戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

一触即発



 伝説のアイドル、ユッキー。
 まるで天上の天使様が現界なされたような、可憐で清楚、楚々とした容姿。そんな天真爛漫な顔の造りとは裏腹に、この世の男すべてを虜にするほどの、洗練された曲線美。そしてなにより、その美声から紡がれる天上の歌声は、百年続く戦争を、終結させたともいわれている。
 戦地にいた兵士は、ユッキーの歌声を聞くや否や、涙を流し、持っていた武器を放棄したされているのだ。
 そんな、平和の象徴。まさに伝説とも呼べる存在。
 そんなユッキーの背中を掻いた杖だと……?




「興奮するじゃあないか」


「ダメだこいつ」


「ついに、おまえにもわかってしまったか。この棒の持つ、真の恐ろしさを」


「もう『棒』って言っているではないか! 杖ではないのか? それは!?」


「ご、ゴクリ……」


「なんでいま、『ゴクリ』ってわざわざ口に出して言ったのだ……」


「さあ、ユウト! この棒がほしければ、パーティに戻って来い!」


「ぐ……う……、うおおおおおおおおおおおおお! 俺はどうすれば……ァ!」


「いや……あの、そこは断ってくれないのか!?」


「はぁ、はぁ、はぁ……ふぅ。おい、セバスチャン」


「なんだ」


「その棒を寄越せ」


「え? もう、棒で統一するつもりなのか?」


「ククク……、ということは、パーティに戻ってくるということだな?」


「……いや」


「……なんだと?」


「棒はもらう。パーティにも戻らない。そして、金も払わない」


「おまえ、そんなワガママが通ると思っているのか……?」


「うん。わたしがこんなことを言うのもアレだが、それはさすがにワガママだと思う」


「ワガママだろうが何だろうが、俺は俺のルールを通す。ただそれだけさ……」


「な、なんて、最低なルールなんだ……」


「フ……、面白い。だったら、どうするんだ?」


「……どうでもいいのだが、なんでふたりとも、芝居がかった口調なんだ……」


「どうする……だと? わかりきったことを……力ずくで奪うまでだ! ユウ!」


「了解。排除します」


「な!? しま――」




 ユウはものすごい速さで、セバスチャンから棒をぶんどると、それを両手に持って、天に掲げた。
 そしてそれを地面と平行に持ち直し、勢いよく、下方へ振り下ろした。
 棒の振り下ろされた先には、ユウの膝。
 棒は乾いた音をたてて、まっぷたつにぶち折れた。
 ユウは両手に持った・・・・・・棒を、まるでゴミ袋を捨てるようにして、ホテルのロビーに投げ捨てた。
 棒はカランカランと音をたてながら、ロビーの上を無残に転がった。




「な――」


「何やってんだァァァァァァァァァァ!?」


「こんなのがあるから……! こんなのがあるから……! みんなが不幸になってしまうのよ……! みんなを不幸にしてしまうような棒なら、ないほうがマシだわ!」


「……なぜユウまで、そんな口調なのだ……?」




 ユウは両手で顔面をおさえると、そのまま、その場で泣き崩れた。




「おまえ、そんなキャラじゃないだろうが! 俺は取り返せって言っただろうが! なに、おま、これ……、折ってんだろうがァ! これ……折れてんだろうがァァ! ぽっきり逝ってんだろうがァァァ!」


「お、俺の……、一千万が……!」


「ほら、見ろ! あのセバスチャンが放心状態じゃないか! 見たことないぞ、こんなの」


「おにいちゃん、いまのうちだよ」


「なにがだよ!」


「放心状態のうちに、この大男をふん縛ろう」


「え? あ……、お、おう?」




 ユウはそう言って、荒く、ユウの手首ほどある、太いロープを取り出した。
 ……どこからロープを取り出したんだ、こいつは。









 ホテルのロビー。
 中心にある、直径五メートルの石柱に、ひとりの大男が張り付けられるようにして、縛り付けられていた。
 男は忌々しそうに、俺たちの顔を見渡している。
 途中、ホテルの職員と思しき男性が『お客様、当ホテルでそのようなプレイは困ります。きちんと然るべき店で、然るべき楽しみ方をしてきてください』と、声をかけられたが、俺たちはこれを一蹴。
『この男は、ホテルのロビーでしか性的快感を得られない、特殊性癖なのです』と適当な事を言ったら、憐れむような視線でセバスチャンを一瞥し、そのままフロントの奥へと消えていった。
 そしてなぜか、俺の隣ではヴィクトーリアが絶えず、アーニャの視界を手で覆うようにしていた。




