戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す

水無

明鏡止水



 天空都市ネトリール。
 その都市は地上から遥か、一キロも上空にて浮遊していた。
 都市の人口は五千人ほど。
 地上から隔絶された都市で、人々は自給自足で暮らしていた。


 ――最近まで。
 ネトリールを天空都市たらしめたるは、その都市の持つ、高度な文明だった。
 水と空気でクロレラを培養し、人工肉を作る技術。短時間で野菜の成長を促進させる技術。
 そして、都市全体を浮遊させる技術。
 これが近年まで、ネトリールが下界との関わり合いを断ち、独自の発展を遂げられてきた所以ゆえんである。
 しかし、こと現代においては、この限りではなかった。
 現在、飛行船や浮遊魔法の発展によって「空を飛ぶ」という行為は、夢物語ではなくなっていたのだ。
 侵略者。
 地上一キロ上空にある天空都市ネトリールは、自分たちの生活を豊かにする技術に関しては優れていたが、自分たちを脅かす、外的要因に対しての防衛技術はその限りではなかった。
 初めて見る下界人。初めて見る魔法。そして、初めて見る冒険者。
 勇者の名のもとに行われる、合法的な侵略行為。
 わたしたち・・・・・はそれらに対して、あまりにも無知で無防備であった。
 かくして、天空都市は大挙して押し寄せた冒険者の前に、なす術なく陥落し、冒険者たちが支配する都市へと変貌を遂げた……わけではなかった。
 勇者狩りである。
 突如として現れた、その一団パーティは瞬く間に、そこ都市に巣食っていた、勇者候補の冒険者たちを駆逐していった。
 彗星の如く現れたそれ勇者狩りはネトリールにとって、まさに救世主。
 華麗な剣さばきと、多種多様な魔法を扱う勇者ユウキ。
 剣を持たせれば右に出る者はいない屈強な戦士セバスチャン
 殲滅から回復までを一手に担う、稀代の天才魔法使いジョン。
 あとは、えーと……ユウト?




「うおい! 雑だな! 一番活躍したの俺だってば!」


「し、仕方ないだろう。エンチャンターは縁の下の力持ち。いわば裏方だ。目立たないのも無理はない」


「それにしても『あとは、えーと……ユウト?』は酷いだろ! せめてなんか、もっとこう……、あるじゃん! ひねり出せるじゃん! 妥協しないでよ! そこはさ!」


「うう……、そ、そんなに怒鳴らくても……」


「ああ……! だ、ダメですよ。ユウトさん。あまりキツく言ってしまっては、ヴィッキーが泣いてしまいます」


「ご、ごめん。そんなつもりはなかったんたんだ。なんというか、ちょっとキツめにツッコんでしまった。今度からは、もっと優しくツッコむから!」


「ほ、ほんとうか……?」


「ほんとほんと」




 ヴィクトーリアの顔がぱあっと明るくなった。
 ……とても、めんどくさい子だ。


 飛竜信仰の村『ドラニクス』を出立した俺たち一行・・・・・は、一路、俺の出身地である『ジマハリ』へ向かって、歩を進めていた。
 俺のことを恨んでいそうだった国王も、二人が俺のパーティに入るなり、『ああ、そういえばおぬしにはなんも恨みはないんじゃった。失敬失敬湿度計』なんて抜かしてやがった。
 正直、ぶん殴ってやりたかったが、アーニャの手前、軽く脛をキックすることで、その場を治めた。


 ドラニクスといえば、ジマハリからそう遠くはない。
 どうやら俺は、エンドドラゴンに乗って・・・、相当な距離を運ばれたようだ。
 だが、結果そこでアーニャとヴィクトーリアという強力な仲間も加入し、俺の旅は順風満帆……かに思われた。




「………………」


「ム、なんだ? 何をじーっと、わたしの顔を見ている」


「いや……二人は、幼馴染、だったんだよね?」


「うむ。そうだぞ」




 アーニャとヴィクトーリア。
 二人は歳こそ違えど、幼馴染であり、親友であり、姉妹のようでもあった。
 そしてなんと、この二人は近年までその存在が伝説とされてきた、天空都市ネトリール出身ということもわかった。
 ドラニクスにある龍の巣に、空から降ってきた。というウソのような話は本当だったのだ。
 さきほどヴィクトーリアの話にも出てきた通り、俺は……俺たちは一度、天空都市に行ったことがある。
 観光で。
 それは「たまには息抜きにどっかいこーぜ」的なノリで、定期船のチケットを購入したのが始まりだった。
 ネトリールについた俺たちは、街に勇者の酒場ギルドがなかったため、まず酒場へと向かった。
 宿探しのためだ。
 当時、ネトリールには宿がなく、冒険者たちは勝手に民家へ上がりこみ、我が物顔で、そこを占拠していたという。
 そんなこととは露知らず、意気揚々と酒場へと向かった俺たちは言葉を失った。
 そこで見たものは強者冒険者弱者現地人を虐げている光景。


