戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

腹の探り合い



「チ……、若造がいい気になりやがって。おい、おまえら、アレ、持ってこい」


「ヘイ!」




 バッジーニが、自分の背後にいた、部下二人に指示を飛ばす。
 部下たちは頷くと、そのまま無防備にも・・・・・、この会場の外に出ようとした。




「……いけ、ユウ。疾風迅雷スピードポイント


「了解」




 ユウは一瞬にして、部下二人の目の前まで移動すると、そのまま首を撥ねた。




「な……何しやがる……! てめえ!」


「ヤレヤレですよ。全くもって、ヤレヤレです。わざわざ、奥の手を使わせるわけがないでしょう。サインも号令も、なにもかもがバレバレすぎる。……悪いですが、このまま奥の手は、お披露目されないまま終わらせます」


「ふ、ふざけやがって……! クソガキ!」


「お、いいですね。その表情。化けの皮が剥がれたというか、本性が剥き出しになったというか……、よっぽど、その奥の手とやらに信頼を置いてたんですね。こりゃあ、是が非でも使わせるわけにはいかなくなりましたよ。……ユウ!」


「うん?」


「ここにいる構成員たちを、絶対に、ここから外に出すな」


「了解」


「て、テメェ……!」


「さあ、真正面からドンパチやり合いますか」


「け……、じゃあ、まずはおまえから先に、殺してやるよ!」




 バッジーニが号令をかけると、銃を持ったやつらが一斉に俺を狙ってきた。
理解が遅い。
 頭を先に潰すのが定石だっての……。この人、やっぱり現場での経験は皆無か……?




「ヘハハハ! ……わかるか? こいつらが、何をしてるか? どんな武器かもわからねえだろ? このまま殺してやる!」




 もちろん知ってるよ。
 ネトリールの武器だろう。そもそも、ヴィクトーリアが持ってたし、対策も分かってる。
 俺は傍にあったテーブルクロスをグッと掴むと、上に乗っている皿やグラスなどはお構いなしに、そのまま力任せに引っ張った。
 パリンパリンと、机上にあった食器が地面に落ち、割れていく。
 俺はテーブルクロスをギュッと握りしめ、「能力強化アビリティブースト物質硬化ハードポイント」、「脚力強化、疾風迅雷スピードポイント」と、唱えた。
 俺は視線を感じると、すこしだけ頷いてみせた。




「なんだあ? 神にでも祈ってやがるのか?」


「ははは……、そう見えますか?」


「チ……、どこまでも人をコケにしやがるガキだぜ……!」


「……アーニャ、悪いんだけど、ちょっとだけ我慢してね?」


「え? えっと、なにを――ひゃっ」




 ギュ……。
 俺はあらかじめ・・・・・アーニャに断り・・をいれておくと、テーブルクロスをマントのように羽織り、そのままアーニャごと包みこんだ。
 俺の腕の中で、アーニャの潤んだ瞳が、俺を見上げてくる。
 不思議そうな顔はしているものの、なぜか、その頬は紅く染まっている。




「あ、あの……、ゆ、ユウトさん?」


「シー……、じっとしてて……」


「は、はい……あれ? あ、えっと、これは……」




 まあ、いきなりこんなことされて、不審に思わない人はいないよな……。でも、説明してるヒマもないし……。




「……ごめん。アーニャは、俺を信じてくれるか?」


「え……」




 アーニャは少しだけ、すっと視線を落とすと、すぐに俺の目線に合わせてきた。




「……はい。はい、もちろんです。わたし、ユウトさんを信じております」




 天使かな?
 ……やばいな。こうしているだけで、動悸息切れ眩暈がやばい。
 鼻をスンと動かすだけで、クラクラするような良い香りが、俺の脳を揺さぶってくる。




『おいおいおいおい……』




 クロスを一枚隔てて、すこし籠ったような、バッジーニの声が届き、俺は正気に戻る。




『んな、布っ切れ一枚に引き籠って、この攻撃を防げると思うのかい? ったく、これだから無知はいけねえ……』




 バッジーニの声につられ、まわりの構成員の笑い声も聞こえてくる。
 笑いたければ笑え……、無知はお前のほうだよ。
 ただ、この事・・・は知られてはいけない。
 ここは、なるべく無知に、それでいてキチンと・・・・撃ってくれるように、誘導しなければ……。




「あんたらが、何しようとしてるかはわからないけど、どうせハッタリでしょ? これで十分ですよ」


『言うじゃあねえか……、バカにしてんのか? ガキ風情が』


「……そんなことより、はやくその……、何かよくわからないやつ、使ったらどうです?」


『く……、ハハハハハハ!』


「な、なに笑って――」


『いやあ、バレバレだと思ってよ。誘ってんのがな』


「な……!?」


『やっぱりおまえさん……、この武器・・がなにか、知ってやがるな?』


「………………」


『フン、そこで沈黙ときたか……、やっぱりな。……たしかに、戦闘の場数はおまえのほうが踏んできただろうよ。だがな、こと、取引や腹の探り合いとなると、俺のほうに軍配が上がる。……当ててやろうか? おまえさん、そのテーブルクロスに、魔法かなにか仕掛けてんだろ? ……おおよそ、この武器から身を守る魔法か、もしくは跳ね返す魔法がよ』


