東方 没義道録

クレイ G

不気味のNecronomicon

 私は門から少し離れた場所で2人の様子を見ていた。
男は門を開けようとする。
このまま入られると面倒だ。
「そこで何をしている?」私は2人に問う。
答えは帰ってこない。
「もう一度聞くそこで何をしている?」私はいつでも戦える様に集中する。
「いや、人を探しているんです。ここに女の子2人来ませんでしたか?」男は答えた。
女の子がここに来た?
たしかにこの屋敷の中に知らない気が2つあるな。
こいつをさっさと追っ払ってそいつらを片付けよう。
「知らないな。ここには誰も来ていない。さっさと帰れ」私は門に足を運ぶ。
「いや、でもさっき、」男が私の肩を掴もうとする。
「黙れ」私は手のひらを男に向ける。
気を男に放つ。
男は吹っ飛ばされる。
弱い。
私の思い違いか?
私は後ろにいた少女に目をやる。
そして男と同じ様に吹き飛ばした。
次は屋敷に忍び込んだ女2人か。
やれやれ。
私は門を開く。
次の瞬間背後に物凄い気を感じた。
なんだ?
これは、さっきの・・・
やはり私の思い違いではなかった。
私は身構える。
私は男が飛ばされた方へ飛んで行く。
そこは湖だった。
霧の中に赤色に光る何かが見えた。
あいつか?
霧が晴れる。
そこには先程の男がいた。
男は水面に立つように浮いている。
男は少女を抱えている。
次の瞬間男は物凄い速さで近くの木の下へ飛んだ。
速い!
そして少女を寝かせる。
男はこちらを見る。
男は怒った表情をしている。
そして先程までは青色だった目が今は赤黒くなっている。
私は驚愕した。
あの男、まさか・・・
私が考えていると男は襲い掛かってきた。
「うおおおおぉ」男は私の前に来て左足で蹴りを繰り出した。
私はそれを体を捻り回避する。
私は1歩後ろに下がる。
男はまた私に蹴り当てようとする。
私は足を掴み受け流す。
そして腹に拳を食らわした。
男は私の手を掴み引っ張る。
そして私の顔面に拳を食らわした。
衝撃で脳が揺れるのが分かる。
私は湖へ落ちていく。
湖に入る前に私は体制を立て直す。
私は一呼吸置いて男に接近する。
男は私を殴ろうとする。
私はそれをかわし、首元に蹴りを当てる。
男はそのまま吹っ飛ぶ。
しかしすぐに立ち上がり私の元へ戻ってくる。
男が手のひらをこちらに向ける。
すると手のひらから光の玉が出てくる。
こいつ、気を操れるのか?!
私は光の玉を蹴り男の方へ飛ばす。
男はそれを避ける。
玉が湖の中に入り地面に着弾する。
すると大きな爆発を起こした。
湖の水が盛り上がり雨の様に降り注ぐ。
「お前名前は何と言う」私は男に聞く。
男からは返事がない。
どうした?
まさか、こいつ理性が無くなっているのか。
これはまずいな。
私も本気を出さなければ不味いかもな。
「くそ!考えてる時間は無い!」
魔理沙は【Necronomicon】を行き良いよく開く。
「『シルバードラゴン』」魔法陣から白銀の龍が飛び出した。
龍が魔理沙に襲い掛かる。
魔理沙が魔導書を開くと凄まじい光のが辺りを満たしていく。
「うわ!なんだ!」魔理沙【Necronomicon】を離してしまった。
光が眩し過ぎて手で光を遮ろうとしたからだ。
光が空間全てに行き渡ると一瞬で光が消失した。
そして魔理沙は目を開けると、そこは大きな図書館になっていた。
「なんだ?さっきまで宇宙空間の様な場所にいたのに」魔理沙は驚く。
「馬鹿な!空間魔法が一瞬で崩れるなんて、ありえない」パチュリーも驚きを隠せない。
魔理沙は下を見る。
すると床に【Necronomicon】が落ちている。
魔理沙はそれを持つ。
「こいつのせいなのか?」魔理沙は魔導書を裏返したりして見る。
「あなた、それを開いたの?」パチュリーが聞いてくる。
「開けたぜ」魔理沙は答える。
「パチュリー様ー!」奥からさっきの女が近ずいてくる。
「こあ、どうしたの?」パチュリーはこあの方を向く。
「大変です!【Necronomicon】が解放されてます!」慌てて言う。
パチュリーはそれを聞いて驚き魔理沙を見る。
「あなた、なんてことを」パチュリーは宙に浮く。
パチュリーは再び呪文を唱える。
「まだやるのか?」魔理沙も構える。
パチュリーが呪文を唱えていると突然大気が揺れだす。
「なんだ?地震か?」魔理沙は言う。
「うわわ、地震ですよ、パチュリー様」こあも言う。
「いいえ、これは地震じゃないわ。私もこの揺れを感じてる。」パチュリーも驚きながらいう。
「て事は、大気が揺れてるのか」魔理沙は上を見る。
パチュリーはじっと考えている。
すると後にあった大きな本棚が倒れパチュリーを下敷きにした。
近くにいたこあも一緒に下敷きにされてしまった。
しばらくすると揺れはおさまった。
「あらら、呆気なかったな」魔理沙は下敷きにされたパチュリーを見て言った。
「この魔導書研究する価値があるな」魔理沙は図書館を出る。
扉を開けるとさらに地下へ続く階段がある。
下は真っ暗で何も見えない。
魔理沙は手を開く。
「『luminaルミーナ』」と呪文を唱える。
手のひらから光の玉が出現する。
光は辺りを照らしていく。
しかし底はまだ見えない。
魔理沙は一段一段を慎重に降りていく。
しばらく降りていくと、大きな鉄の扉暗闇から現れた。

「東方 没義道録」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く