 ルーキーと呼ばれる期待の新人パーティ、熟練の冒険者パーティ、様々なパーティがそこで、我が物顔で傍若無人に振舞っていた。


「な、なんだここは……?」




 俺はユウキ下衆野郎が震えながら、そう言っていたことをよく覚えている。そしてユウキハナクソは続けてこう言った。
「ここは楽園パラダイスですか?」と。
 そう。
 俺たちは『冒険者に蹂躙された都市を救う』という大義名分で、ここにいる冒険者たちをぶちのめすことができたのだ。
 魔物の仕業にみせかけたり、内部分裂したようにみせかけたり、不慮な事故に遭ったようにみせかけたり、罠に嵌めて濡れ衣を着せたりと、ここではわざわざ、そんな回りくどいことはしなくてよかったのだ。
 ただそこにいる冒険者たちを、暴力という名の言語で説き伏せるればいいだけ。
 それからは想像に難くないだろう。
 気がつくと、天空都市にいた冒険者たちは皆、廃人と化していた。
 皆一様に、俺たちの顔を見ると失禁したの後、脱糞し、泡を吹いて倒れた。
 それからなぜか、ネトリールの人々にも感謝されたっけ。
 なるほど、俺たちは……ユウキ下郎は私利私欲のために動いていたが、裏にそんなことがあったのか。
 それからだったな。
 勇者の酒場ギルド非加盟だった天空都市が勇者の酒場に加盟したのは。
 裏でユウキ守銭奴が暗躍していたのも覚えている。
 おそらくギルドから法外な仲介手数料をふんだくり、ネトリールにも無茶な要求をしたのだろう。
 それから数日間、俺たちパーティの羽振りがよかったのは言うまでもない。




「……なんて、二人の前で言えるわけないよな」


「何か言いましたか?」
「何か言ったか?」


「ああ、いえ、なんでもないです。今日もいい天気ですね」


「そ、そうです……かね?」


「ふむふむ、ユウトの国では曇りはいい天気なのだな!」


「あ、ああ、そうそう。そういうこと」


「……と、いうわけでわたしたち、ホントに感謝していたのです。故郷を救って頂いた勇者様たち。まさか、そんな方に会えて、さらにパーティを組めるだなんて!」


「いやいや、ただの行きずりだし、そこまで感謝しなくていいよ」


 マジで。


「いえ、ユウトさんは間違いなく、わたしたちの勇者です。わたしにできることなら、なんでもさせていただきます。それがわたしの、せめてもの恩返しです。……あ、ですが、準備が必要――」


「え? まじで? いまなんでもって言った?」


「え? は、はい……」


「ふむ……」




 待て。
 はやまるなユウト。
 落ち着くんだユウト。
 たとえ同意の上でも、事案になることはある。
 ここは冷静に、冷静になるんだ。
 しかし何でもいいということは、つまりそういうことだよな。
 ……なんということだ。
 一言。
 そのたった一言に、俺のマインドが搔き乱されている。
 こんなことがあっていいのか?
 俺は史上最強と謳われた、稀代の天才エンチャンター。
 本来ならば、俺が敵の心をかき乱さなければいけないのに、なんだこの体たらくは!
 しっかりしろユウト!
 がんばれユウト!
 ここはきっぱり、かっこよく突き返してやるのだ。
『なあに。キミのその笑顔が、なにものにも代え難い最上のお宝だよ』
 キモ―イ!
 なんでこんなに鳥肌立ってるの? バカなの? 死ぬの? 俺、凍死するの?
 ……やはり、ここは無駄にカッコつけず、シンプルに言おう。
 そして決して取り乱さず、心を乱さずにだ。
 明鏡止水、虚心坦懐、晴雲秋月、枯淡虚静。
 よし、だいぶ落ち着いてきた。




「じゃあ、よしよししてもらっていいですか?」




 ??
 なんて言った?
 俺、なんか言った?
 わからない。
 なにもわからない。
 わかりたくもないのかもしれない。
 というか、消えてしまいたいのかもしれない。
 だれかが穴を掘ってくれることを、待っているのかもしれない。
 だれかが俺を殺してくれることを、待っているのかもしれない。
 そもそも、俺が生きていること自体がおかしいのかもしれない。
 そうだ。消えればいいのか。
 なんだ、簡単じゃないか。
 よし、消え――




「よしよし」




 いつのまにかうずくまっていた俺の頭に、柔らかく小さい手のひらの感触。
 目の前の少女が、母神が如き微笑みで、一切の嫌悪や不快感を見せることなく、ただ俺の頭を『よしよし』してくれていた。
 傍らの戦士ヴィクトーリアさんは、何とも言えない表情で俺を見下ろしているが、もはや何も見えない。
 俺には目の前の母神しか見えない。
 俺の薄汚れていた魂が浄化されているのがわかる。
 なるほど、俺はこのために生きていたのかもしれない。
 現在地はジマハリのすぐ近く。
 パーティの募集をかけるべく、ジマハリに寄ろうとしたが、もういい。
 もういいんだ。
 このままアムダへ行こう。
 そこで、職業を変えて、このままアーニャと一緒に暮ら――




「あれ? おにいちゃん?」

「戦えない俺が女の子たちに守られながら魔王と勇者を倒す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く