戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

パーリーピーポーインザヘル



 右を見て左を見る。
 黒服で強面のパンチパーマや、グラサンかけた、前歯のないおっさんたちが、楽しそうに談笑している。
 中にはドレスや、よそ行きの子供用の洋服を着た、普通そうなのもいるが、そういうのが一番怖い。
 俺は知っている。
 ここは、屋外のパーティー会場。
 色とりどりの風船が宙を舞い、カラフルなテーブルが規則正しく並べられている。
 テーブルの上には、がっつりと胃を満たすような料理はなく、どれもこれも、簡単につまめるものばかりだった。
 俺はそこで、右手にカップケーキ、左手にオレンジジュースを持ち、よく手入れのされている、芝生の上に立っていた。
 俺たちはあのあと、テッシオから『ヴィトー組発足百周年記念祝賀会』なるものに招待されていた。
 なんでも、あいつが言うには、『侘び』との事らしいけど……なんだよ、ここ。
 あいつ、なんでこんな猛獣しかいない檻の中にぶち込んでくれてんだよ!
『侘び』の意味を履き違えてるよ!
 これじゃあ『ケジメ』じゃあないか! ハハハ!
 笑えない。
 それに、時折、俺の近くを通るパーティ参加者が、俺の事をなんか、不審者を見るような目で見てきている。
 原因はわかっている隠者の布だ。
 じゃあ脱げばいいんじゃないの? とか指摘する人もいるかもしれないが、俺は脱がなかった。
 脱いだら負けだからだ。
 何に負けるのかはわからないけど……、というか、ここで負けたほうが、周りの人も、俺も幸せになるのだろうが、俺はどうしても、このパーティで素顔を晒す気にはなれなかった。
 俺は震える右手で、カップケーキを口の中へと押し込む。
 口の中の水分が、急速に失われていくのを感じながら、左手に持ったオレンジジュースを口内へと流し込む。
 傍から見たら、もう変態にしか見えな――うまいな。
 なんか知らんが、うまいな、ここのカップケーキ。
 舌触りが滑らかで、カップケーキ特有の、ザラザラとした食感がない。
 さすが世界的な裏組織。
 雇っている……もしくはお抱えの料理人も、一流ってわけか。




「ユウト! ほら、あっちを見てみろ! ケーキがあるぞ、ケーキ! でっかいやつだ! うまそうだなぁ……、食べないか? 食べよう!」




 なんだこいつヴィクトーリアは、この状況を理解しているのか、俺たちの置かれている、この状況を理解しているのか?
 ……理解していないだろうな。
 だからそんなにはしゃげるのだろう。
 ちなみに、ヴィクトーリアさんが嬉々として指し示しているのは、俺の身長の倍はあろうかという巨大なケーキ。
 いやいや……、いやいやいや、ちがうだろ。
 主賓とか正式に招かれた客とかならわかるけど、俺たち、ただの飛び込み参加のパンピーじゃん。
 なんなら食われるのは俺たちのほうだよ。
 あんなの食おうとしたら、逆に入刀されるよ。サクッといかれるよ、ケーキだけに。
 ……あれ? 緊張してるからか、クソつまんなかったな。ケーキだけに。




「不調だわ」


「え? 何か言ったか?」


「……やめとけ、ヴィクトーリア。あまりはしゃぐな」


「ん? なんでだ? せっかくパーティを開いてもらっているのだから、楽しまないと損だぞ?」


「楽しんでるのはキミだけです。そして、ぼくたちは現在進行形で損をしています」


「なんだなんだ、いつも以上にネガティブだな」


「おう、大将。ここにいたのかい」




 テッシオが無表情のまま、笑いながら・・・・・俺たちに近づいてきた。
 相変わらず不気味だけど、知ってる顔に出会えるのは何となくありがたい。
 俺ってほら、人見知りだからさ。こういう集まりとか来ちゃうと、そりゃあ、一、二キョドリくらいしちゃうよね。
 しょうがないよね。




