戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

拉致監禁



「いーやー! 落ちるゥゥゥゥゥ!! こんなところで死にたくなァーい!」


「大丈夫だよ、おにいちゃん。あたしがこうやって手を握ってあげるからね」


「余計コワーーーーーーーーーーーーい!」


「く、こりゃあ、すげえ攻撃だ……! まるで、スコールじゃねえか! 油断してると、すぐに地上に落とされちまうぜ!」


「親方! 魔動力源損傷! 『れーざー』の被弾によるものです!」


「壊れてねンだろ? 損傷だろうが! なんてこたぁねェ!」


「なんてこともありますよ! 右舷も左舷ももう大破してんす! いまこの船は舵が効かない! 動力供給がなくなればそのまま墜落ですぜ!」


「ユウト! 聞こえてるか!? 頼む、魔動力炉の隔壁に付与魔法をかけてきてくれ!」


「死ぬゥゥゥゥ!! 降ろしてェェ!!」


「そ、そうだった……! ユウトはロープでがんじがらめにしてたんだった!」




 俺はいま、視界を布で覆われ、手足をロープで縛られ、飛行船の床にぞんざいに転がっていた。
 さきほどから小規模な爆発音が度々聞こえてくるが、だれもなにも、俺に説明してくれない。
 ユウに訊いても、専門的知識がないあいつは『あの……爆発したよ』とか『えと……、爆発したかも』しか言わない。
 それが余計、俺の恐怖心を煽っている。
 さらに、床に転がっているという事もあり、俺はさきほどから、天上なのか壁なのか、なんだかよくわからないものに、何度も打ち付けられていた。
 全身が痛い。
 泣きそう。
 帰りたい。
 けど、アーニャちゃんには会いたい。
 なんでこんなことになった……!?
 ――事の発端は、いまから数分前に遡る。




 ◇




「――ふぅ、こんなもんだろ。どうだい、嬢ちゃん?」


「ありがとう。これならネトリールへ行ける。ところで、クロガネさん。さっきまでなにを……?」


「ん? ああ、もしものときの保険だよ。使わねェ事に越したことはねえが……。ま、今はそんな気にする必要ねえさ。いまはこの新生飛行船の誕生を喜ぼうじゃねえか」


「……そうだな。改めてありがとう」


「よせやい。これぁ、俺のためでもあるんだぜ」




 俺たちは大会議場から場所を移して、クロガネさん所有の工房へとやってきていた。
 目の前には、耐熱やら耐衝撃やらで武装したらしい飛行船。
 どうやら、ぱっと見ではわからないが、風船部分と魔法で動く動力炉、そしてゴンドラ部分に物理的に強化を施してあるらしい。
 作業は時間にして、およそ一、二時間程度。
 というのも、本当に、必要最低限の耐久しか備わっていないらしい(技術者談)。
 あとは『いつ特攻をかけるか』だが、これはもう今すぐとのこと。
 どうやら、ネトリールのレーザーは充電期間みたいなものが必要らしく、永続的には撃ってこれないとのこと。
 事実、リカルドさんによると、ここまで一定時間砲撃と、一定時間休憩のサイクルを保っているらしい。
 さっきから語尾が『らしい』や『とのこと』で終わっているのは、俺自身が置いてけぼりだという事らしい。あの三人が話していることは、どうやら、俺にはついていけないらしいとのことらしい。
 唯一、今わかっていることは、俺たちは今から決死の覚悟で、ネトリールに突入するということ。




「さて、善は急げだ。俺たちも乗り込むゼ、バカ弟子」


「な!? それは、待ってくれ。ネトリールに行くのは私たちだけで良い。クロガネさんを巻き込むのはさすがに――」


「いや、俺の代わりに、クロガネさんが出張るのもありじゃない……?」


「ダメだ。ユウトは来てもらうぞ。あんなに大見得切ったんだ。せ、責任はとってもらう」


「イヤだよ! 定員オーバーだよ!」


「つ、つべこべ言うな! 死ぬときはみんな一緒だ!」


「……おまえなんか、自棄ヤケになってねえか?」


「なっていない!」


「すまねえな、嬢ちゃん。俺ぁ、自分の船あんだけブッ壊されて、そのうえ街まで破壊する……なんて言われて、黙ってられるほど、お人好しじゃあねンだ。ワリィが、否が応でも同乗するぜィ? それに、俺が乗らなきゃ、誰が船動かしてやんのさ?」


「俺っちからも、この通りだ」




 そう言って、リカルドさんがヴィクトーリアに頭を下げた。
 どうやらこの二人、このパーティのリーダーを間違えてないか?




