戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

西紅柿



 朝方に、アムダの神殿を発った俺たちが、キバト村についたのは、陽が傾きかけてきた頃。
 村の第一印象は、思ったほど暗くない。むしろ、明るい……だった。
 とりあえず俺たちは、宿を取るために村で宿を探したのだが、どうやらキバト村には宿はないらしい。
 珍しいな、と思いつつなにか代替案はないのか? と、村長に尋ねると民宿ぽいものがあるとのこと。
 とりあえず、歩き詰めでしんどかった俺は、そこに泊る旨を伝えると、カタログのようなものを渡された。
 カタログにはこれまたビッシリと、民宿の紹介が星付きで載ってあった。
 不思議に思いつつも、俺は適当に星が三つ付いている中くらいの民宿を選んだ。
 民宿につくと、家の中から、人の良さそうな老夫婦が、俺たちを快く招き入れてくれた。
 家はそこらへんにある民家と何ら変わりなく、特別、『民宿らしさ』を感じることはなかった。
 とりあえず、風呂に入りたいとのことで、女性陣は遠慮がちに風呂へ、俺は手持無沙汰になるのもなんか嫌だったので、食卓へと移動した。
 食卓にはすでに食事の用意が出来ており、俺に気がつくと老夫婦はにこっと笑顔を浮かべ、俺を食卓に座らせてきた。
 ……ちなみに、その食卓にはトマトや、トマトを使った料理は一切なかった。




「おや、その覆面は食事中にも取らないので?」


「ああ、気を悪くしてしまったらすみません。昔、火事で顔面を大火傷してしまいまして、その名残で人に顔を見られるのがあまり得意ではなくて(ウソ)。もし、気になされるのでしたら、取りますが……」




 ちなみに、隠者の布は相変わらず、顔に巻くことにした。
 さきほどの騒ぎは、『突然、口に飛び込んできた虫かなんかを誤飲してしまい、それで息ができなくなってしまった』ということで、なんとか納得してもらった。
 こういう時ばかりは、純粋な子ばかりだと助かる。
 ならそんな純粋な子を騙すことに何ら抵抗はないのか、と問われれば――ない。
 んなもんはない。だって、未遂ですし。




「おやおや、そんなことが……。気にしないでください。ただ少し気になっただけです。あなた方は、わしらの御客人。どうぞごゆるりと、くつろいでいってくださいませ」


「ありがとうございます」




 さて、色々と訊いておきたい事はある。
 なにしろ、俺がクリムトから聞いていた印象と、実際の村の印象がかけ離れている。
 本当に、この村は魔物に支配されているのか。
 それとも、クリムトが言っていた通りただの根も葉もない、噂話だったのだろうか。
 まあでも、このふたりに聞くのは、あの三人が風呂から出てきた頃だろう。
 ……というか、一般民家風なのに、あの三人が入れるほどの風呂があるんだな。
 さすがは民宿と言うべきか……いや、それとも今、浴室はすし詰め状態!?
 くんずほぐれつ状態!?
 キャッキャウフフ状態!?
 やべえな。
 男の浪漫がこんなにも近くに、まさに手を伸ばせば届くところにあるとは……。
 これは、飯食ってる場合じゃないな。
 其処に風呂があれば、覗かざるはおのこの恥。
 これ以上、恥の上塗りをしてたまるか。
 男ユウト。
 桃源郷に飛び込み、真なる男へ――




「おー、いいにおいがするな、食事はもう出来てるのか」


「あ、ユウトさんこちらにいらしたのですね」




 三人は、すでにその身に湯気をくゆらせていた。
 ほのかに香るはトイレタリーシャンプー等のかほり。
 その香りが三人はもう、風呂から上がったということを如実に表していた。
 よかった。
 俺は罪を犯さずに済んだのだ。




「……おにいちゃん、もういっかい、今度はあたしとお風呂に入る?」


「心の中を見透かしてるんじゃねえよ。それに、天地がひっくり返っても、おまえとは風呂に入らねえ」


「残念。こんなに成長したのに……」


 そういって、ユウは無駄に成長した胸部の駄肉を、これでもかと強調してみせた。


「ふむ、確かにユウのはすごかったな……」


「えー? そんなことないよー、ヴィクトーリアさんだって、素敵だったよ?」


「ううう……わたしだって成長すれば、いずれ……」




 アーニャだけが会話に参加できず、俯いていた。
 大丈夫、物事には専門分野というものがある。この場合は胸の事だ。大きければいいなんてことはないんだ。靴の大きさがそれぞれあるように、胸の好き好きも人それぞれ。大きいのが好きな人もいれば、もちろんその逆もいる。だから、キミが落ち込むことなんてないだよ。元気を出してくれ。
 ――と、励ましたかったが、やめといた。
 傍から見たら、ただの変態だからである。




「……まあ、ヴィクトーリアも相当なのはわかっている。なんせ八十六もあるんだしな」


「ゆ、ユウト……!? それは忘れろと言ったではないか!」


「フム、ハチロクか。この数字は忘れそうにないな……」


「お、おまえを殺して、わたしも死ぬぅー!!」









 一通りヴィクトーリアにボコられた後、俺たちは老夫婦と仲良く食卓を囲っていた。
 不機嫌だったヴィクトーリアも、いまでは笑顔で白米をかっ込んでいる。




「おかわり!」


「はいはい。よく噛んで食べてくださいね」


「……それにしても、残念です。食卓にひとつもトマトがないなんて……」




 落胆した様子を見せるヴィクトーリア。
 ……?
 なんだ? いま、あの二人老夫婦、ちょっとピクっと動いたような……?




