戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

魔物の影



 武闘家。
 それがアーニャの選んだ職業だった。
 てっきり魔法使い系の職業になるのかと思いきや、アーニャは自分に合っているから、という理由で武闘家になったのだ。
 なんと健気な女の子なんだろう。
 俺は一生、アーニャを養っていこうと決めたのでしたまる。




「――なんて考えてるけど、ホントに良かったのか? いまならまだ魔法使いに変えれるんだよ?」


「いいのです、ユウトさん、それにみんな。わたしは『どの職業になりたいか』、より『どの職業ならみんなの力になれるのか』、を選び取ったにすぎません。たしかに心残りがないか、と訊かれれば……なくはないのですが、もし、魔法使いになったとしてもそれは同じ。ですからわたしは、武闘家を選んだに過ぎません」




 正直、魔法を使えない魔法使いでもアーニャの潜在能力ポテンシャルなら十分戦える。
 ……なんて、口が裂けても言えないな。
 とはいえ、これで武闘家を極めたら、完全に手が付けられなくってしまうな。
 それはそれで、見てみたくはある。




「よう」




 一通りの転職を終えたのか、クリムトが俺たちの輪に加わってきた。
 気がつくと、日はとっぷりと暮れていた。その間、ずっと働き詰めだったクリムトの顔には、若干疲労の色が見えていた。




「おう、おつかれ」


「ああ、疲れた。ったく、何人魔物に変えてたんだよ。アークデーモンのやつ……」


「そういえば、おまえ、これからどうするんだ?」


「……そうだな、とりあえずは勇者の酒場本部を目指す」


「なんだ、もうここで神官やらねえのか?」


「アホか。見てみろ、この有様を。続けたくても続けらんねえだろうが」




 そう言ってクリムトは周りを見渡す。
 さっきまで掃いて捨てるほどあった瓦礫が、いまではもう全て、ヴィクトーリアの錬金術により、小道具へと変わっていた。
 辺りは転職の間を残して、更地と化していた。
 いやはや、飲み込みが早いというかなんというか……、ヴィクトーリアは熱中すると、周りが見えなくなってしまうタイプ、だということがわかった。




「す、すまない、クリムト殿。ついはりきってしまって、この有様だ」


「いやいや、いいんですよ。存分に使っちゃってください。ヴィクトーリアさんに使ってもらえるなら、神殿も本望です」


「適当なこと言ってんじゃねーよ。どうすんだよ」


「……とりあえず本部に行って、必要な神官の補充と、神殿再建の進言でもしてくるさ」


「そうか。てことは、正式におっさんの跡を継ぐことにしたんだな」


「まあな。あーあ、本音をいえば、もっとぶらぶらしたかったんだがな。おまえみたいに」


「誰がぶらぶらしてんだよ、誰が。俺たちには立派な使命があるんだよ」


「へえ……魔王退治か。だけど、それは最終目標だろ? こっから次はどうするんだよ?」


「まあ、こっからだと……どうだろうな。ポセミトールが近いから、その近くにあるキバト村だな」


「キバト村か……」


「……どうかしたのか?」


「いや、風の噂で聞いたんだが……、そこって美味いトマトが取れるって知ってたか?」


「トマト!?」




 ヴィクトーリアが大袈裟に反応してみせる。
 好きなのはトマトソースだけじゃなくて、トマトもなのね。




「そう。トマトが有名なんだが……、最近そのトマトが不作で、ポセミトールのトマトの単価が高騰してるんだよ」


「不作? それは別に、俺らが気にすることじゃないだろ」


「いや、それが天災や飢饉による影響だったら、俺もこんなことは言わねえよ。けどな、どうやら、そうじゃないみたいなんだ」


「……どういうことだ?」


「魔物の影響だとよ。ある日ふらっと、どこからともなく、バカみたいに強い魔物が現れたんだと」


「周辺の村や、もちろん卸先のポセミトールなんかが、討伐隊を編成したんだが、返り討ちにあった」


「はあ? おまえ、ポセミトールっていや、かなりデカい街だろ? そこにいる冒険者っていやかなりのもんじゃねえか。……どうせ、適当な冒険者だけで編成したんじゃねえのか?」


「いや、そうじゃない。ポセミトール市民は無類のトマト好きなんだ」


「おお、親近感……!」


「……だから?」


「だから傍から見たら、大袈裟なんじゃないか、てくらいの小隊で討伐に当たったらしいんだ」


「……それで、返り討ちにあったのか?」


「そうだ。ただ、奇妙なのは、その魔物はただ、畑のトマトを食い荒らすだけで、人的な被害は出していないそうだ。討伐隊も、ケガを負ったものの、誰一人として死んでいないらしい。身ぐるみは剥がれたらしいがな」


