僕の道

あい

18話

   街を出てどれ位の時間が経っただろうか。今は見渡すと1面森の場所にいる。ここにはジャイアントスパイダーやウルフ、リザードなどがいたが、僕とタマの相手をするには弱すぎた。タマは記憶の1部が欠落しているため、実質初めての戦闘だったらしいが、ステータスが高いおかげか難なく敵を倒していた。

「ふぅ、少し休憩しようか。」

「はいです。」

   僕はそう言うとリザと、タマが命名したリザード、リーズに水をあげた。タマはどうやら周りの警戒をしてくれているようだ。もちろん僕も周りへの警戒は怠らない。

「グゥ〜」

   今豪快になったのは僕のお腹ではない。となると必然的にタマのお腹がなった事になる。

「少し早いけど昼食にしようか?」

「はいです!」

   僕はそう言うとアイテムバッグからご飯を取り出しタマに渡す。

「「いただきます!」」

   タマは余程お腹が空いていたのか、直ぐにたいらげてしまった。

   食事が終わり、次はリザ達にご飯を与える。リザ達のご飯はキエルの好きだったキラーラビットの串焼きだ。2匹ともとても美味しそうに食べていたのだが、僕の後ろでヨダレを垂らしているタマを見たせいか、少し遠慮しているようにも感じた。



   昼食を終え、再び森を走り出す。森を抜けると、遠くに大きな街が見えた。地図によればあそこが今回の目的地レーメロンだ。因みにレーメロンはここミザルタ王国の首都らしい。

「リザ、リーズ、もうすぐ目的地だ。あと少しだけ頑張ってくれ。」

「「ガルゥ!」」

「楽しみですね!」

   どうやら、タマもレーメロンに来るのは初めてらしい。

   それからしばらくして遂にレーメロンの入り口に着いた。検問等があるかと思ったがそんな事はなく、すんなりと入ることが出来た。こんな事で犯罪抑止ができるのか、なんて考えながら街を少し歩く。すると早速冒険者ギルドを見つける。中へ入るとテンプレと言うべきか、柄の悪いおじさんが僕達に絡んできた。

「おいおい、ここはガキの来ていい場所じゃないぜ。」

   ここは穏便にいこう。

「すみません、僕はもう冒険者なので来ても良いと思うのですが?」

「だぁ〜、うっせぇなぁ。そうだ!俺が教育してやるよ。着いてこい。」

   そう言うと男はギルドの奥の階段から地下に降りていった。ついて行くとそこはどうやら闘技場のような所らしく、中では戦いをしている人達もいた。

「どうだ、良い場所だろう、じゃあ早速教育してやるか。」

「ありがとうございます!」

「ケッ、その余裕がいつまでも続くと思うなよ。ルールは簡単、負けは場外に出るか倒れるか。それだけだ。」

「分かりました。よろしくお願いします!タマ、荷物を持っていてくれるかな。」

「それは良いですが、イノチ様、大丈夫ですか?」

   なにやらタマは心配しているらしいが、ただ勉強させてもらうだけなのだ。心配するような事は何もないだろう。

   こうして、Bランク冒険者イノチとCランク冒険者イアンの戦いが始まるのであった。

「僕の道」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く