戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

打開





「……ええ!? 結局それなんですか!? それだったらあたしの言った、ただの脳筋チックな発言と一緒じゃないですか!」


「ただの脳筋ではありません。いいですか、オレが提案したのは決して、ただの脳筋作戦ではありません。むしろこれは頭を使った特こ……もとい、電撃戦なのです」


「ちょっと……なんなんですか、頭を使った電撃戦って……それにいま、特攻って言いかけませんでしたか?」


「気のせいです。貴女の提案した作戦はリアクターに単騎で突っ込んでいき、そのまま破壊するという作戦でした。しかし、オレが提案した作戦はそこの半壊しているゴミ機械を誘導し、自身諸共玉砕……もとい電撃戦する作戦です」


「電撃戦する作戦って意味が解らないし、言葉もおかしいですし……それに今、はっきりと玉砕って言いませんでしたか?」


「言いましたね」


「ひ、否定しないんですね……。というか、あたしひとりであの機械を誘導して、プロテクターを破壊して突撃するってことですよね?」


「ええ。そうですが?」


「そうですが? ……じゃなくてですね。それって、ずいぶん無茶じゃありませんか?」


「何を仰る。オレは無茶なことなど、一言も申し上げていません。そもそも、あそこのゴミ機械は負傷しているオレを敵とは見なしていません。依然、ターゲットは貴女に固定されたまま。オレがいくら注意を引こうが反応すらしないでしょう。ですが、それは裏を返せば、ターゲットが分散されるという事がない。したがって誘導すること自体、さほど難しくはないはずです」




 そこまで聞いて、あたしは改めて機械に注意を注いだ。
 たしかにあの機械たちは、今もボロボロな体を引きずって、あたしに近づこうとして来ていたが、ジョンさんの事は眼中にないようにも見える。ジョンさんの言う通り、あの速度なら誘導することは難しくないだろう。




「……けど、さっき言ってましたけど、あのリアクターに近づいたら無事じゃ済まないって――」


「問題ありません」


「も、問題ないんですか? あのエネルギー体ですよ?」


「ええ。問題ありませんとも。たしかに近づけば無事じゃ済みないとは言いましたが、それは生身での話です」


「あ、なるほど。じゃあ何か身を守るような装備が――」


「ありません」


「……はい?」


「そんな便利なもの、ここにはありませんよ」


「あ、あの、あたしをバカにして……るんですか……?」


「なに、オレが言った『問題ない』という意味は死ぬ危険性はそこまでないという事ですよ。まあ、運が良くても肌が焼けただれることにはなるでしょうが……」


「それ、全然大丈夫じゃありませんよね!? それも運が良くてって……」




 「問題ありません」からの落差に思わず突っかかってしまったけど、考えてみればこの状況だ。四の五の言っている暇なんてないと思う。運が良くて肌が焼けただれる……ということは勿論、最悪命の保証はないということだろう。でも、それでもあたしの命ひとつで皆を……おにいちゃんを救うことが出来るんだ。
 やるしかない。
 やらなきゃいけない。
 あたしは自分にそう言い聞かせると――




「おやおや、これは驚いた。この期に及んで、まだご自身の心配をなされるのですね」


「……はい?」


「お仲間を助けたい。……しかし、自分は傷つきたくない。このような状況でまだ、あまいことを考えているとは……。正直、オレは貴女を買いかぶっていたようだ」


「いや、あの、べつにあたしは――」


「いい加減、覚悟を決めてください。取捨選択をしてください。貴女の進むべき道はそんな生易しいものではないでしょう?」


「そ、そうですけど……!」


「なら、答えはひとつしかないのではないですか?」


「むぅ……!」




 モタついていたあたしも悪いけど、決心していた事についてアレコレ言われると、逆にやる気がなくな……って、だめだめ。こうやって、この変人と問答しているだけ時間の無駄だ。あの人は適宜無視しておかないと!
 あたしは再度自分に言い聞かせると、リアクターに意識を向けた。




