戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

アムダの大神官



 アムダの神殿地下二階。
 ……おかしい。
 静かすぎやしないか?
 ここはもっと、なんというか、神官たちが忙しなく動いている場所のはずだ。
 事務所があるはずだし。
 それが、一人も見えない。それどころか、気配すら感じない。
 それに、地下一階から地下二階につづく階段に、なにやら立ち入り禁止の立札も立ててあった。もちろん無視して進んできてはいるが……。
 そしてなにより気になったのは、鼻腔をくすぐるこの不快な臭い。
 これは……血と油のにおい。
 それも、魔物のような刺激臭ではなく、どちらかというと同族人間の、鼻に纏わりついてくるような臭いだ。
 しかも、これは相当な数だ。
 一人や二人などではない。十人以上は――




「!?」




 俺は目を疑った。
 地下二階への階段を下りた先にある、長い廊下の突き当り。
 遠くからではその全貌がわからなかったが、近づくにつれ、その全容が、臭いがあるひとつの事実を指し示していた。
 大量の人間の死体。
 そこにはなんと、神官たちの死体が山のように積み重なっていたのだ。
 ここで行われたのは、無慈悲の虐殺。
 どれもこれも廊下側を背に息絶えていた。
 そして、この腐敗臭からして、死後数時間のものではないことが判明した。
 なんだ?
 どうなっているんだ?
 アムダの神殿で一体、何が起こっているんだ?


「……ッ!」


 そこで、脳裏に浮かびあがったのは、三人の顔。
 三人が危ない!!
 俺が踵を返そうとすると――
『そこに、誰かいるのですか……?』
 と、背後から何者かに呼び止めれた。


 俺を呼び止める声。
 それも若い男の声。
 死体はしゃべらない。ということは……俺はこれに対し、返事をすることを迷った。
 理由はふたつある。
 ひとつ、俺は戦えないからだ。
 もし、返事をして俺がいることがわかったら、そいつが襲い掛かってくるかもしれない。
 いま息絶えているこの神官たちと、同じようになってしまうかもしれない。
 どう見ても、この状況は普通じゃない。何が起こっても、不思議ではないのだ。
 これが誰による仕業かも、何が目的なのかも、そして、どうやって死体を積み上げたのもわからない。
 なにひとつとしてわからない。
 そうなってしまうと、後手に回らざるを得なくなる。
 単体での戦闘力皆無の俺が、ここで襲われでもしたら、それこそ終了。ジ・エンドだ。
 そしてふたつ目、これが一番の理由。
 ここから一刻も早く出たかったからだ。
 ここでもし返事をして、声の主に悪意が無かったことがわかっても、その時点ですでに時間のロスだ。
 新手が階段を下って、ここへやってくるかもしれないし、そもそも、声の主はそれ時間稼ぎが目的なのかもしれない。
 そう、だからここで俺が選択すべき行動は、この声を無視して――




「お願いです! ここから出してください!」


「………………」




 無言。
 なんだ、囚われてるのか……?
 しかし、それが罠じゃないという保証もない。




「この惨状を見て、警戒なされているのはわかります! しかし、私はここの大神官です! どうか、どうか助けてはいただけませんか?」


「………………」




 第一、なんで俺が助けてくれるやつだと思ってんだよ。魔物とかだとは、欠片もおもわねえのか? この大神官様は? その時点で怪しい。
 ……はあ、もういいか。考えるのも馬鹿馬鹿しい。
 そろそろ行かないと、まじめに三人が危ないかもしれない。
 悪いな、大神官様とやら。
 俺はここでまごついてる暇はねえんだ。一刻も早く上階へ戻って、あの三人のところへ行かないと。




「もしここから出してくれれば、きっとお礼をいたします! アムダの総本山がしこたまため込んでいる金銭を、すべてお譲りいたしま――」


「うおっけぇーい!!」


「! や、やはり、どなたかいらしていたのですね! ここです! 部屋の中です!」




 はっ!? やってしまった!
 金銭を全部くれるという悪魔のようなワードに、俺のハートが震えてしまった。
 やってしまったことは仕方がない。このまま魂のビートを刻むしかないか……。




「おい、あんた! 部屋の扉が神官たちの死体で隠れてて、とてもじゃないけど入れない。どうしたらいい?」


「とてもじゃないなら、根性で何とかしてください!」




 無茶を言うな、この大神官様(仮)は。




「無理だ! 根性で何とかなるんなら、もうとっくにしてる!」


「……そこに、侵入者撃退用の罠があるはずです! なにか、ボタンのようなものが見えませんか!?」


「ボタンって言われても……」




 そう言われて、俺は鼻をつまみながらあたりを見まわしてみる。
 死体、死体、血だまり、死体、死体、死体……。
 それ以外には何も見えない。第一、侵入者撃退用の罠だろ?
 それって、俺危なくねえか? 大丈夫か?
 ……そう考えていると、死体の山のすこし横。
 部屋の扉の横に、小さな、呼び鈴のようなボタンが備え付けられてあった。
 怪しい……けど、ボタンっていったらこれしかないんだよな。




「なあ! 大神官様! 扉の横に、呼び鈴ぽいのがあるんだけど!」


「そう、それ! それです!」




 やはりこれか。
 どうする? 押すか? いや、押すだろ。ここまで来たんだから。
 逆にどうやったら、押さないって選択肢ができるんだよ。
 よし、押すぞ! 押すからな!? 押す! 押すんだ! いくぞ! さあ、押 せ! 俺! 押せ!




