話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

オタクと元ヤクザが結婚したら…

かのちゃん

04 誕生!①

俺はお義母さんとお義父さんを車に乗せて、急いで病院へと向かった。
着いたとたん、俺達は走って中に入り、ドアを開けた。

「由香!!」

「りょ……遼ちゃん……。」

大丈夫か?

「……痛い……!」

由香が強く、俺の服の袖を引っ張ってる。

「1時間前に破水して……それから陣痛がきたの……。」

「子宮口はもう少し開きますね。」

「……痛いよぉ。」

「大丈夫よ、由香。しっかり息ば吐かんね。」

お義母さんが、由香の背中を優しく摩る。

「子宮口、2センチ!では、分娩室に行きましょうか。」

「よろしくお願いします……。」

さあ、いよいよだ。






お義母さんは、由香のところへ行き、俺とお義父さんは、待合室の椅子に座っていた。

「あーーーーーー!!」

「頑張って、由香!」

由香とお義母さんの声が聞こえる。

「……静かですねえ。」

ですね……。

「緊張、してらっしゃいます?」

はい……。
お義父さんは、俺の手を握って。

「娘は大丈夫。必ず、元気か子ば産んでくれますよ。」

お義父さん……。

「遼太郎!!」

その声は……。

「母さん!?」

母さんは、走って俺の前に着くと、息をはあはあ息継ぎをした。

「由香さんは?」

分娩室に。てか、じいちゃんは大丈夫かよ。

「連絡が来た時に、急いでヘルパーさんに来てもらったの。」

そうか……。

「うわあああああああああ!!」

「由香さん、頑張ってるわね。」

……。

「なにしょげてるの?」

しょ、しょげてなんかねえ!!

「ほんと?」

顔を除くなっ!

「父親になるんだったら、凛々しい顔をしないと!」

う、うっせえ。

「うふふふふ。」






分娩室に運ばれてから、2時間が経過した。

「17時50分……2時間経ったね。」

まだか……。

「……ふんぎゃあ、ふんぎゃあ!!」

……!?分娩室から、赤ちゃんの泣き声が……!?
すると、分娩室のドアが開き、先生が出てきた。

「おめでとうございます!元気な男の子が産まれましたよ!」

……ほ、本当ですか?

「はい。」

……や、やっ……。

「遼太郎?」

……やったあああ!!でかしたぞ、由香ぁ!!
俺は、とても喜んだ。

続く!

「オタクと元ヤクザが結婚したら…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く