものだろうか? 『テンシ』とこれもクラ・トーラス語で書かれている――が入っていた。さらに、封筒も入っている。
「中身を確認したら、これにサインをしてくれ。お金も確認してくれよ。あとから盗ったって言われても困るからな」
 言われた通り、紙に書かれた一覧と荷物を比べる。問題はないようなので、サインをした。もちろん、クラ・トーラス語で。
「えっと、これ、誰に届けるように言われたんですか?」
「依頼人は匿名だったよ? ただ、珍しくおいらへの指名依頼でさ。いやぁ、現場に来ても誰もいないし、狼に襲われた時はこんな仕事受けるんじゃなかったって思ったけど、無事に届けられてよかったよ。あとはテンシさんを町まで送ったらおいらの仕事は終了だ」
 チッケがそう言ったときだった。
 俺は遠くの空を見た。
「どうしたんだ? テンシさん」
「いえ、なんでもありません」
 そうだよな、異世界だもんな。《《あれ》》も普通なんだろう。
「……テンシさん、敬語はいらないよ? おいらも敬語なんてまったくわからないからな」
「そうか? じゃあ、俺も“さん”はいらないよ」
 むしろ他の言葉がため口なせいで、敬称だけ浮いていたからな。
「そりゃ助かるよ」
 チッケはそう言うと、あっちだ! と俺を案内した。
 ちなみに、町に着くのは明日の夕方になるらしい。空から落ちてきたとき周辺に町なんてなかったが、異世界の不便さが身に染みる。
 俺一人の足だったら、数時間で到着するだろうけど、闘気をチッケに見せていいものかどうか悩むな。
 まずは、気になっていた封筒の中身を見ることにした。

【てんちゃんへ】

 その場に頽《くずお》れそうになった。いきなり日本語で書き始めたその文字は、確かめる必要もないくらいに姉ちゃんの文字だった。
 姉ちゃんの文字は癖が強いからすぐにわかる。

【いきなりこんな変な世界に行かせちゃってごめんね。せめて、てんちゃんが困らないように、信用できそうなポーターさんに、当面生活できる荷物を渡してもらうように手配したから。あと、気付いていると思うけれど、クラ・トーラスっていうのはこの世界の名前で、本当は地球にはないの。ウソをついていてごめんね。闘気はこの世界の魔法とは少し異なるから、使うときは十分に気をつけてね。魔法については、ポーターさんにギルドに案内してもらって、そこで聞いて。最後に――この世界には侵略者の他に、魔物って呼ばれる怖い動物がいるから、襲われないように注意してね】

 へぇ、魔物……ね。
 もしかして、魔物ってあいつのことなのかな。

「あわわわわわ……」

 俺は先ほど頽れるのをなんとか堪えたが、チッケはその場に尻餅をついてしまった。
 なるほど、さっき空で見つけたあれは、やはり魔物だったのか、と俺は納得する。
 獅子の体に鷲の頭を持つ動物なんて、どう見ても普通じゃないもんな。
 その魔物が空を飛び、こちらに真っすぐ向かってくる。
 この魔物の名前、聞いたことがある。
 確か……、
 
「……グリ……フォン……」

 チッケが震える声で言った。
 そう、グリフォンだ。

「姉さん(神)に育てられ、異世界で無双することになりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く