話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

短編集(奇病&病気)

茄子

先天性無痛無汗症 3

HS「かき氷ー!」

YG「え、かき氷食べに行くのか?」

NM「みんなで行くんですよ?」

YG「えー、あれ頭キーンってするから嫌ですよね?ジニヒョン?」

『いや、今は本当に喉カラカラだから食べたいー』

YG「あれ?唇カサカサだよ?」

JK「本当ですね。あの唇プルプルのジニヒョンがカサカサだ」

JM「僕の使います?」

『ありがと』



定員「何味にします?」

TH「コーラ!」

JM「ストロベリー」

HS「コーヒー」

NM「メロン」

JK「レモン」 

YG「コーヒー」

SK「ストロベリー」




TH「ウワァ、美味しそう!」

JM「よく飽きずにコーラ味ばっかり食べられるね」

TH「ジミナも最近ストロベリーばっかりじゃん」

JM「そういう気分なの!」

JK「レモンも美味しいですよ」

NM「メロンも美味しいぞ(^o^)」

HS「やっぱりコーヒーでもうまいな。ね?ユンギヒョン」

YG「やっぱりキーンとする。ジニヒョン?珍しくないですか?平然と食べるなんて」

『うん、かき氷キーンとしないで食べれるようになったみたい』

YG「え、仲間が減った」 

『ごめんねw』



ふーん、かき氷食べる時のキーンって痛みもなくなるんだ




案外いいことだらけ?

「短編集(奇病&病気)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く