話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ゲーマーでモブキャラ扱いの俺が何故かヒーローになった話。

怪盗80

第26話:面倒くさがりなヒーロー。

こいつ…何言ってんだ?

「えっと…ちょっとごめんね!結衣と少しお話をするから!!」

すぐさま結衣と勇人を連れ出して軽く円陣を組んで確認をする。
肩を組んでどうする?どうする?

「おい!なんだあの子!可愛い声してえげつない事直接言ってきたぞ!」

「あの子、多分結構すごい奴なんだよ!きっと…」

「いや…でもあの子に罵倒されてみたい感覚が…」

「「勇人バカは黙ってろ!!」」

「あの…本当に…お願いします…なんでもするので…」

「ちょいとお嬢ちゃん、ちょっとごめんな?煉!結衣!少し走るぞ!」

何かを察した勇人はその女の子の手を取って走り出した。
俺と結衣の二人も何があったのか分からないけど勇人の後を追うように走る。
人気の少ない校舎の陰で女の子をガン見しながら勇人が質問していた。

「お嬢ちゃん、誰かに命令されているのか?何を人質にとられている?」

「あの…その…何も…何も命令されてません…だから負け…」

女の子の話から間髪を入れずに壁ドンした。
多分、あいつ後で恥ずかし過ぎてころげまわるだろうなぁ…。

「生憎だけどさぁ…お嬢ちゃん♪嘘はいけねぇぞ?足と唇が震えている、何かに怯えている証拠だ。まぁ、隣にいる煉に怯えている可能性があるが…お嬢ちゃんさ、さっき廊下で誰かと話してたろ?それで何か人質に取られたんじゃないか?」

おいこら、誰の顔が怖いんだ?

「いや…あの………はい…貴方達が目立っているのが…気に食わない人がいて…」

深い溜息を吐く勇人はやっぱりかと言う様な顔付きで頭を抱えていた。
この学園内で俺達の事嫌ってる奴って絶対にあいつらだよな?
そのときに考えていた同級生の生徒は結衣がデバイスを探している時に突っかかっていた奴らだ。

「俺達すげぇな…色んな意味で…」

「ん?何か言ったか?」

「いや、何も。んで、君は何を人質に取られているんだ?」

「その…私のいもうt…」

間髪入れずにすぐに勇人は女の子の手を取り決意に満ちた目で女の子の手をぶんぶん振っている。
その行動としては素晴らしいのだが理由がなぁ…。
と思う結衣はやれやれと呆れていた。

「よし!分かった!今すぐ潰そう!さっさと潰そう!幼女を人質に取るなんて許さん!ちょっくら潰してくるわ!」

「おい待て勇人バカ、ちゃんと話は最後まで聞けよ。もしかしたら最後の最後でフラグ回収すべき事あるかもしれないだろうが」

「そうか!すまない!そんなゲーマー初心者がする事をしようとしてたなんて…くっ…」

「はいはい、煉達だけで盛り上がらないで、てか…フラグって何?」

俺たちの頭に1回ずつ拳を叩き込む結衣が女の子を見かねたのだろう。 
その女の子の方を微笑みながら白い目で見てきた。
なんで…俺何も悪い事してないだろ…。

「あの…自己紹介まだだったよね…?
神山栞かみやましおりってその…聞いた事無いかな?」

「「知らんな。」」

即答した俺達に戸惑っている神山の感じは何故か何処かで見覚えがあった。
あっ、そうだ、あれだ同じクラスに一人はいる気が弱い系ヒロインだ。

「えっ?あの…え?そうだよね!知らないよね!」

「んじゃまぁ…とりあえず…行くぞ煉!」

「はぁ…どうせお前の事だし何やらかすかなんとなくわかったけどさ…」

「あ、あの…何をする気なんですか?暴力とかは…」

自分の心にある疑問を聞こうとする女の子の方を振り向いて勇人は笑いながら答えた。

「さぁ、でも…俺達はあーゆー奴らが一番嫌いなんだよな。
それと、もう一つ♪煉は気付いてないけどあいつ面倒くさがりだけど結構正義感だけは強いんだよなw」

何を言っているのかわからないが神山の心には何故か不安は無く不気味に笑う。

「ゲーマーでモブキャラ扱いの俺が何故かヒーローになった話。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く