「こんな隅っこでどうしたぃ? あんたんトコの嬢ちゃんも楽しんでるってのによ」




 そう言われて、遠くのほうにいる、アーニャに視線を向けてみる。
 アーニャは持ち前の社交スキルで、パンチパーマで強面のおっさんと談笑していた。
 何を話してるんだろう、共通の話題とかあるんだろうか? ……などと疑問に思う以前に、怖い。
 パンチパーマのおっさんも怖いけど、いまはアーニャ様が怖い。
 なんでそんなに、フレンドリーに話せるんだろう。
 俺には腹ペコのライオンとネコが話しているようにしか見えない。
 ネコで思い出したが、ビーストはこの祝賀会には参加していない。
「販売経路の開拓にゃ」とか言って、残り少ないトマトを片手に、ポセミトール中のレストランや食堂を回るらしい。
 意外と律儀な奴だったのだ。猫のくせに。




「……楽しめるわけないでしょ。一般人なんだから、パンピーなんですから。こんな血で血を洗う仁義なきパーティを楽しめったって、どう楽しむんですか? あれですか? あとで殺すから、今のうちに精一杯楽しんどけって意味ですか? 俺たちは出荷前の牛かなんかですか? いざとなったらまじでほんと、攻撃しますからね? サーロイン的な部位で」


「はっはっは、そう卑屈になりなさんな。べつに深い意味はねえよ」


「じゃあ、なんで俺たちのところに来たんですか」


「さっきの猫耳の姉ちゃん。一見すると、かわいいただの獣人だが……ありゃあ、キバト村で暴れまわってたっていう、エンドビーストだろ?」


「な、なんでそれを?」


「ポセミトールじゃ有名なんだよ。いい意味でも、悪い意味でもな。なにせ、ここの精鋭たちをズタボロのぼろ雑巾にしてくれたんだからな」


「……もしかして、これってその報復ですか?」


「はっはっは、馬鹿言っちゃいけねえ。あいつら冒険者がどうなろうと、うちの組にはなんら影響はねえさ。なんなら、冒険者を根絶やしにしてくれたほうがスッキリしたくらいだ」


「……じゃあ、何の用ですか? そろそろ、ここをお暇したいところだったんですけど……」


「おっとと、うちのマザーに挨拶くらいしてってくださいよって」


「まざー?」


「早い話が組長でさぁ。たのんますよ」


「おかしいすね。……ビト組の組長って確か……」


「ええ。大将の言う通り、男でした。しかし、急に体調を崩されて、引退したんでさぁ」


「それにしても……女って……、なんでまた?」


「まあ……、今はそれはいいじゃないですかぃ。さぁ、どうぞこちらへ、俺がマザーのところまで案内しまさぁ」


「いやですよ。何言ってんですか! これ以上俺を怖がらせて、どうしようってんですか!? 薄くスライスして、しゃぶしゃぶにしようってんじゃないですよね!?」


「くく、まさか。ただ、マザーが大将に会いたいって言ってるんでさぁ……」


「へ?」




 なんで俺に?
 もしかして俺、知らない間に世界的ヤクザ組織に喧嘩売ってたりしてた?
ユウト・・・』だったら……まあ、分からなくもないけど、今のおれは覆面を被ったただの変質者ですよ?
 キバト村を出てから、一回も脱いだことないし、もちろん相手にも知られていないと思う。
 隠者の布だから気配も遮断してるし、なんなら、エンチャンターかどうかもわかってないはず。
 そのうえで、俺に会いたい?
 ――ハッ
 覆面フェチ……もしかして、マザーさんは覆面フェチなのか?
 なわけあるかァ!
 ……え? じゃあなに? 殺されるの? ここで?
 マジでしゃぶしゃぶ食べ放題コース行き? マジで?




「あの、大変嬉しいんですけど、今回は遠慮させて――」


「大将、べつにあんたを取って食やしやせん。あくまでも、こちらの代表からの謝罪兼挨拶ですぜ」


「な、なんで俺の考えてることが……」


「何を言っている。わたしにもわかるぞ。鏡で自分を見てみろ。今のユウトは……、なんというか、覆面の上からでも顔色が悪いことがわかるからな……」


「え? まじで?」


「ああ、なんというか、青ざめている。むしろ、青いというか薄汚い」


「そこまで言う? 仲間なのに? 泣かせようとしてる?」


「す、すまない。おもわず本音が……」


「だいじょうぶだよ。おにいちゃんはいつでもキマってるからね」


「そうか。ちなみに、おまえには聞いてないんだ。すまんな」


「……それで、会っていただけますかね、大将。……それに正直なところ、マザーに会いたいのに、会えないって方たちが相当数いる中で、順番もなしにいきなり会えるって、かなりの幸運だとおもいますぜ」


「いや、そんなの――」




 そんなのは幸運とは呼ばない。
 そう言いかけて、俺は口をつぐんだ。
 さっきまでにこやか会食モードだったのに……、いや、遠くのほうは今も賑やかだけど、俺の周りのおじさんたちだけ、静かに俺の顔を見つめてきていた。
 なに? なんなの?
 イエス、オア、ノーじゃなくて、イエス、アンド、イエスしか答えは残されてないの?
 デッドオアアライブじゃなくて、ゴートゥーヘルなの?
 地獄への片道切符ですか?