「なんだそれ……」


「だから忠告してんだよ。色々・・と気をつけろってな」


「はあ、まじかよ。……じゃあ、ここはキバト村は迂回して――」


「助けよう!」


「へ?」




 ハッキリとした声で、ヴィクトーリアが俺の発言を遮ってきた。
 あなた、なんか目がトマトになってませんか?
 危険だよ。危ないよ。この子。
 トマトのために、ともすればパーティ潰す気だよ。




「わたしたちで、困っているキバト村の人たちを助けるんだ!」


「いや、でもさ――」


「助けようじゃないか!」


「いや――」


「れっつ、どぅーいっと!」


「で――」


「助けちゃおう!」


「ゆ、ユウトさん、残念ですが、こうなってしまった以上、ヴィッキーは止められません……」


「……はい。見ればわかります」


「あ、で、でも、それにっ! 困っている人がいるのでしたら、それを助けるのもまた、めぐりあわせです。大丈夫、いざとなれば、わたしがユウトさんをお守りしますよ」


「あ、アーニャちゃん……!」


「大丈夫、いざとなったら、あたしがおにいちゃんを守るよ!」


「ゆ、ユウ……! ……おまえはいいや」


「では、とりあえず次の目的地はキバト村、ということでいいのだな!? あとから変更は聞かないぞ? 聞きたくないぞ?」


「うん、もうそれでいいよ」


「やたー! トマト! トマト!」


「……その魔物、直接こっちから手を出さない限り、向こうから攻撃してくることはないんだろ?」


「ああ、噂ではな」


「……あくまで噂ってとこ強調するなよ。不安になってくるだろ」


「知らねえよ、噂なんだから」


「……とりあえず、今日はもう遅い。明日からキバト村に向かう」


「おっと、そうだ。ユウト、おまえに渡すもんがある」


「なんだ?」


「これだ。有難く受け取れ」




 そう言ってクリムトが差し出してきたのは、紅い、小さな文字列が縁に描かれている灰色の布切れ。
 ……隠者の布だった。




「……いいのか、これ?」


「持って行け。それ、もう使えねえだろ?」




 クリムトは俺の腕に巻かれている、隠者の布を指さした。
 たしかに、もうズタボロになっている。たぶん、アークデーモンに蹴飛ばされたときにやられたな。
 これではもう、この布の機能は使えないだろう。




「……助かる。もらっておくよ」


「ああ、約束だからな。っと、そうだ、ヴィクトーリアさん、ちょっと質問があるんですけど……、いいですか?」


「無論だ。何でも聞くがいいぞ」


「……まあ、なんだ。変なことを聞くかもしれないんですけど、転職の間に行く前――アークデーモンに会う前に、なにか口にしていませんでしたか?」


「え?」


「なんだ、それ? そんなこと訊いてどうすんだよ」


「いや、転職が効かなかった。って言ったろ? でも、いまのヴィクトーリアさんは紛れもなく、錬金術師なわけだ。つまり、転職できている」


「……たしかに」


「で、俺なりにその原因を考えてみたんだよ。……それで、なにか思い当たりませんか?」


「うーん……」


「あ、そういうやヴィクトーリア、食ってたじゃん。饅頭。アムダ名物の」


「ああ、あの美味しかったものか! うんうん、確かに食べたな。もう一度食べたいものだ。……それで、それがどうしたのだ?」


「やっぱり……。こっからは俺の推論になるんだけど、たぶん食べた饅頭の中に、転職妨害物質のなんらかが入ってたんだろうな」


「なんでそんなものを……?」


「すでに人間に変わっていた魔物が間違って、戻らないように、だろうな」


「いや、でもあの饅頭、アムダの神殿内で普通に売ってるし、買おうと思えば誰でも買えるやつだぞ?」


「……ならおまえ、アムダの饅頭なんて食うか?」


「……食わないけど」


「そういうことだ」


「いやいや、どういうことだよ」


「あれは基本的に魔物と観光客用のものだって意味だよ。冒険者は転職に、観光客は観光に来てんだ。それに、アムダの大神殿は回転が早い。なおさら買って食うやつはいないんだ。よほどの食いしん坊……おほん、食べることが好きな人以外はな」


「な、なるほどな。そういうカラクリだったのか……てことは、今回、アーニャたちはヴィクトーリアの食い意地に救われたってことか……」


「な、なんだそれは! 嬉しくないんだが!」


「ありがとう、ヴィッキー!」
「ありがとうございます。ヴィクトーリアさん」


「うう……こ、今度から食べる量を減らす……」

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く