戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

エクストリームバカ



「おい、何か見えるか?」


「……にゃ。喫茶店は営業してないように見えるにゃ。それで……」


「それで?」


「二階のテラス席に、男が複数人いるのが見えるにゃ」




 俺とビーストは偵察組として、アーニャ、ヴィクトーリア、ユウの三人は武器奪還組として、二手に別れて行動していた。
 武器奪還用の金をすべて、あの三人に託したので、俺たち二人は完全に素寒貧。
 喫茶店がよく見える、小洒落たレストランで、小洒落た料理をつまみつつ、小洒落ながら、小洒落張り込みを――と画策してたが、どうやらそういうワケにはいかなかったようだ。
 俺は喫茶店がよく見える、小洒落たレストランの陰で、(ビーストが)どこに持っていたのかわからない、昨日以上にぐずぐずのトマトを口へ運んだ。
 ――まずいな。
 予想以上にまずい。
 いや、この状況が……、ということもそうだが、このトマト、相当に不味い。
 もはやトマトというよりも、ただのリコピンの死骸。成れの果て。
 トマト農家に行って、「トマトください!」と言って、これが出してきたら、その農家及び、近隣の農家、親類縁者諸共、このトマトを顔面にたたきつけるほどに、不味かった。それほどまでに不味い。
 あまりの不味さに、なんだか目がかすんできた。
 腐ってんじゃないの? これ?
 もしくは何らかの要因で、トマト内で即効性の猛毒が精製されているかだ。
 ああ、そうか。二日酔いなんだっけ。
 そう考えると、すごく気持ち悪くなってきた。
 俺は今にもぶっ倒れそうになりながら、このトマトを、笑顔で手渡してきたビーストに向き直った。




「複数……なんで……そんな……とこに……、男がいるんだよ……うぷ……」


「わかんにゃい。けどあいつら……なんだか、そこから動く気配はないにゃ」


「どういう……ことだ……」


「にゃんか……目を瞑って、胸に手を当てて、しきりににゃにかを呟いてるって感じにゃ……」


「なんだそれ……」


「……ご主人? 顔色が優れないにゃ。薄紫色にゃ」




 なんで布で顔を隠しているのに、顔色がわかるんだ。――というツッコミは、しんどいからやめておいた。




「ああ……、ちょっと……変なもん……食ってな……」


「拾い食いでもしたにゃ」


「あれを……拾い……食いという……のなら……、拾い食い……なのだろう……。あの……」


「にゃに?」


「なんか……、飲みもの……ない? できれば……、スカッと……するやつ……」


「飲みものにゃか……、スカッとするかどうかは……この際わかんにゃいけど、こんにゃのがあるにゃ」




 そう言って、ビーストが取り出したのは、先ほど寄越してきたものよりも、数段グッチャグチャのトマトの残滓だった。
 俺はそれを視界にとらえるや否や、口元をおさえ、必死に駆け上ってくるアレを押しとどめた。
 やばいな、これは。
 ダムは決壊寸前。
 俺の精神も決壊寸前。
 はやいところケリをつけて、リフレッシュタイムに入らなければ、ポセミトールの街は洪水に見舞われてしまう。




「トマトは水分も多いから、水分補給しようと思えば、できなくも――」


「もういい……」


「にゃ?」


「す、捨てとけ……、とりあえず……、もう突入する……。……いけるか? ……うぷっ」


「……それはこっちのセリフにゃ、ご主人」









 吐き気を我慢しながら、俺たちは喫茶店の店内、キッチンへとやってきていた。
 ビーストの言った通り、店の扉は開いていたが、店員の影はない。
 二階のテラスに男たちがいるらしいが、これまたなぜか動く気配はなく、その間に俺たちは喫茶店の中、すべてをひっくり返す勢いで、手掛かりを探したが、薬の一つ炭酸飲料の一つも出てこなかった。
 ビーストは「薬の臭いはするにゃ」と、しきりに言ってはいるが、収穫はなし。
 すっかり飽きてしまったのか、冷蔵庫の中のミルクをがぶ飲みしている。
 しかし、よくよく考えてみたら、二階の男たち以外に、黒服が配備されていないということは、ここはシロなのかもしれない。
 ホテルから俺たちを見張っていた黒服は、ビーストの速さについて来れなかったけど、それにしては少ない気が、しなくもない。
 ビーストがのたまっている、薬の臭いも、ただの残り香。
 もう、別の場所に移っているのかもしれない。