「……大将、どうしますか?」




 ダメ押しのように、俺に聞いてくるテッシオ。
 その眼はいつも以上に笑っていなかった。




「い、いきまーす……」




 俺がそう答えるのと同時に、まるで止まっていた時が動き出すように、周りのおじさんたちの談笑の声が聞こえてきた。




「よかった。断られたらどうしようかと、思ってたんですよ」




 何回か断ったんですがね……。




「……テッシオさん、あたしもついていっていいですか?」


「あんたは……大将の妹さんだったな。なんだい、べっぴんさんじゃあねえか。ほんなら、大将は顔にコンプレックスがあって、布で隠してるってわけじゃなさそうだな」


「まあ、イケメンですし……」


「ゆ、ユウト、おまえはもう少し謙虚という言葉をだな……」


「いいぜぃ。同伴を許可しよう。武器は……預からなくて大丈夫だな」




 ……なんだ?
 なんで、俺たちが武器を持っていないってわかったんだ?
 たしかに、それらしい物は持っていないにしても、暗器のひとつやふたつ、可能性として考慮するはずだ。しかし、それすらも考慮しない……ということは、それほどまでに、ここの警備はザルなのか……?
 いや、それはない。
 にわかには信じがたいが、目の前の男は知っているんだ。
 俺が、俺たちが丸腰であることを……。
 くそ、こんなことになるんだったら、ビーストを引き留めていたらよかったか……。




「あ、ちょっといいですか」


「おや、なんですかぃ?」


「……ユウ、おまえはやっぱ付いてくるな」


「え?」


「アーニャとヴィクトーリアと共にいろ」


「おにいちゃん、あたしは――」


「言うことを聞け。これはもしもの時の保険だ……」


「保険……?」


「ヴィクトーリア」




 俺は、もうすでに意識が食べ物に向いている、ヴィクトーリアを呼びつけた。




「なんだ?」




 ヴィクトーリアは大量のカップケーキが乗った、とりわけ皿を手に、頬を膨らませながら俺のほうまで寄ってきた。
 俺はその底なしの食欲に呆れながら、ヴィクトーリアの耳に口を近づけた。




「おまえは、ユウと一緒にアーニャについてろ。もし、俺たちが帰ってこなかったら、その時はその旨をビーストに伝えればいい」


「帰ってこないって……、そんなことを言うな。それだったら、全員でついていくぞ」


「うん。おにいちゃんをひとりにはさせないよ」


「やめろ。全員で行って、一網打尽にでもされたら、それこそ終わりだ。だからおまえらは、アーニャに気を配りつつ、退路も確保しておけ。大丈夫、もしもの時はユウが活路を開いてくれる」


「し、しかしだな……」


「一時間だ。それがタイムリミットだと思え。一時間経って戻ってこなかったら、……わかってるよな?」


「うう……、わかった。けど、絶対に無事に帰ってくるんだぞ?」


「あたしはいやだよ」


「だから、言うことを聞いてくれ。お前以外に、この役割は任せられない」


「でも、そうだとしても、おにいちゃんが……」


「勘違いすんな。俺だって、こんなところで死ぬのはごめんだからな。どんなことをしてでも生き残る。俺の悪運の悪さは知ってるだろ? それとも、ユウ。おまえは俺を信じられないのか?」


「信じてる。信じてるけど……それは、ズルいよ、おにいちゃん」


「ああ、俺はズルズルだからな」


「それはそれで、意味がわからないぞ」


「そろそろいいかぃ? 大将?」




 もうすでに先に進んでいたテッシオが振り返り、俺たちを急かしてきた。




「今行きます! ……よし、じゃあ、またあとでな」


「ああ。またあとで。くれぐれも、危険なことだけはしないでくれ」


「わかってる。……二人をたのむぞ、ユウ」


「………………」




 ユウは返事はせず、こくりと頷いた。

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く