戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

狂犬、加入



「うん、一筋縄だったわね。余裕だった。あー、余裕だわー、つらいわー、余裕過ぎてつらいわー」




 母さんはヤケクソ気味にそう吐き捨てると、『ははは……』と笑ってみせた。
 確かに、母さんが最初に言った通り、襲撃してきた魔物はどれも、一筋縄ではいかない魔物だった。
『エンド級』の魔物ではなかったにせよ、そのほとんどが、ジャバンナ付近で見られる屈強な魔物たちだった。
 俺とアーニャの助力もさることながら、なにより目を見張るほどの活躍ぶりを見せたのが、ユウだった。
 敵の攻撃を全て紙一重で躱し、囮になってくれているのかと思ったら、鋭い一撃で魔物を屠っていく、まさに自己完結した戦闘スタイルで、俺たちの度肝を抜いた。
 ただ、ユウの攻撃には決定力が欠けていたため、そこは俺の付与魔法でサポートしなければならないのだが……、それ抜きにしてもそこらの有象無象の冒険者は、ユウの足元にすら及ばないだろう。
 さらにユウはオーラをまだ、どこにも振っていなかったのだ。
 あいつはこれから、なんにでもなれるし、どうとでも強くなれる。
 正直、エンチャンターとしてクる・・ものがあったが、あいつは俺に囚われずに、あいつの道を生きてほしい。
 オブラートを砕いてゴミ箱に投げ捨てたような表現をすると、正直、関わり合いになりたくない。
 我が妹とはいえ、あいつは狂犬すぎる。
 だから、パーティに加えるようなことはしたくない。




「……て、あれ? そういえば、ヴィクトーリアの姿が見えないんだけど……」




 そういえば、戦闘中にもいなかったような……。
 アーニャとユウは付与魔法使ってたから、いたのはわかってたけど、ヴィクトーリアの姿は見当たらなかった。
 ということは、単独でモンスターの撃退にあたっていたのか……?
 さすがにキツくないか? しかもヴィクトーリア、すぐ泣くし。
 いや、でも、アーニャを超えるほどの怪力を持っているんだ。
 それも可能なのだろう。
 まったく、アーニャといい、俺はなんて仲間に恵まれているんだろう。




「あ、えと……ですね。ヴィッキーは……」


「おーい、みんなー!」




 遠くのほうから、ヴィクトーリアが手を振りながら走ってきた。
 傷はひとつも無いように見受けられる。あれ魔物の大群を、俺の付与魔法無しで一蹴か。
 さすがだ。
 ……それにしても、心なしかヴィクトーリアがの表情からはなにか、申し訳なさそうな感じが伝わってきた。
 なんなんだろ。ま、いっか。




「よかった、無事だったね。ひとりで大変じゃなかった?」


「え? あー……、いや、そんなことはなかったぞ! それと、周辺の住民の避難誘導はやっておいたからな!」


「そっか、そんなことまで……。どこまで役に立つんだ、ありがとな、ヴィクトーリア」


「う……ううん。幸い、住民の人はケガしなかったけど、ジマハリ付きの冒険者の何人かと、義勇兵の人たちはケガをしてしまったみたいだ」


「そう……なんだ。それは……ちょっとまずったかもしれないな……」


「ん? どういうことだ?」


「じつはさ、パーティを募集するためにここに来たって言ったよね?」


「そうだな」


「それは、ここの人たちジマハリに勧誘をかけようとしたってことなんだけど……じつはさ、ここに所属している冒険者の人たちって、かなり腕が立つ人たちでね」


「それはもしかして……度々、ここが襲われるから、ですか?」


「そうそう。俺やユウがいるからかもしれないけど、昔からそういうのが多くってさ。だから、粒ぞろいのここジマハリで募集かけようっておもったわけ」


「でも、最近はそうでもなかったけどね?」


「あれ? そうなの? 母さん」


「うん。べつにユウトを責めてる意味じゃないんだけど、ユウトがジマハリを出ていった頃くらいからかな? 襲撃回数が減ったのは」


「まじかよ……それって完全に俺のせいじゃん……」


「うん。だから早いとこ仲間見つけて、ジマハリから出てって」


「うおーい! 息子にかける言葉じゃねえよな!?」


「冗談冗談。……けど、ほんとにそう思う人も多くなってるよ。今回のことでさらに、ね。前まではそんなことなかったけど、いまではほら、勇者多いし。ユウトだけが希望ってわけじゃなくなったんだよね。それに……、あんたからはいい噂も聞かないしね?」


「ぐ……! たしかに……」


「よくよく考えてみたんだが、ユウトは世間からの評判はどん底なんだろ?」


「そ、そうだけどさ……」




 面と向かって他人に堂々と言われるとへこむ。




「なら、どうやって仲間を集める気だったんだ? もしわたしだったら、そうそう付いていかないと思うぞ」


「ヴィッキー!」


「いや、ちがうよアーニャ。これは仮の話だ。べつにわたしがユウトに不満を持っているわけじゃないさ。現にいま、わたしはユウとのパーティに所属してるわけだし。それになにより、ユウトは恩人なんだからな。……けど、全員が全員、そうだってわけじゃないだろ?」


「ヴィクトーリアの疑問ももっともだ。けど、俺の評判とパーティを集めることは関係ないかな。……まあ、完全にってわけじゃないけど」


「どういうことだ?」


「冒険者ってのは、たいてい勇者の酒場ギルドに登録してるんだけど、誰しもがパーティを満足に組めるわけじゃない。報酬の取り分でもめたり、仲間と冒険性の方向の違いから解散したり、コミュ障だったり……みたいな感じでな。そんなとき、冒険者は勇者の酒場で『傭兵登録』をするんだ」