「そ、それは……!」


『く……、ハハハハハハ!! 図星かよ!?』


「いや、それは違うんだ! これは、これは……」


『フ、苦しい、苦しいねえ……。いやぁ、若ぇ若ぇ。ガキの考えてることは、手に取るようにわかっていけねぇよ。まず、面白味がねぇんだよ! もうちっと練り直して――』


「これは、ただの時間稼ぎだから!」


『は?』


「みっちゃん!」




 ガバァ!
 俺は被っていたテーブルクロスを勢いよく引きはがした。




「おうさ!」




 疾風迅雷の加護を受けていたみっちゃんは、すでに、バッジーニの取り巻きの、すぐそばまで迫っていた。




「な――!?」




 突然のことに、バッジーニは目を丸くさせ驚いている。
 銃を持った構成員は、銃口の向き――照準を俺たちから変え、高速で動き回るみっちゃんを狙った。
 しかし、銃から放たれる無数の銃弾は、かすりもしない。
 みっちゃんはそのまま、ひとり、またひとりと、バッジーニ組の構成員を斬り捨てていく。




「どうなってやがる!? 人間がこんな速度で動けるはずが――も、もしかして、おまえ……!」




 気づいたな。
 さっき付与魔法をかけていたのは、テーブルクロスではなく、みっちゃんだ。
 テーブルクロスにだけ付与魔法をかけるなら、脚力強化は必要ない。
 しかし、俺が見え見えのところで、悠長に、魔法なんかかけてたら、その効果が表れる前に、みっちゃんは銃の餌食になってしまう。
 だから、バッジーニたちの視線を、俺に固定する必要があった。
 それが、あのパフォーマンスだ。
 手元を隠し、あたかもテーブルクロスに魔法をかけている風に見せて、あとは、みっちゃんと、なんらかのコンタクトを取ればいい……のだけど、ここで、俺がみっちゃんに視線を移してしまったら、それだけで相手に悟られてしまう可能性があった。だから、俺はみっちゃんの視線を感じると、ちょっとだけ頷いてみせた。
 あとは、みっちゃんが行動を起こしてくれるのを信じるだけだったけど……、そこはさすがみっちゃん。
 俺の作戦を一発で理解してくれたようだ。




「俺の考えが、手に取るようにわかるって? 取引はあんたのほうが上手うわてだって? 腹の探り合いがなんだって?」


「き、貴様……!」


「バーカ。俺の掌の上で踊ってたのは、あんただろうが」


「クソ……がァァァァァ!!」




 でも――




「まだ、これで終わりじゃない! ……いける? アーニャ?」


「はい。さっき、テーブルクロスの中で受け取った、この加護で、あの親分さんを止めればいいんですよね?」




 俺はテーブルクロスに隠れながら、アーニャにも付与魔法をかけていた。
皮膚鋼化ガードポイント』と『疾風迅雷』だ。
 だから、やましい気持ちなんて、これっぽちもなかったのだ。
 本当だ。
 やむを得なく、不可抗力だった……というやつだ。
 ……ちなみに、皮膚鋼化はあくまで保険。
 本命は疾風迅雷で、任務の即時遂行。
 そして正直、四肢をぶち折って、動けない状態にしてほしかったが……、そんなことをアーニャに頼めるはずもなく――




「ああ。いま、皆の視線は、高速で動き回るみっちゃんに向かれてる。この間が勝負だ。いくらみっちゃんでも、銃弾を躱しながらバッジーニに到達するのは、至難の業。そこで、アーニャ、きみの出番だ。あいつを無力化するだけでいい。それで、これは終わりだ。もう一度聞く。出来るかい?」


「はい! がんば――できます! わたし、やりますとも!」


「よし、行け! アーニャ!」


「はい!」




 そう言ってアーニャを送り出すと、アーニャは脇目も振らず、まっすぐバッジーニへ突っ込んでいった。
 その刹那――俺は、バッジーニと目が合った。
 逼迫した状況だというのに、相も変わらず、張り付いたような無表情ポーカーフェイスをぶら下げている。
 しかし、どことなく焦りを感じるような、そんな表情。
 勝った。
 やはり、組長とはいえ、この程度か……。
 そう、胸を撫でおろしていると、ヤツの、そんな無表情が、ニヤリと大きく歪んだ。
 俺がそれ・・に気づいたときには時すでに遅し、床には、俺の影を塗りつぶすほどの、巨体の影が覆いかぶさっていた。

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く