僕の道

あい

6話

「知らない…天井。そっか、僕、本当に…。」

   僕は身体を起こし、背伸びをする。どうやらこの部屋には時計がないようで今が何時なのか確認出来ない。荷物を持ち1階へ向かう。

「おや、もう起きたんだねぇ。まだご飯の支度は出来てないよ。」

「そうですか。では少し外を歩いて来ます。」

「行ってらっしゃい。」

   宿屋を出てまず向かったのは村の入口だ。キエルはちゃんと待っているだろうか。そんな事を考えながら歩いていると、前にリノさんが歩いているのを見かけた。

「おはようございます!」

「イノチ君か。おはよう。」

「朝早くからお仕事ですか?」

「あぁ、村の近くにリザードが現れたようでね。彼らは頭が良いから村に近付くことはないと思っていたのだが…。」

「あっ、多分そのリザード、僕の仲間だと思います。」

「何っ、では登録書に書いてあった魔物使役というのは本当だったのか!」

「嘘だと思っていたんですか…。」

   そんな話をしながら歩いて行くと村の外で、身体を丸め寝ているキエルを見つけた。近付くとキエルは起き上がり、僕にすり寄ってきた。その様子を見て、リノは先程の話が本当であったことを確信した。

「どうやらさっきの話は本当だったようだね。」

「まだ信じてなかったんですか…。」

「魔物使役なんて聞いたことがなかったからね。」

   リノさんはそう言うとキエルの頭を撫でこう言った。

「今日から君もこの村の一員だ。村の者には私から言っておこう。それではな。」

   キエルは嬉しそうに喉を鳴らし目を細めた。リノさんが行くと、僕はキエルに乗り村の辺りを探索した。と言ってもあるのは1面の砂漠とサボテンのような植物に数匹の魔物だけだった。初めて会ったキラーラビットとジャイアントスパイダーをテイム、そして異空間に収納し、村に帰る事にした。この戦いでスキルは声に出さなくても使用できることが分かった。

   村に帰り、宿屋へ戻る。中では既に朝食を食べている者もおり、丁度いい時間帯に帰って来れたことが分かる。僕は一応キエルを異空間へと収納しおばさんに話し掛ける。

「ただいま帰りました。食事の支度は出来ていますか?」

「出来てるよ。はい、これね。」

「ありがとうございます!」

   食事を受け取り席につく。今日の朝食は黒パンに野菜スープ、焼きデザートオクトだそうだ。デザートオクトはまだ出会っていないが、この砂漠に住む数本の触手を持つ魔物だそうだ。

   食事を終え、宿を出る。僕はこれからの生活に心を躍らせながら冒険者ギルドへ向かうのであった。

「僕の道」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く