戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

藪蛇





「オロロロロロロロロロロロロロロロロロ――……」


 とめどない吐き気は、とめどない吐瀉物へと変換される。
吐瀉物は俺の胃を駆け巡り、食道を駆け上がると、俺の口から男の顔面に、レーザービームのような感じで射出された。
 あれほどまでに、俺を悩ませていた吐き気が、いまはもうほとんどない。
 なるほど、俺はあれほどの強烈な吐き気と引き換えに、このレーザービームのような吐瀉物を錬成したのか。
 なるほど、これが等価交換。
 ヴィクトーリアではないが、俺はなんとなく、錬金術の極意というものが分かった気がした。




「へっ! きちゃねぇレーザービームだにゃ……」




 永遠と続くのかと錯覚してしまうほどの「びちゃびちゃ」という水音が終わり、やがて吐き気も完全に収まった。
 横にはなぜか、ニヒルな感じでにやにやしながら、俺が嘔吐するのを見守るビースト。
 俺は一通りの射出を済ませると、そんなバカ丸出しなビーストを尻目に、テーブルに備えてあった紙ナプキンをとって、男の顔面を拭いた。
 ゴシゴシゴシ……。
 男は怒ることも笑うこともなく、ただその場で、微動だにすらしなかった。
 怒ってるかな? 怒ってたらヤダな……でも、表情わかんないからな……。
 俺は意を決し、男の目を拭くふりをしながら、さりげなく、そろそろとサングラスを取ってみた。
 そして、サングラスの下にあったのは、あまりにもまっすぐな瞳。
 サンサンと照り付ける太陽を、キラキラと、これでもかと反射しており、その眼からも多少なりとも、光を発光しているのではないか、と錯覚してしまほど、綺麗な目をしたヤクザ。
 俺はその純真で無垢な瞳に気圧されて、おもわず、碌すっぽ拭いていない、びちゃびちゃなサングラスを、その瞳を封印するように、男にかけなおした。
 男は未だに、何とも言えない顔で、俺を直視してきている。
 やっぱ、ここは謝ったほうがいいよな。
 人の顔面を吐瀉物まみれにしたんだから。




「えと……ご、ごめんごめん。会話の内容にビックリして……、おもわずレーザービームしちゃった」


「あ、はい。大丈夫っす。自分もそういうとき、ありますから」


「え? まじで? あんの? レーザービーム?」


「はい、いまはもうだいたい、周三レーザービームってます。もうビムってないと調子が悪いくらいっすね」


「まじかよ。どんなかんじ?」


「先ほどのよりも、もうちょっとスタイリッシュな感じっすね。もっとこう……ギューンっていって、ぼぎゃーんって感じの……」


「え、それは……引くわ」


「え。なにこれ、フォローしたのに?」


「……ご主人たち、にゃに話してるにゃ……」


「おっと、そうだった。話を戻そう。……それで、本当なのか? さっき言ったことって?」


「はい。今、ビト組は水面下で、ふたつの勢力の派閥争いが繰り広げられてるんす。ミシェール……つまり、現組長の派閥とテッシオさんの派閥です」




 まさに青天の霹靂。
 薬の情報を聞き出そうと、藪をつついてみたら、大蛇が現れた。
 あまりの急展開に、開いた口がふさがらず、そして、開いた口から大量の吐瀉物が噴出してしまったわけだが……。
 なんだ?
 あのふたり……そういう素振りは、一切見せなかったよな……。どういうことだ?