「最近は不作でして、とくにキバト村名産のトマトは採れなくなっているのですよ」




 やっぱりそうだったのか。
 てことは、その原因も……?




「では、その原因は魔物だったりするのですか?」




 ナイスだ、ヴィクトーリア。
 聞きたい事を聞いてくれた。
 ……でも、やっぱり妙だな。この問題・・に触れようとすると、すこしだけふたりの動きが止まる。
 ふと横を見てみると、ユウも箸の手を止めて、おばさんのほうを見ていた。
 こいつも、獣なりになにか感じ取っているのだろうか。




「……いいえ、魔物ではありませんよ。ただ不作なだけです」


「へーえ、そうでしたか。なんだユウト、どうやらクリムト殿の言ってたことは、ただの噂だったみたいだな」




 ……だと、いいんだけどな。




「……ところで、あなた方はどうしてキバト村へ?」


「魔物退――」


「観光です」




 ヴィクトーリアの言葉を遮る。
 それに特に意図はないけど、本音を言い合う必要もないだろう……と、判断したからだ。
 それになんだか、この二人の態度もなんとなく引っ掛かる。




「観光……ですか。それまたどうして、こんな村に……?」




 むぅ……、これまた予想外な答えが返ってきた。
 一番、適切な回答をしたつもりだったのだが、どうやらこの村に観光・・に来ることは、おかしいようだ。
 ……てっきり、あれほどの民宿があったのだから、観光客も多いものかと思っていたのだが……どうやら違ったらしい。




「いえ、俺たち、なにせ都会生まれの都会育ちですから、なにぶん自然と触れ合う機会がなくて、それで自然豊かな、キバト村を選んだんです。明日もキバト村は近くの森なんかを散策しようと思ってまして……」


「……? ユウトさん、なにを?」


「ユウト?」




 ……しまった。
嘘はなるべく、ひとりの時につかないとふたりが混乱してしまう。
 ユウは黙ってるけど、アーニャとヴィクトーリアが案の定、怪訝な顔でこちらを見ている。
 どうしたものか……。
 ここはなんとか気づいてもらうため、ウインクをしてみることにした。




「………………」




 二人はなにやら黙って、俺の顔を見ている。
気付け。気付いてくれ。もはや高速瞬きと化してしまった、このウインクを!




「……あー!」




アーニャのほうが、突然ぽんと手を叩いて声をあげた。
どうやら、俺の意図に気付いてくれたようだ。
アーニャはヴィクトーリアにこそっと耳打ちをすると、今度はヴィクトーリアが「あー」とポンと手を叩き、俺に液体の入った小瓶を渡してきた。




「……なんだこれ?」


「目薬だ。使っていいぞ」


「あのね、ヴィクトーリアさん。おにいちゃんは多分、この村がクリムトさんの話とはだいぶ雰囲気が違うから、クリムトさんの話は所詮噂で、特に何も問題はないなって思ったんだけど、さっきからあの二人の様子がおかしいし、トマトもなんやかんやで出ないしで、不思議に思ったの。それで、さっきからちょくちょく探りを入れてる限りだと、あのふたりを問い詰めても、これ以上は有益な情報を得られそうにないから、ここは嘘をついて、適当に乗り切って、後日改めて、この村を調査しようってつもりなんだと思うよ」


「ほう、なんだ、そうだったのか」


「うん。そうだけど、それ言っちゃダメだよね? ユウ?」


「えへへ……つい」


「褒めてねんだよなー……」




 俺はそろりそろりと振り返り、老夫婦の顔を見る。
 ……しかし、どうやらふたりはユウの話を聞いて取り乱す様子も、かといって、何か咎めてくる素振りもなかった。
 ……うーん。杞憂か? この村にはホントに何もないのか?
 まあ、いいか。
 調査をするって言っても、怒らなかったんだから。
 あとは適当に調査だけしたら、アーニャもヴィクトーリアも納得してくれるだろうし。
 それからポセミトールに向かえばいいんだしな。
 ……でも、その前に――




「ああ、その、嘘ですから。こいつ、昔から虚言癖があるくせに、誇大妄想癖もあって、ことさら手が付けられないんですよ。いまのはほんと、忘れてください。明日は森にカブトムシでも捕まえに行くんで」


「なるほど、そうでしたか。森に……それは、気をつけてくださいね」


「え? あ、はい」


「……それでは、もう夜も更けてきたことですし、そろそろお休みになられては?」


「そ、そうですね」


「ユウトさんと皆はどうぞ、休んでいてください。わたしは後片付けを――」


「ああ、後片付けはワシらがやりますので、そのままで」




 食器に手を伸ばしていたアーニャがおばさんに止められる。
 アーニャは出掛かった手を引っ込めると「では、お言葉に甘えて……」と言い残した。
 俺たちはそのまま、老夫婦に見送られるようにして、それぞれの寝室のある二階へと上がっていった。

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く