話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ゲーマーでモブキャラ扱いの俺が何故かヒーローになった話。

怪盗80

第27話:その理由一つだけで殺し合い。

「おや?煉君と勇人君じゃん、どうしたの?そんな装備をつけて…まるで全面戦争をするみたい…」

嫌味を含みながら微笑む美鈴、それをみて苛立ちを隠しながら自然に話す。

「あ?全面戦争なんてちゃちなもんじゃないぞメスガキ、俺たちは俺達の為に戦うんだ…」

「…メスガキって呼ぶな、蹴るぞ」

何かを決意し廊下を歩く勇人には燃え盛る目をしていた。
まぁ、理由はどうあれ俺たちはイラついてきている事には変わりない。
あれ?美鈴ってあんな汚い言葉使うっけ?

「その…どうして戦うの?その理由は?」

「「ん?幼女を人質にとったから」」

「?今、なんて言った?」

聞き間違いかと思ったのかもう一度聞き直す美鈴には苦笑いが浮かんでいる。
その苦笑いには少しだけ軽蔑の目があったのだろうが俺達二人は気にしていなかった。


「おーし、お前らぁ〜早速模擬戦始めるぞ〜」

担任の面倒臭そうな声で模擬戦の説明が簡単に行われる。
説明を聞く間に勇人はギラギラと目を光らせて結構やば目な声で俺に囁いてきた。

「なぁ、すぐに◯しに行こう、今すぐ◯しに行こう」

「待て待て、今はまだ駄目だろ。少し我慢してろ」

「おい、そこ〜何喋ってんだぁ〜?」

何故か俺達の方を見て変な事を言ってくる担任。
全く、俺は何もしていない。後ろの勇人バカが囁いてくるんだ。

「いやー、俺達は何も話してませんよ〜、先生の耳が腐ったんじゃないですかー?」

「おし、お前ら二人。
前に出てきてお手本になってもらおう、拒否権は認めないからな?」

戦闘狂となった勇人がわざとらしく言葉を選んで前に出るように誘導した。

「独身(30代)の人がいう言葉じゃねぇよなあ?」(ボソッ)

「何か言ったか?」

「「いいえ、何も言ってません。」」

俺もつられて合わせてしまった。
渋々と勇人は立ち上がると俺の方に手をさしのべた。

「しょうがねぇなぁ…おい、煉行こうぜー」

「はぁ…はいはい、てか…お前が悪いじゃねぇか」

面倒臭そうにステージに上がり終わると担任やれやれといった感じで説明を続けた。

「今からこいつらの相手をしてくれる生徒はステージに上がってこい、お手本として戦わしてやるg…」

「hey!そこの男子!お前とやらせてくれよ!なぁ?俺達を嫌ってる人達〜?まぁ、俺たちが最強だから!出てこれる訳ないかw」

担任の言葉を遮って勇人はなんか変な体制でこの前の生徒を煽りだした。
煽りに苛立ったのかこの前の生徒はゾロゾロとステージに上がってきた。

「おぅおぅ、やけにやる気だなぁ…どうするよw」

「俺に聞くなよ…」

「なんだぁ?さっきまで言ってた事、この模擬戦で後悔させてやるからk…」

「ふんっ!」

「は?ちょっ」

無造作に振り落とされた大剣はステージに軽くヒビを入れてその場に突き刺さった。
そのヒビを見た生徒たちは冷や汗をかき勇人から遠ざかった。

「なぁ、せんせー、もう始めてもいいんだよな?」

「あ、あぁ、でも…お前はもう始めてるだろうが…ったく…」

どこかわざとらしさを感じながら担任に聞いている勇人。
煙草をふかしながら俺たち二人にやれやれと呆れる担任は本当にいいのだろうか。

「よっしゃぁ!行くぜ!行くぜ!行くぜぇ!!」

「あー、もう!やってやる!!ゴラァ!!!」

デバイスホルダーからデバイスを手に取り血晶で剣を形成し作り出して走り出す。

「ゲーマーでモブキャラ扱いの俺が何故かヒーローになった話。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く