「……ちなみにその派閥争いをしてるって自覚は、二人ともあるのか? おまえら部下が勝手にはやし立ててるとか、そんなんはないのか?」


「ふ、ふたりって言うと……?」


「とぼけるな。当然、組長とテッシオさんだ」


「……これ以上、まだなにか、情報が欲しいんすか?」


「ああ。おまえから搾れるだけ搾る」


「か、勘弁してください! そんなのバレたら、俺が組に消されますって!」


「まあでも、今おまえが情報を隠蔽しようとしたら、それこそ今、殺すからな。……この隣のケダモノが」


「にゃんにゃん」


「選べ、今死ぬか、後で死ぬか」


「ぐ……、そんな……殺生な……っ!」


「……よく考えてみろ。今断ったら即効で殺すけど、そのことしゃべったことを組にバレなきゃいいんだろ? そんなの、誤魔化す方法はいくらでもある。後者のほうが、圧倒的に、生存率の高い選択肢だと思うけどな」


「それもそっすね」


「うん。やっぱバカだわ、こいつ」


「え」


「いや、なんでもない。ただ、おまえがバカだなってだけだ」


「なぁんだ、そんなことっすね」


「……ご主人、ニャーはにゃんか、可哀想になってきたにゃ」


「わからなくはない。……さて、話を戻そう。二人はそのことについて、知ってるかどうかだ」


「も、もちろん知ってるでしょうね……。お互いがお互いを気に入らないから、分裂してるわけですし……」


「うーん……」




 普通に考えるとそうなんだけど、見たところ、あの二人の様子は普通だったよな。
 ――いや、でもまてよ……、確かに、なにかと斬りあってたよな、ふたりとも。
 主に、テッシオさんがちょっかいを出して、それでみっちゃんがキレてっていう……、今まで、ふざけあってる感じにしか見えなかったんだけど、じつはそうじゃなかったのか?
 もちろん、目の前の男が嘘を言っている可能性もあるが、それこそこの男にメリットがない。
 俺たちに見逃してほしいなら、もっと違う嘘をついているはずだ。
 けど、こいつ言っていることが組に露見した場合、本当に組にいられなくなる。
 事実、こいつはこのカード情報を切るのに、かなりの難色を示していた。
 俺もテッシオさんはアヤシイと踏んでいたが、それはあくまで、一方的にテッシオさんが何かを画策していたのではないか、という話だ。
 しかし、男の話を聞いている限りだと、双方が双方を潰そうと、水面下で火花をちらしているということ。
 そうなってくると、それこそ俺が介入する余地はなくなってしまう。
 組内部の問題だ。
 そういう風に、組内部で取り決められているなら、俺たちが介入することで、さらにみっちゃんの立場は弱くなってしまう。
 それこそ、本当に組長をやめさせられるほどに……。




『……さて、悪いけど、仕事の時間だよ。カタギさんたちは、どうぞ、お引き取りくださいな』




 昨日みっちゃんが言っていた言葉は、もしかして、このことテッシオさんとの決着を指していたのか?
 ……いや、そう決めつけてしまうのは、まだ早計だ。
 しかし、だとすると、何を訊けばいい?
 まだピース判断材料は出揃っていない。
 今回の、この事件の全貌は、まだ見えていない。
 だったら、まだ情報が必要になってくる。
 しかし――




「にゃ。おみゃー、組がふたつに分裂するって言ってるにゃが……構成員全員はそのことを知ってるにゃ?」




 その質問だ。
 ナイスだ、ビースト。
 そもそも構成員全員が、二人が取り決めで、組の頭を決めると知っていたのなら、こんな大事にまで発展するはずがないのだ。
 話を聞いている限りだと、こいつはテッシオさん側の人間。
 もし、みっちゃん側の構成員が、このことを知らずにいたら……。
 この質問の、答えの如何によっては、この事件に対する、俺の見方はがらりと姿を変える。
 さあ、どうだ。
 どう答える……?




「――知りません」


「……それは、おまえが――という意味か?」


「……いえ、構成員がです」


「おみゃー……さっきから、にゃんか隠してるにゃ?」


「え、あの……」


「これ以上にゃにか隠してるって感じ取ったら、その首、次の瞬間には胴体から離れるにゃよ?」


「ぐぐ……! ……はあ、観念します。じつは今回の――テッシオ次期組長による、現組長暗殺の件は、現組長側の構成員どころか、組長にすら知られていません」

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く