東方 没義道録

クレイ G

リクの謎

 突如現れた赤黒い女は言った。
「何も心配はいらないわよ」女は立ったままだ。
「心配いらないってどうゆうことだよ。それよりあんた誰だ?」魔理沙は女に近く。
「まって、あなたリクの事を知っているの?」霊夢は魔理沙を止め女に聞く。
「彼は【王】の素質を持つ者」女は言った。
「【王】の素質?何を言ってんだ?」魔理沙は言った。
「どうしてリクの事を知っているの?あなた何者?」霊夢も女に聞く。
「私は【××××】」女は答えるが上手く聞き取れない。
「なんて言った?」魔理沙も聞き取れなかったようだ。
「ふふふ、あなた達とはまた合いそうね」女はそう言うと周りに闇が広がった。
「うわ、なっなんだ?!」2人は闇に飲み込まれた。
闇に飲み込まれた2人は気を失ってさしまった。
しばらくして霊夢は目を覚ました。
「私は、気を失ってしまったの?そうだ、あの女」霊夢は辺りを見渡した。
隣には魔理沙が倒れている。
「魔理沙!」霊夢は魔理沙を揺らす。
「う、うーん」気を失っているだけのようだ。
「はっ、霊夢、奴は」魔理沙も目を覚ました。
先程の女がいた場所には誰もいなかった。
あるのはリク達が壁に開けた穴だけだ。
「そうだ!リクは」2人は外を見る。
外には光の柱が立っている。
「リク大丈夫か」魔理沙は心配そうに言った。
「なんかリクの様子がおかしかったよな」魔理沙は霊夢に言った。
「ええ、そうね。いつもの彼じゃないわね」霊夢は言った。
霊夢は何かを考えているように見えた。
恐らく先程の女のことだろう。
「霊夢、リクを助けに行こうぜ」魔理沙は箒に跨る。
「待ちなさい魔理沙!」霊夢は魔理沙を止めた。
「なんでだよ!リクが危ないんだぞ!助けに行かなかったらアイツ死んじまうぞ!」魔理沙は霊夢に怒鳴った。
「彼なら大丈夫よ」霊夢は冷静に答えた。
「何でだよ!見るからにやばかったじゃないか!」魔理沙は言った。
「魔理沙彼の頬を見なかったの?」霊夢は頬を指さし言った。
「あー、リクの痣がどうしたんだ?」魔理沙は聞く。
「彼の頬の痣、確実に今朝より広がっているのよ」霊夢は言った。
「広がった?あの女に殴られたからじゃないのか?」魔理沙は言った。
「いえ、あの痣は人の手で付けられる物じゃないわ」霊夢は言った。
「じゃ、なんなんだよ?」魔理沙はさっぱり理解していない。
「それにリクの頭に角の様な物が生えてたでしょ?」霊夢は言った。
「そうだったか?」魔理沙は見てないようだ。
「あの角と頬の痣、恐らく彼は【鬼族】の末裔よ」霊夢は魔理沙の目を見て言った。

「東方 没義道録」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く