「傭兵登録?」


「そう。自分をそこに登録しておいたら、あとは勝手に勇者の酒場がその冒険者の能力を査定して、『傭兵カタログ』にその情報を記載する。それで傭兵を雇いたい人たちが、そのカタログを手に傭兵を選択して、勇者の酒場に仲介手数料を払って、傭兵を雇うんだ。傭兵とは、その時の冒険や、仕事内容によって、給料を支払うだけ。まさに、さっぱりとした関係ってやつだね。ま、もちろん傭兵側も選ぶ権利はあるから、俺と分かった途端、契約したがらない人もいるかもしれないけど、基本的に傭兵登録している人は、冒険好きな人が多いからね。そんなに困るもんじゃないよ」


「ちなみに、個人的に支払われる給料というのは、どうなっているんだ? もしかしたら、法外な値段を請求されることだってあるんだろ?」


「ううん。それはない。予めその冒険者の能力値や、冒険の日数などによって、給料の上限と下限が決められているんだ」


「ふむ……だったら、問題はない……な」


「そういうこと。……なんだけど、これもまた厄介なところでね。例えば、弱い冒険者なんかが傭兵登録すると、比較的安全な場所へ、強い冒険者はジマハリみたいな魔物激戦区に振り分けられるんだ。だから、有事の際……、今回は魔物襲撃だね。そのときになると、いの一番に駆り出されるってわけ」


「ということは、ユウトの目的だった……」


「そう。もう強い傭兵のひとが、負傷しちゃってるかもしれないってこと。……まったく、魔物も空気読まないよね……。でも、どのみちあとで勇者の酒場には行くけどさ……ほとんど負傷しちゃってるんだよね?」


「ああ、わたしが見たときはそうだったな」


「はぁ……どうしようかな……」




 このまま、ジマハリに残って冒険者が回復するのを待つか?
 いや、それだと時間がかかりすぎる上に、また魔物の襲撃があるかもしれない。
 それほどのデメリットを覚悟するだけのうまみが、ここにはもうない。
 俺がここで採るべき行動、それはさっさと違う街に行く事……、だよな。
 ……それにしても、ジマハリにまで俺の噂が届いてるってことは、もう俺の悪名もほぼほぼ全国区だな。
 これからは迂闊に顔を晒すこともできない。
 覆面とか、布とか、何か顔を隠すもので対策しないとヤバいかもな。




「うん。わかった。アーニャ、ヴィクトーリア。とりあえずもう、ジマハリからは出よう。ここにいても、ジマハリの人に迷惑でしかないからな。仲間はまた別の町で探すよ」


「そうですね。名残惜しいですが、わたし、ユウトさんの故郷が見れて、すこし感動しました」


「だな。ホントはもう少し、勇者の生まれ故郷とやらを観光したかったが、こればかりは仕方があるまい」


「ああ。ごめんな、ふたりとも。――だから、そろそろ、俺から離れてくれるか? ユウ?」




 俺の左腕、ユウはそこに静かに抱きついてきていた。
 さきほどから、なんとかして振りほどこうと試みていたが、ガッチリホールドされている。
 なんてことだ。
『金魚の糞』どころじゃないな、これは。『金魚のヒレまで移動した糞』だな。




「あのな、ユウ。兄ちゃんはこれから魔王とユウキ腐れ外道に一泡吹かせに行くんだ。ユウはここで……」


「やだ。ついていくから。もう、離れないから」


「でもな、おまえ……」


「いいんじゃない? 連れてってあげなさいよ」


「いや、でも母さん……」


「足手まといにならないのは、さっき証明したばっかりでしょ? なんなら、ここらの傭兵の中でも、一番強いまであるんじゃない?」


「それは……そうかもだけどさ……」




 未だに腕に抱きついて離れないユウを見る。
 泣いているのかどうかわからないけど、すこし震えているのを感じる。
 俺はアーニャとヴィクトーリアのほう見てみた。
 ふたりは俺の視線に気がつくと、すこしだけはにかんでみせた。




「……はぁ、しょうがないか。ただ、足手まといに感じたら、すぐにジマハリに帰すからな?」


「ふぇ」




 なぜかヴィクトーリアが、情けない声をあげる。
 ……なんで、あんたが反応してんだよ。
 まあ、ユウなら足手まといにはならないだろうけど、俺が言いたかったのは、とにかく気を引き締めろ。という意味だ。




「やった。ありがとうおにいちゃん、だいすき」




 ユウはそう言って、俺のほっぺたに唇を押し付けてきた・・・・・・・・・




「なにやってんだおまえ……」


「わーお」


「わあっ! ふふ……素敵です」


「………………」




 母さんはわざとらしく驚き、アーニャに満面の笑みで祝福され、ヴィクトーリアは耳まで真っ赤にして俯いてしまった。
 なんだこれは、公開処刑か?
 母さんにいたっては、娘の奇行を止めろよ!




「みなさん、不束者ではありますが、よろしくお願いします」




 やれやれだ。まあ、けど戦力的には大きな増強だな。――なんて思っていると、ユウが低い声で付け足してきた。




「それと、おにいちゃんを誘惑しないでくださいね。許しませんから」




 先が思いやられるばかりである。

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く