戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

アムダの神殿



 アムダの神殿。
『神殿』とはいいつつも、本殿は小さく、建物はまるで地方にある小さな教会のような外観なのだ(建物と敷地面積はデカいが)。
 そして屋根のてっぺんにはこれまた豪快に、十字架がブスリと突き刺さっていた。
 その十字架にはなにか、ものすごく有難くて、よくわからないホニャホニャとした理由が込められている……とのことだったが、正直憶えていない。
 ちなみに、世界各地にアムダの神殿は点在しているのだが、ここはその総本山。
 だからここへは転職を希望する冒険家たちや、観光客などでごった返しており、連日超満員の大盛況となっている。
 これを活かさぬ手はない。と、立ち上がったのが、我らが『勇者の酒場ギルド』。
 アムダ饅頭からはじまり、アムダティーシャツ、アムダペナント、アムダタオル、果てはアムダ下りツアー。
 下りのツアーってなんだよ、どこをだよ、屋根をか? あの急こう配の屋根を下るのか? 下ってしまうのか? アホか!
 とツッコまずにはいられない、魅惑のラインナップとなっている。
 そのせいか、いまやアムダ神殿総本山は、一大観光産業としても成り立っており、大元である、勇者の酒場の懐を潤すことにも一役買っていた。
 まったく、あいつらギルドのその有り余る商魂には、ある意味脱帽ものだが、それをもう少し冒険者へ還元してはくれないものだろうか、と期待するだけ野暮なのは、皆知っている。
 話は戻るが、アムダの神殿とはまさに、すべての冒険者にとっての入り口だ。
 俺も遡ること……まあ、何年前かは忘れたが、あの忌々しいユウキダメ人間に連れられ、ここへ来て、エンチャンターに転職した。
 転職するにあたっては、神殿内部で行われる『転職の儀』を受ける必要がある。
『転職の儀』と大層な名前を冠してはいても、杖を持ったおっさんが『はいやーほいやーそいそいそい(忘れたから適当)』と唱えるだけの、至極簡単な作業。
 その分、回転率もよく、冒険者・・・掃けもいいのだが、見た目からはわからないほどに、それは重労働らしかった。
 そういえば、今思い出したけど、この前新聞で、アムダ神殿の大神官が退役したんだっけ。
 後任にはたしか、あのおっさんの孫が務めているんだっけな。
 退任の理由は『腰が痛いからもう無理』だったっけ。
 もうすこしなんというか、なにか言い方はあったのではないか、とは思ったが、なんかもうどうでもよかったので、どうでもよかった。
 ……あのおっさん、前からあんな適当なかんじだったし。
 ちなみに、アムダ神殿自体は非営利目的の組織なので、転生の儀は無料タダで受けられるのである。
 ただし、饅頭やらティーシャツやらなんやらは普通に金を取るのだ。それも割高で。
 そこは勇者の酒場管轄だからね。
 したがって、以前来たときは大神殿内で『しゃっせー』とか『まいど、あじゃじゃしたー』という、およそ場違いとしか思えない掛け声がそこら中で飛び交い、反響し合っていた。
 まじで神殿だよな? ここ? と、問いたくなるくらい賑やかだったのだ。
 それが良いのか悪いのか、と問われると……うん、まあ、ほら、悪いよね。神殿だし。
 とまあ、長々とアムダの神殿について語りはしたものの、とにかくここは職業を変えられる場所、ということだ。。




「みてみて、ヴィッキー、このティーシャツ! 可愛いよね」


「おお、いいな! ちなみに、この『マンジュウ』というやつも美味いぞ! おい店主、トマトソースは無いのか?」


「ねえなぁ……。チリソースならあるんだが……」


「ひ、ひぃ……チリソース……」




 そしてここにもふたり、アムダ神殿観光地を満喫している方々が。
 アーニャは可愛いものに目が無いのか、さきほどからあっちへこっちへ、目移りしまくっている。
 初めて見る光景にはしゃぐのはわかる。けど、さきほどからアーニャが手に持って、可愛いと触れ回っている『アムダティーシャツ』は、白地のティーシャツにアムダ神殿がデカデカとプリントされているだけの、至極単純な作りのティーシャツだった。
 ごめん、アーニャ。
 君のいう可愛い基準は、俺には理解し難い。
 だって、ただの建物なんだもの。




「……なあ、アーニャ」


「はい、いかがなされましたかっ! ユウトさん!」




 アーニャは未だ興奮冷めやらぬ様子で、俺のところまで駆け寄ってきた。
 その顔は上気しており、いつものアーニャとは違って、年相応に見えた。
 そして俺はアーニャの頭に手を置くと、あろうことか、そのまま撫でまわしてしまった。
 よく手入れされているであろう、金色の髪一本一本が、スルスルと俺の指の間を滑る。
 そして、撫でるたびに、何かよくわからないいい香りがあたりに漂う。
 条件反射。
 すり寄ってきた猫をおもわず撫でてしまうように、アーニャの頭も撫でてしまう。
 仕方ない、アーニャのせいだ、仕方ない。
 ……なんて酷い句だ。我ながら何をしているんだ、と思ってしまう。




「くすくす……どうなされたのですか? ユウトさん」


「いや……、職業はもう決めたのか?」


「はい。一晩ぐっすり寝て、決めさせていただけました」


「そっか。決めたのなら、俺がどうのこうの言う必要はないな。アーニャの好きなようにすればいいよ。あとは俺がきちんとサポートするから。そのためのエンチャンターだしな」


