戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

事後報告



 ベッドの下、フロアカーペットの上で、俺はパンツ一丁で土下座をしていた。
 脛が俺の全体重を直に受け止めており、フロアカーペットのチクチクがチクチクと俺にチクチク食い込む。
 そして、俺の両脇にはユウとビーストが、俺と同じような体勢で、眠たそうに眼をこすっていた。
 さすがに二人は……ということで、二人はいつも通りの服を着た格好だった。




「あの、すみません。せめて、俺も服を着させてもらっていいですか?」




 俺が申し訳なさそうに、手を挙げて懇願している相手は、ヴィクトーリア。
 ヴィクトーリアは赤い顔で両腕を組み、なんだか不機嫌そうな顔で俺の事を見下ろしている。




「まったくおまえは、まったく……まったく、こんなことをして……アーニャに何と言えばよいのだ、まったく」




 聞いてねえ。
 ヴィクトーリアが嘆いている通り、部屋の外、扉の前でアーニャは待機している。
 あの後――俺の痴態がヴィクトーリアという名の、忌々しい白日の下に晒された後、ヴィクトーリアが光速で、アーニャを外へと追いやったのだ。
「今後の受ける情操教育に悪影響を及ぼす」とのことらしい。
 全くもってその通りだが、なんだか、俺の存在自体を猥褻物と言われている気がして、なんだか、すこしだけショックだった。




「……さっきから、誤解だって言ってるだろ。こうなったのはたまたまだ」


「ど、どうやったら、たまたま全裸のふたりと一緒に、たまたま寝ることができるたまたま!?」


「何動揺しまくって、語尾がたまたまになってんだよ。だから、本当に知らねえんだって! 昨日は酒を飲んでただけだって! それもひとりで、寂しくだって! 嘘じゃないだって! 信じてくれだって!」


「お、おまえも落ち着け。語尾が『だっけ』になっているぞ。……でも、だけど、そのあとの記憶はないのだろう?」


「そ、それはそうだけどさ……」


「だったら、ここは切り口を変えてみよう。被害者と思われる、そこの二人に話を訊くんだ」


「なんで俺が加害者みたいになってんだよ……」


「話は聞いていただろ? どうなんだ、ビースト」


「にゃ……、ニャーはにゃーんも覚えてないにゃ……」


「な、なにか、視線がこれ以上ないくらい、泳いでいるのだが!?」


「おま、おいおい……、うそだろ……」


「にゃ、ニャーが、う、うそにゃんてつくはずがないにゃ。ご主人が意外と、情熱的だったにゃんて……そんにゃことはなかったにゃ……」


「な、なんということだ……ゆ、ユウトのは、情熱大陸だったなんて……ごくり」


「アホかァ! なに言って……まじで!? 俺、マジでやっちゃったの!? 一線越えたの!?」


「……ゆ、ユウは?」


「思った通り、あたしたちの体の相性は最こ――ううん、なにもなかったよ」




 俺の顔面から、サー……と、血の気が引いていくのがわかった。




「お、おい! ユウト! いま、おまえの妹が、何か、口走らなかったか? と、トンデモナイことを――」


「あーあ、バレちゃったね……、そうだよ。ヴィッキーの想像通りだよ」


「おまえはおまえで、なに開き直ってんだよ! え? まじで!? 俺、妹にも手を出した最低野郎なの!? これから俺、どの面下げて実家に帰ったらいいの!?」


「ゆ、ユウト、これはクロだぞ!? 限りなく真っ黒だぞ! 以前、こういうのは寛容だといったが、さすがにこれは……、た、ただれすぎだ! おまえたち兄妹と、そのペットはただれすぎだ!」


「いやいや、兄妹とペットっておまえ、そんな括りはさすがに悪意に満ち満ちてるだろ! もはや、悪意の塊だろ! そんなんじゃ俺、ただの変態じゃん!」


「ご主人は紛れもなく変態にゃ。そこは誇っていいにゃ」


「そうだよ、俺は変態だよ! なんか文句あっか!」


「なんなのだ、一体!? それに、ユウはまだ未成年だろ! よ、嫁入り前の乙女に、よく、こここ、こんなことを……、は、恥を知れ! 恥を! 逆に、わたしが教えてやろうか!? 恥を!」


「あ、結構ス」


「……ヴィッキーは天空人だからわからないけど、地上人はこれが普通なんだよ?」


「な……そ、そうなのか!? わたしが遅れているだけなのか!? 地上人は磁石のように、くっついたり離れたりしているのか!? マグネットスタイルなのか!?」


「なわけねえだろ! ユウも、なに真顔でしれっと嘘ついてんだ!」


「う、嘘なのか……? ということは、やっぱりユウトはユウにあんなひどいことを! 正式に、勇者の酒場に捕まえてもらわなければ――」


「いえ。地上ではこれが普通なのです。これがいま流行りの、マグネットスタイルなのです。さあ、レッツマグネット」


「た、ただれている……! ただれているぞ……!」


「とにかく、だ。ヤったにせよ、ヤってないにせよ、いまはだな……ヴィクトーリア」


「な、なんだ!? わたしは……いやだぞ!? その……マグネットスタイルじゃなくて、はじめから段階を踏んでいく、従来の清らかなステップスタイルなら……その……吝かではないが……」


「いいから落ち着け。大事なことだ。おまえ、さっきなんて言った?」


「マグネットスタイル?」


「ちがう!」


「ステップスタイル!?」


「それもちがう! この部屋に入ってくる前だよ!」


「『アーニャ、昨日はよく眠れたか』……か?」


「戻りすぎだよ! そのときまだ起きてねえよ、みっちゃんがうんぬんかんぬんだよ」


「……そ、そうだ、こんなことしている場合じゃないぞ、ユウト! アネゴ殿だ!」


「みっちゃんがどうしたんだ!?」


「昨日、アネゴ殿が言っていただろ? 明日の朝には何らかの連絡を入れるって……来てないんだ」


「連絡がか?」


「そうだ。わたしはまだ、おまえほど、アネゴ殿との付き合いは長くないが、わたしはあの人が自分の言ったことを、簡単に反故にするような人にも見えなかった。そこのところはどうなんだ?」


「そうだな。みっちゃんはたしかに、子供のとき、『明日遊びに行く』と言ったら、台風の日でも、大雪の日でも、俺の家に来ていた。決まって翌日風邪をこじらせていたから……今も、どこかで風邪をひいているのかもしれない!」


「そ、それは……どうなのだろう……」


「これは……、行ってみる必要がありそうだな、ビト組に」


「ヴィッキー! まだー? 中で何してるのー? ユウトさんはー?」


「おっと、忘れていた……。アーニャー、すまないー、いまからアネゴ殿のところに行くことにしたぞー!」


「わかったよー! とりあえずー、入っていいかなー?」


「いいぞー」


「まあ、なんだ。その、ヴィクトーリア」


「む、なんだ」


「服、着ていいか?」

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く