「……ビースト、そろそろ引き上げるか」




 俺は立ち上がると、ビーストを振り返った。もう幾分か、吐き気もマシになってきていた。




「にゃして?」


「これ以上続けても、意味がないからだ」


「でも、まだニオイは残ってるにゃよ?」


「おまえの鼻がイカレたんだろ。トマトの食いすぎで」


「それはにゃーよ。村を出てから一切食ってにゃーもん」


「……なんで?」


「あんなグズグズなトマト、食えるはずが――ハッ!?」


「おまえ……もしかして、みっちゃんのときも、さっき俺に寄越したも、ワザとか!?」


「にゃ……にゃんのことかにゃー?」


「白々しいやつめ! このエンドタヌキが!」


「いやあ、食べ物を粗末にするのは、ニャーの良心が……」


「じゃあ、おまえが食ってろ!」




 俺はさきほど、ビーストから渡されたグズグズのトマトを、そのまま強引に口内に捻じ込んだ。




「食え! 咀嚼しろ! 飲み込め! そして味わえ、罪の味を!」


「にゃ……、こ、こんにゃのフツーにゃ……もむもむ、うんうん、今日もトマトがうま――にゃろろろろろろろろろろろろろろ……!」




 ビーストはそのまま綺麗に、口からリバースした。




「報いだな」


「……お、おそるべし、トマトの呪縛……にゃ」


「自業自得だっての」


「ぺっ、ぺっ、……とりあえず……、帰るのはまだ待ったほうがいいにゃ」


「なんで?」


「にゃんでって、調べてないところがあるんにゃが……」


「おまえ、それって……」


「二階にゃ」


「マジかよ。人いっぱいいるじゃん。……なぜか微動だにしてないけど」


「罠という可能性も、無きにしも非ずにゃが……、あれくらいにゃら、ニャーがどうとでも出来るにゃ。大船に乗った、猫の気持ちでいるにゃ」


「ワケが分からんが……、みっちゃんの手掛かりにつながるかもしれないからな。あんまり派手にやるなよ?」


「にゃあ、わかってるにゃ」


「フリじゃねえかな? 五行後に場面飛ぶけど、これ、フザケてないからな?」


「……そんなにしつこいと、逆にフリにとられるにゃ。ご主人……」









「おらおらおらー! にゃにゃにゃにゃにゃーん!」




 まるで埃のように、大の男たちが舞い上がっては落ち、舞い上がっては落ち、を繰り返している。
 案の定、間抜けなビーストは俺のアレを、フリだと捉えてしまったらしく、喫茶店二階のテラスは戦場と化していた。
 いや、戦場というよりも、もはやそこは、トランポリン全国大会の会場と形容したほうが近い。
 俺が男たちの飛びっぷりを採点していると、いい加減、勝てないと悟ったのか、リーダー格の男が、俺の足元にしがみつき、泣きながら『あのケダモノを止めてくれェ』と懇願してきた。
 俺は男を強引に引きはがすと、ビーストにかけていた付与魔法を解除し、昨日と同じようにテラス席に座った。
 ビーストはそれ見て察したのか、暴れることをやめて、俺の隣にドカっと、ふてぶてしく座ってきた。
 俺は男に座るよう促すと、男はまるで、はじめてバイトの面接に来た人のように、おずおずと座ってみせた。




「えー……」




 実質、何が起こったかわかっていない男を前に、親切にも、俺が口火を切った。




「君たちは、昨日、僕に会ったことがありますね?」


「あ、はい」


「それで、ここには何しに?」


「あ、仕事です。昨日、あなたが組の、秘密の取引を見てしまったので、その後片付けです」


「しかし、昨日、僕にまんまと逃げられましたね?」


「え? あれ? そうなんですか?」




 ちょっと待て、俺は昨日、まんまとこいつらから逃げおおせた。……けど、こいつらは俺を取り逃がしたと思っていない……?




「……ちょっと待ってください。あなたたちは、さっきまで、ここで何をやっていたのですか?」


「えっと……あなたに言われて『詫びを入れる前にやること』について考えてました」


「も、もしかして、アレから一晩中……!?」


「ああ、もうそんなに経ってましたか。道理で長かったはずだ」


「……ご、ご主人、こいつぁ……」


「ああ……こいつは……」




 トンデモない馬鹿だ。

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く