「親方の冥土への土産だ。邪魔にはならねえ。同乗させてやってくれ」


「だァれが冥土行きの片道切符だ! このボンクラァ!」


「そこまで言ってねっすよ……」


「……すまない。クロガネさん、リカルドさん。恩に着る。ただし、絶対に死なないでくれ」


「誰にモノ言ってんだ、嬢ちゃん。死ぬ気なんて、さらさらねえよ」


「――よし、あとは仕上げだな。……ユウト!」




 抜け出そうとしていたところに、ヴィクトーリアからお呼びがかかる。
 俺は平静を装いつつも、俺に与えられた仕事内容を、きちんと報告した。




「飛行船に物質硬化ハードポイントはもうかけてある。ただ、俺の専門は生物強化だ。ただの無機物ともなると、ちょっと固くさせる程度が関の山。ポセミトールでも見たかもしれんが、布でゴリラセバスチャンの一撃を防げる程度と思ってくれ」


「……十分だとは思うが……」


「まあ、レーザーってのが、どれほどの破壊力があるかは知らないが、あまり期待はするなってことだ」


「わかった、ありがとう。それと……、ちょっと、コッチに来てくれ、ユウト」


「な……なんだよ」


「その、すこし、おまえに言っておきたいことがあるんでな……」




 ヴィクトーリアはすこし、気恥ずかしそうにして、口をとがらせている。
 普段とは違った雰囲気に、俺は思わず、ヴィクトーリアの傍まで駆け寄ってしまう。




「え? なに? もしかして、告白?」


「ま、まあ……、そんな感じ……だ」


「まじで? 悪いけど、俺にはアーニャちゃんって言う、心に決めた人が――」




 言いかけて、ヴィクトーリアの細い人差し指が、俺の唇を塞ぐ。
 ヴィクトーリアの潤んだ瞳に、明らかに動揺している俺が映る。




「そ、そんなこと、言わないでくれ……」


「はい」


「それで、その……すこし、目を瞑ってくれないか?」




 そう言って、ヴィクトーリアはもじもじしながら見上げてきた。
 あれ?
 ヴィクトーリアってこんなに可愛かったっけ?
 いや、顔がいいのは知ってたけどさ、外見と中身が伴っていなかったというか――




「お、おねがい……ダメ、か……?」




 その一言で、俺の理性が決壊した。
 さらば理性。こんにちはロマンス。
 俺は目を瞑ると、すこし身をかがめ、口を尖らせた。
 しかし、待てど暮らせど、口先に感触はなく、あるのは、手足を縛られる感覚。
 え?
 ヴィクトーリアってソッチ系?
 いやいや、別に俺も嫌いじゃないけど……こんなときに新しい扉、開いちゃうの?
 大胆過ぎない?




「――うん、これでよしだ! 目を開けていいぞ」


「え? あれ?」




 目は開けたものの、視界は暗いまま。
 そして、俺の手足が綺麗に拘束されていた。




「あ、もしかして視界までジャックする系? マニアック過ぎない?」


「では、リカルドさん。お願いする」


「あいよ」


「は?」




 俺が狼狽えていると、急に体が持ち上がった。
 え?
 なに?
 リカルドさんがソッチ系なの?
 それとも、ヴィクトーリアにそういう趣味があるの?
 一体、何が起こっているの?




「すまねえな、ニイチャン。このまま、船に積み込むぜ」




 リカルドさんはそれだけ言うと、俺の体を持ったまま、移動し始めた。
 どういうことだ……?
 これはもしや、ヴィクトーリアに一杯食わされたことなのか?




「ゆ、ユウ! 今すぐ俺を解放しろ! 今、すぐにだ!」


「縛られてるおにいちゃんも、かっこいい」


「聞いちゃいねえ!!」


「すまない、ユウト。こうでもしないと逃げるかと思って……」


「うおおおおおおおおお! よくもダマしたアアアア――」




 ◇




「ダマしてくれたなアアアアア!!」




 こうして俺は、仲間に騙され、レーザー飛び交う飛行船に乗せられていたのだった。

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く