「………………」




 リヒトの心臓。
 ずっと見ていると失明してしまいそうな光量。この距離からでも肌をチリチリと焼くほどの熱量。
 そんなリアクターの周囲をぐるぐると周っているプロテクター。
 どれほど硬いものかもわからないし、どんな材質で出来ているかもわからない。
 そもそも、あたしの攻撃射程範囲まで近づけるのかどうかも怪しい。
 見れば見るほど、感じれば感じるほど、アレ・・を壊せるイメージがわいてこない。
 あたしの見様見真似な魔法ではたぶん傷ひとつつけられないだろう。とはいっても、ここで悩んでいても何も始まらない。ここはやっぱり、玉砕覚悟でぶつかるしかない。
 大丈夫。
 あの人ジョンさんは変人とはいっても、打算なしで無茶をいう性質じゃないと思う。それに、唯一戦えるあたしを、むざむざ戦えなくするリスクを取るとも思えない。
 やっぱりこれは、何か考えがあっての作戦なのだろう。




「よし!」




 あたしは二、三度自分の頬を両手で叩き、改めて気合いを入れ直した。
 現在のあたしと機械との距離は……無駄な雑談をしていたせいでそれほどない。プロテクターを破壊する……つまり、剣を振れるチャンスはほんの数回といったところ。手早くプロテクターを破壊し、あの機械たちをリアクター内に押し込む。
 それがあたしの仕事だ。
 ぎゅ……と、剣の柄を握り直すと、あたしはリアクターめがけて駆けだした。
 一歩一歩、脚を前へ踏み出すたびに肌への刺激が強くなる。
 ピリピリからバチバチへ、バチバチからジリジリヘ。
 リアクターが発していた『近づくな』という警告は、既に、あたしの肌を焦がしにかかっていた。
 リアクターの発しているエネルギーは、あたしの想像の何倍もの出力で異分子あたしを排除しにかかっていた。
 しばらくすると焦げ臭いような、生臭いような、なんとも言えない不快な臭いがあたしの鼻孔に纏わりついてきた。
 焼けているのだろう。
 あたし自身が。
 しかし、それでもなお、あたしは脚を止めなかった。
 止められなかった。
 止めたほうが何倍も楽だけど、あたしは決して止まらなかった。
 もし、ここで止めてしまえば、一生動かなくなってしまうと思ったから……もしくはあたしの迂闊な行為で、おにいちゃんに怪我をさせてしまった事への、せめてもの罪滅ぼしか……。
 冷静さを取り戻していた時とは打って変わって、もう、あたしの頭の中はぐちゃぐちゃになっていた。




「はっ……は……くぅ……は……っ!!」




 息が上がり、魚のように必死に酸素を取り込もうとしているけど、息を吸うたび、肺が焼けるほどの熱気が体内を侵す。
 かろうじて、あたしの目がプロテクターを捉えた頃には、すでに酸欠と火傷などで頭が回らなくなってきていた。
 しっかりしなきゃ。
 あとはこのプロテクターを破壊するだけ。
『本当に壊せるのだろうか』
 もはや、そんな悠長な考えは頭の中になく、あたしはありったけの力を振り絞ると、剣を振りかぶり、思い切りプロテクターに叩きつけた・・・・・
 力づく。
 技術も練度も思考もない、ただの執念による一撃。
 しかし、その一撃が、プロテクターをまるでガラスのように粉々に粉砕した。
 あとは機械を誘導するだけ……なんだけど、正直、意識を保つ事すら困難になってきている。
 長い間光を見続けていたせいか、プロテクターを破壊したところですでに視界は何も捉えられなくなっていた。
 痛覚も規定値に達してしまったのか、あれほど熱く、痛く、燃えるような感覚もなにも感じなくなっていた。
 ……ダメ……だ。
 意識を……はっき……り……と保……――

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く