「くっ、殺せ!」




 縛られた大男、セバスチャンが恥辱にまみれた表情でそう吐き捨てた。




「まぁ……、そのうちな」


「てか、べつにこんなことしなくても、暴れねえよ」


「口ではそう言って、本心はわからないから。……棒で掻くとか掻かないとか、これ以上、おにいちゃんの前で、下ネタを言わせるわけにはいかないの」


「そんな風には言ってねえよ!?」


「穢らわしい。近寄らないで」


「近寄れねえよ!?」


「あのぅ……ていうか、ユウさん? こいつ縛るだけだったら、杖まで壊す必要、なかったじゃないですかね」


「………………」


「そうですか。聞こえないフリですか。お兄ちゃん悲しいです」


「そろそろ、これ、解いてくれねえか? もう十分、俺を辱めただろ。安心しろ。いまのところ、そいつを連れて、パーティに戻る気はねえからよ」


「うそ」


「うそじゃねえよ。さっきも言ったろ、ついでの仕事があるんだよ。この街で」




 そういえば、さっきもそんなこと言ってたな。
 このタイミングで、ポセミトールでの仕事か。もしかすると、みっちゃんの件に関係してくるのか? 一概にそうとはいえないが……やっぱり、すこし気になるな。




「それって、どんな仕事だ?」


「言えるわけねえだろ」


「言ったら解いてやるよ」


「鎮圧」


「言うんかい。それで、なんの鎮圧だ?」


「暴徒と化すかもしれない、とある会社の社員たちのだ」


「社員が暴徒と化すかもって……、どんなブラック企業だよ……」


「一応、俺はあくまでも保険だとさ。そうならないよう、裏から色々と、手回しはしてあるみたいなんだけど、もしもの場合があるかもしれないから……、ということらしい」


「おまえ、それ、もしもの場合って……」


「ああ、はしゃぎ過ぎたやつは躊躇なく殺す」


「……ぶ、物騒だな。そんな会社、俺だったら絶対働きたくねえよ」


「俺もだ。で……もういいか?」


「ああ、ユウ。解いてやれ」


「いや、いい」




 セバスチャンは筋肉を大きく膨張させると、そのまま素手で、豪快に縄を引きちぎってみせた。あれほどまでに太かった縄が、まるで酸化したゴムのように、容易く千切れていく。セバスチャンはコキコキと首を鳴らすと、ホテルの玄関のほうを向いた。




「さて、行くか……。じゃあな、エンチャンター殿。また勧誘しに来るわ」


「もう二度と来るな。次来たら……、アレだ。ぶっとばす。割とマジで」


「おまえが? 俺を?」


「俺たちが、だ」


「へぇ」


「あと、あのユウキクソ野郎にも伝えとけよ。準備が整ったら、魔王の前にきっちり討伐してやるってな」


「おう! 面白れぇじゃねえか! そんなことされちゃ、たまったもんじゃねえからな。……なんなら、いまのうちに潰し合っとくか?」




 言って、セバスチャンがこちらを振り向く。
 その表情は、期待と威嚇とが、五対五ほどの割合でブレンドされていた。
 俺はセバスチャンとは目線は合わせず、ユウの後ろに隠れた。




「や、やってみっか!? んな顔しても、怖くねえからな!」


「ゆ、ユウト……、おまえはもう少し、このパーティのリーダーらしくだな……」


「フン、冗談だよ。いま、おまえを殺したら、俺がユウキに殺されるからな。……ただ……」


「ただ……、なんだよ?」


「ユウト以外は殺すな……、なんて言われてないからな……?」




 ビリビリと、空気が肌にあたってはじける感覚。
 目の前の大男は――セバスチャンは、本気で俺たちを威圧してきている。
 それは、かすかに震えるユウの背中越しからでも、十二分に伝わってきていた。
 珍しく、ユウも緊張しているのだろうか……?
 俺はこそっと、顔だけ出して、ユウの表情を確認する。
 しかし、その瞬間、俺は戦慄する。
 ユウの瞳孔は完全に開いており、口角がニィっと上がっている。
 まるで、はじめて自分と対等の相手が現れたような、そんな嬉しさ。
 そういったものが、ユウの表情から、ありありと感じ取れた。




「――いい表情だ。おまえの妹さん、おまえなんかより、ずっと、俺ら側に近いな」


「……どういう意味だよ」


「もしおまえがいなかったら、真っ先に潰す候補に挙がるやつだってことだよ」


「チッ、言ってろ」


「じゃあな! 達者でやれや!」




 セバスチャンはそれだけ言うと、そのまま俺たちに背を向けて、ホテルの玄関から出ていった。

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く