「押せよ!」




 部屋の向こう、大神官様(仮)が俺に向かって怒鳴りつけてきた。
 その気迫に気圧され、俺はとうとうボタンを押してしまった。
 ……しかし、何も起きない……?




「ああ、そうそう。ただ、押すときに気をつけてくださいね! ――死にますから!」


「へ」




 大神官様(仮)の声に呼応するようにして、ガチャコンと円筒の物が天井から出てくる。
 次の瞬間――
 ボゴォォォォォォォォォォォォ!!
 大火力の青炎が、死体を焼いていった!
 なんとかして難を逃れた俺は、端に寄ってその光景を見守ろうとするが――




「オエッ……! オエエエエエエエエエエエエエ!?」




 なんだ、この刺すような刺激臭は!?
 鼻から全身に抜けて、頭を凌辱されたような感じ。
 気持ち悪い。視界が揺れる。呼吸したくない。
 なにより、目が開けられない。
 全身が全霊で、ここに居ることを拒否している。
 一刻も早く、ここから逃げ出してしまいたい。
 それでも、俺をここに縛り付けているのは大神官様(仮)との約束か、はたまた足が竦んで動けないでいるのか。
 結局俺は、永遠とも思えるその永い地獄を前に、直立不動で立ち尽くしていた。









 そこにあった死体がすべて黒焦げの焼死体と化したのは、時間にしておよそ数分。
 それほどまでに、侵入者撃退用の罠というやつの火力は優秀だった。
 そして、人間の慣れというものは怖いもので、あれほどまでに体が、頭が拒絶していた臭いさえも、今はなんら感じなくなっていた。
 俺は焦土と化してしまった待機所前廊下で、ただ作業のように、待機所の扉を開けた。
 あれほどの火力を受けたにも拘らず、扉は健在で、ドアノブはびっくりするほど冷たかった。
 ギィ……。
 俺はノブを回し、おそるおそる待機所内へと入っていった。
 そこにはなんと、薄黄色い球体の中に閉じ込められている大神官様(?)がいた。
 球体は物理的なものではなく、魔法によって生成されているのか、時折『ブゥン』と輪郭が朧気になっていた。
 そしてその中心、緑色と白色の十字架が描かれている帽子。
 真っ白い神聖そうなローブ。
 顔は残念ながら、目元爽やかなイケメンである。
 年のころは俺とあまり大差ないように見てとれた。




「無事だったのですね、ここです、助けてください!」


「……いや、助けてくださいって言っても……」


「この魔法牢に触っていただければ、それでいいのです。どうか、お願いいたします」


「いや、なんかこれ触って、また死にそうになったりしない?」


「……はい。問題ありません」


「いや、一瞬言い淀んだよね。見逃さねえよ? 二度目はねえからな? さっきのだって、光の速度を誇る俺の反射神経があったからこそだからね?」


「いいから早く触りやが……てください! このままでは、後にも先にも進めません」


「はあ、まあいいや。ここで確認させてもらうけどさ、あんたを助けたら、なんでも欲しいものくれるんだよな?」


「はい! はい! もちろんです!」


「……じゃあ、いくぞ……!」




 俺は恐る恐るその魔法牢へと近づいていくと、人差し指でチョンと触れた。
 すると魔法牢は見事にパァンと霧散し、中からイケメン大神官様(仮)が出てきた。




「……いますぐ色々と請求してやりたいけど、そんなこと言ってる場合じゃないのもわかってる。俺はもう上へ行くから、おまえはどこかに隠れてろ」


「やらねえよ……」


「へ?」




 さきほどとは全く違う声色に違和感を覚え、振り返る。
 大神官様(仮)は煙草を口にくわえ、手に持ったライターでカチッ、カチッと火をつけていた。




「……いま、なんか言った?」


「……ふぅ。助けてくれたことには礼を言う。けど、それだけだ。おまえにやるもんは何ひとつねえ」




 大神官様(仮)紫煙をくゆらせながら、さきほどまでとは違う視線で俺を見据えている。
 なんだこいつ。
 二面性というか、別人格か?
 さっきと全く違うんですけど。




「おま……! おい、フザケてる場合じゃねえだろ」


「おまえ、あれだろ? 筆頭勇者ユウキのパーティ『ユウト』だろ?」


――――――――――――
読んでいただきありがとうございました。

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く