「はいっ! ありがとうございます! ……あ、えっと……」


「ん? どうかした?」


「あの……、一晩と言われて思い出したのですが、ユウトさん、昨晩はきちんと休まれたのですか?」


「あー……いやー……」




 アーニャが俺にそれを尋ねてきた理由。
 たぶん、昨晩のユウのことだろう。
 昨晩、就寝時のことだ。体に何か違和感を感じ、目を開けてみたらユウの後頭部が目の前にあったのだ。
 どうやらユウが、布団のように俺の上にかぶさっていたらしかった。
「何やってんだ?」
 って訊いたら、寝ぼけまなこで「幽体離脱~」とか言って、ゆっくり状態を起こしやがった。それ以降も何かと、俺にくっついてきたり、近くでもぞもぞしてきたりで、結局寝られなかった。
 なんなんだろうな、あいつは。
 十中八九、俺の言った『あとで憶えておけよ』を曲解していたのだろう。
 それか、やっぱり頭がおかしいんだろうな。たぶん。
 母さんが俺に提案したのは、旅に連れてけ、じゃなくて病院へ連れて行けってことなんだろう。




「おにいちゃん、ボーっとしてどうしたの?」


「おまえのことを考えてたんだよ」


「それって、告白プロポーズ?」


「ちがうわ! 悲しいんだよ。妹がこんなんで……」


「そうなの? 大変なんだね」


「おまえのことなんだけどなー!?」


「ふふふ……、おにいちゃん、おもしろい顔」


「……ところで、訊くだけ無駄だろうけど、おまえは決まったのか?」


「ばっちり」


「ふうん、それで、何にするんだ?」


「ナ・イ・ショ(魔法戦士)」


「うん、内緒に出来てねえな! 漏れてんだよ、心の声が! 漏洩してんだよ、秘匿情報が! 口から!」


「な、なんだイキナリ? デカい声出して……!」




 食べかけの饅頭を持ったヴィクトーリアが、ビックリしたような顔で俺を見上げる。




「おまえはいつまで食ってんだ……」


「いやいや、なかなかにうまいぞ! ここの『マンジュウ』は! 『コシアン』というやつが効いてるらしいな! これで、トマトソースのひとつでもあればいいのだが……、そうだ、ユウトも食ってみるがいい! ほれほれ!」


「や、やめろ……! 食いかけの饅頭を口に押し付けるな! それに、俺は甘いものが苦手なんだ!」


「な……!? そうなのか!? もったいないな、うまいのに」


「……ああ、そうだ。ガキの時ホイップクリーム大臣に攫われそうになって以来な(ウソ)」


「そ、そんなことが……もったいないな、うまいのに」


「ところで、ヴィクトーリアは決まってるのか? 昨日はなんか、うやむやになっちゃったけど」


「もももももっもっも……もちろんだとも! 心の友よ!」


「そ、そうか……?」




 なんか、昨日からこの話題を振ると、妙にどもるよな。
 何かあるのか……? もしかして俺と同じように、ヴィクトーリアも戦士職を極めすぎて、転職しても意味ないとかか? それなら、言ってくれればよかったのに。




『ピンポンパンポ~ン。番号札六百六十六番をお持ちの方は、神殿一階の転職の間へお越しください。ピンポンパンポ~ン』


「ピンポンパンポンは口で言うんだな……」


「あ、あたしの番だね」




 番号札六百六十六番はユウの番号。
 アムダの神殿はこのように、転職を希望する者には整理券が配られるのだ。
 もちろん、俺は転職を希望していないため、番号札は持っていない。
 持っているのは、俺以外の三人だ。
 それにしても、なんて縁起の悪い数字だよ。
 これ持ってるのが、アーニャやヴィクトーリアじゃなくてよかったわ。




「……もう、ユウの順番まで回ってきたか」


「儀式中は、部屋にわたしたちも入っていいのか?」


「俺が前に来たときは入っても問題なかったな。いまはどうかわからんが」


「ふむ、そうなのか……」


「うーん、そうだな……、どうせ、三人とも転職するんだし、三人で行ってきなよ。俺はもう引退してるおっさん大神官のとこに行ってくるから」


「なんと、ユウトは大神官様と知り合いなのか?」


「知り合いというかなんというか……、まあ、色々だな」


「ふむぅ、そうなのか」


「て、ことだから、三人で大丈夫だよな?」




 俺が問いかけると、三人とも返事を返してくれた。




「よし、じゃあ終わったら、神殿の出入り口で待ち合わせな」




 俺はそう言って、神殿地下二階にある大神官の待機所へ向かった。
 引退しているとはいえ、おっさんはたぶんあそこで待機してるだろ。
 ちなみに、俺がおっさんのところへ行く理由。それはべつに、おっさんの背中をさすってあげたり、茶を汲んだりするためじゃない。
隠者の布ハーミットクロス』をもらうためだ。
『隠者の布』はその名前の如く、包んだものの気配を遮断するもの。
 大神官なんかは、その聖なるオーラのせいで、強い魔物を引き寄せやすく、そして狙われやすかったりするのだ。
 そこで必要になってくるのが『隠者の布』。
 これを体の一部に巻き付ければ、その者のもつオーラを遮断し、隠匿することができる。
 つまり、これからの俺の旅には、もってこいというわけだ。
 貴重な品だけど、まあ、たくさんあるし譲ってくれるだろ。
 それにいちいち、顔を晒して『あー! あの極悪非道勇者パーティのイケメン担当だー!』なんて後ろ指さされてはたまらんからな。


 ……さて、三人も行ったし、俺もボチボチ行くか。

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く